2015 AirShow al fursan Al-Fursan armynavy Black Knights BlackEagles Blue Angels BLUE IMPULSE Blue Impulse Jr BlueAngels C-1 F4戦闘機 Invictus Games JAXA jupiter Jアラート LaQ Osprey PC-7 pc-7 team PC-7team pc7 team Redbullairrace redbullairrace2015 rotc Russian Knights T-7 Team Orlik ThunderBirds ThunderTiger UAE Whisky Papa World military games アクロバット飛行 アクロバット飛行チーム アジア アメリカンフットボール アラブ首長国連邦 アル・フルサン イスラエル軍 イタリア空軍 イラン イラン軍 インドネシア軍 インヴィクタスゲーム オランダ軍 オーストラリア軍 カンッくぐん サウジアラビア軍 サンダーバーズ シリア軍 シンガポール空軍 ジュピター スイス空軍 スイス軍 スクランブル チーム・オルリク トルコ・オスマン軍楽隊 トルコ軍 ドローン ニコニコ超会議2015 ハヤテ・ジュニア パイロット パトルイユ・スイス フィリピン軍 フランス軍 ブラックイーグルス ブラック・ナイツ ブルーインパルス ブルーインパルスJr ブルーインパルスジュニア ブルーインパルス・ジュニア ブルーエンジェルス ブルー・インパルス ヘリコプター整備員 ヘリ空輸隊 ポーランド空軍 マレーシア軍 ラグビー リシア軍 リトルウィング リトル・ウイング リーフーシャオズ レッドインパルス レッドクラブ レッドブル・エアレース レッド・アローズ ロシアン・ナイツ ロードマスター 一般曹候補生 三宅由佳莉 三沢基地 世界軍人体育大会 中南米 中国ツン 中央観閲式 中東 中東欧州 中部航空音楽隊 仕事 任務 任期満了退職 使命の自覚 個人の充実 入校 入間基地 入隊 公務員 処遇 動画 勤務延長 北朝鮮軍 北海道新幹線 医学科学生 医科 医科・歯科幹部自衛官 千歳基地 千葉市 南シナ海 印刷製図員 即応予備自衛官 取り消し 合格発表 含む 吹奏楽 哨戒機 団結の強化 国家公務員 国民保護 国連安保理 国際 地上無線整備員 地方協力本部 基地防空 太平洋 奈良基地 女子 宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士 安保法制 定年退職 将来指定可能な職種 小松基地 岐阜基地 岩国基地 巡航ミサイル 市町村 平成27年 幹部自衛官 広報官 弾道ミサイル 彦根城 待遇 情報員 情報本部 感染症 戦国策 戦闘機 技術海上幹部 技術海曹 技術空曹 技術航空幹部 指定可能な職種 採用試験 放射線員 救難団 救難隊 教育隊 断郊競技 新田原基地 明野レインボー 明野駐屯地 有線整備員 朝霞駐屯地 朝鮮半島 朝鮮半島中央アジア 朝鮮半島北朝鮮軍 東京マラソン 東京音楽隊 東南アジア 東名なジア 松島基地 棒倒し 横須賀音楽隊 機上整備員 機上無線員 機上警戒管制員 機上電子整備員 欠格事由 欠格条項 歯科 歯科員 気象器材整備員 気象隊 油圧整備員 浜松基地 海上自衛隊 海兵隊 消防団 消防庁 火器管制装置整備員 無線調査員 熊谷基地 特別職国家公務員 男子 病院 百里基地 看護 看護科学生 空中輸送員 第1輸送航空隊 第21飛行隊 第2輸送航空隊 第301飛行隊 第3輸送航空隊 第4術科学校 管制隊 米海兵隊 米海軍 米空軍 米軍オーストラリア軍 米軍防衛省陸上自衛隊 給料 緊急発進 総務員 総務省 美保基地 職種 臨床検査員 自主防災組織 自衛太鼓 自衛官の心がまえ 自衛官候補生 自衛隊 自衛隊幹部候補生 自衛隊音楽まつり 航空中央音楽隊 航空保安管制群 航空学生 航空救難団 航空機 航空機整備員 航空祭 航空管制器材整備員 航空自衛隊 芦屋基地 薬剤科 術科学校 見込み 規律の厳守 計器整備員 計測器整備員 訓練 診療放射線技師 語学員 調査員 警務員 警戒管制 警戒管制レーダー整備員 責任の遂行 軍人 軍楽隊 輸送機 通信員 週刊軍事ニュース 那覇基地 都道府県 開場し永代 開校記念祭 防府北基地 防衛医科大学 防衛相 防衛省 防衛装備庁 陸上税痛い 陸上自衛官 陸上自衛官(看護) 陸上自衛隊 陸上自衛隊海上自衛隊 陸上自衛隊航空学校 離島防衛 雷虎小組 電気整備員 電算機処理員 電算機整備員 静浜基地 韓国軍 音楽 音楽まつり 音楽員 領空侵犯対処 飛行 高尾山レッドクラブ 高尾山分屯基地 高等工科学校 高等工科学校生徒 Lアラート NATO RIAT

【軍隊≠警察 #9】「守る」って何を守る?-軍隊・警察それぞれの「守る」の意味

2015/02/13 07:17
守りたい人がいる。 陸上自衛隊のキャッチフレーズとして使われている言葉です。 この「守る」という言葉は軍隊と警察では意味合いが違うもの、今回は「守る」という言葉から、軍隊と警察の違いをみていきましょう。 ------------------------------------------------------------------- ※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。 ※記事中にある動画を再生する場合,音量には..

続きを読む

【軍隊≠警察 #8】自衛隊は軍隊として仕事ができるのか?

2014/07/09 11:42
集団的自衛権など軍事をめぐる議論は一段落し、これからが本番(法律作りなど)となります。 日本の軍事は超細かい法律論に入り込んでしまいますが、今回こそは超精巧な工芸品的法律作りにならないことを望んでいます。 さて、日本の軍事議論の中心には常に自衛隊がいました。自衛隊自身が、その仕事について発言することがない中、自衛隊をどう使うか?の話が出てきます。 自衛隊をどう使うか?…つまり自衛隊にどういう仕事をさせるかの話で大切なのは自衛隊が与えられた仕事をできるのか..

続きを読む

【軍隊≠警察】Internationalな軍隊 国内な警察 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#7

2014/06/27 17:24
自衛権をめぐって政治の世界で議論がされています。 超細かい法律論に入り込んでしまうのが日本の軍事ですが、今回もそのような感じになりつつあります_| ̄|○ 法律論には入り込まない軍事シリーズ「知っておきたい!仕組みとしての軍隊」は7回目、今回はInternationalな存在、そしてglobalStandardとしての軍隊です。 ----------------------------------------------------------- ※ブロ..

続きを読む

【軍隊≠警察】軍隊は集団自衛・警察は個人の自衛! 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#6

2014/06/05 16:24
自衛権を巡って国会の議論が行われています。 以前は自衛権自体を否定する政党が力を持っていましたが、今は自衛権自体を否定する政党はごく少数派になってしまいました。 自衛権をめぐる話で大切な視点は軍隊はどういう組織なの?という仕組みとしての軍隊という視点です。なぜならば、自衛権はあくまでも権利であって、その権利を使うときの手段は軍隊だからです。 知っておきたい!仕組みとしての軍隊も第6回目となります。 今回は軍隊と警察の「集団と個人」から発生する権限の..

続きを読む

【軍隊≠警察】ふたり以上 or ひとり-集団の軍隊・個人の警察 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#5

2014/05/22 16:58
自衛権のお話の前提として、知っておきたいのは軍隊の仕組みです。 自衛権はあくまでも権利、その権利を使うときの手段は軍隊です。その軍隊を知るための記事も第5回目となります。 今回は軍隊と警察の「集団と個人」についてです。この違いが命令や階級など、組織の仕組みに大きな影響を与えています。 ----------------------------------------------------------- ※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク..

続きを読む

【軍隊≠警察】軍隊の3つの力 - 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#4

2014/05/15 18:37
今日、集団的自衛権の使い方を整理した方針が政府から示されます。 集団的自衛権の有無については過去の国会などで解決済みなので、整理して使い方を示すこと、どこまで行くの?誰と同盟するの?などの具体的な議論の始まりにするのが目的です。 集団的自衛権の行使よりも大事なこと、それは軍隊とは?という問題です。軍隊がどういう性格で、どういう力の使い方をする?などの軍隊への共通理解が無い状態での話は、軍隊の使い方を間違える始まりです。 今回は「軍隊の力ってなに?」という..

続きを読む

【軍隊≠警察】これしかできない or これ以外はしていい! 軍隊の力の使い方 - 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#3

2014/05/15 18:32
近頃、話題の集団的自衛権。 この話題は実はすでに解決済みのものです。1960年の国会で岸信介首相や林修三内閣法制局長官が集団的自衛権はあると明言しています。いまの議論は、ある集団的自衛権の使い方を整理するものに過ぎません。そもそも日米安全保障条約自体が集団的自衛権を前提にしているものですし。 それよりも大切なのが「軍隊の権限の決め方」です。この決め方次第で軍隊が役に立つか、立たないかが分かれます。 そこで今回は「軍隊の権限の決め方はどうなの?」というお話..

続きを読む

【軍隊≠警察】国家or政府!? 軍隊はどこに所属する? - 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#2

2014/05/15 12:17
自衛権の話題が大きくなる中、決定的にかけているのは… 軍隊とはなにか?という視点です。 昨今の自衛権の議論はあくまでも自衛権の使い方のお話。軍隊ってなにものなの?という視点が無いために使いどきを間違えたり、使用方法を間違えます。 今回は「軍隊ってどこに所属するの?」ということについてです。 この所属先が軍隊の性格や仕事に大きな影響を与えています。 --------------------------------------------------..

続きを読む

【軍隊≠警察】知っておきたい!仕組みとしての軍隊 #1

2014/05/13 16:51
集団的自衛権など、国家の自衛権の話題がニュースを賑わせていますね。 個別とか集団とかの言葉が飛び交いますが、決定的に欠けていることがひとつあります。 それは軍隊とはなにか?という視点です。 自衛権行使の問題はあくまでも軍隊の使用方法についての議論、軍隊の本質についての議論が定まっていないように見えます。 そこで、仕組みとしての軍隊を知るための記事を書いていきます。今後の軍事防衛を考える基礎にしたいと思っています。 --------------..

続きを読む

海保では駄目な理由

2011/09/08 18:05
先日、八重山毎日新聞さんの社説「海保では駄目なのか」が掲載されていました。これは与那国島への沿岸監視隊設置に反対する旨の社説です。 これを読んで私なりに思ったことを書いてみます。 ------------------------------------------------------ ※ブログ記事の元になる記事とリンク先は註欄に記載しています。 ※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。 -----------------------..

続きを読む