イランがミサイル試射 米がイランへの攻撃排除せず 台湾が米に武器売却を催促

週刊軍事ニュース、その3です。

今回は平成21年9月26日から9月29日までです。

武器は世界を巡るようです。

陸海空に宇宙と無いところは無いですね。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※報道されたニュースを短く表現しているので、記事の本来の趣旨とは多少のズレがあると思います。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、47newsなどです。
----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ←皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。

赤い本がベストセラー、10位は空の神兵たち・・・今週のrakuten ichiba ranking



【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)




【平成21年9月26日(土)】

米国がイラン核開発問題で軍事攻撃を「排除しない」
米国のオバマ大統領は、イランがウラン濃縮関連施設を秘密裏に建設していた問題について、基本的には外交交渉で解決することを志向しつつも、軍事攻撃を含む「あらゆる選択肢を排除しない」とした。


【平成21年9月27日(日)】

与那国町で国土利用計画策定へ
自衛隊誘致を表明している沖縄県与那国町で第4次町国土利用計画などが策定される見通し。嵩西茂則町議は「自衛隊はどの辺に位置づけるとか、演習地はその辺とかということは考えられるか」と尋ね、外間守吉町長は「今後、防衛省と相談してみなければ分からない」と答弁した。ただ、北澤防衛大臣は与那国島への自衛隊配備に慎重姿勢を示している。(八重山毎日新聞)

自衛隊はどこまで強いのか
中国軍の本当の実力

カダフィ大佐が南半球版のNATO創設を提唱
ベネズエラで開催されている南米・アフリカ首脳会議で、リビアの最高指導者ムアマル・カダフィ大佐が、「南半球版・北大西洋条約機構(NATO)」を2011年までに創設するよう求めた。
←NATOの歴史

パキスタンに航空自衛隊輸送機を派遣へ
政府は、アフガニスタン難民支援のために航空自衛隊の輸送機を派遣する方針。輸送機はパキスタンに支援物資を搬送する。(日経)

イランが短距離ミサイルを発射
イラン国営テレビが報じたところによると、イラン革命防衛隊が行っている演習で短距離ミサイル3発を試射したと報じた。今回の演習ではイスラエルを射程範囲内に収める中距離弾道ミサイル「シャハブ3(Shahab 3)」の試射も28日に予定している。



【平成21年9月28日(月)】

海上自衛隊輸送機がオーバーラン
海上自衛隊小月航空基地に着陸しようとした輸送機YS11が滑走路を飛び出して停止した。けが人はなかった。

軍用輸送機の戦い

アフガン駐留米軍司令官が兵力増強を暗に要請
マクリスタル国際治安支援部隊司令官(駐留米軍司令官兼務)がCBSテレビのインタビューに応え、現政権が進めているアフガン戦略見直しについて「われわれはもっと急がないといけない」とし、早期の兵力増強を求めた。さらに同司令官は「アフガンに役立つことを続けたからといって成功に到達するとは限らない」と述べ、復興支援より国際テロ組織アルカーイダ壊滅を優先するべきだとした。(共同)

アフガニスタン


イランが中距離ミサイルを発射

イラン革命防衛隊が中距離ミサイルの「シャハブ1」と「シャハブ2」を試射した。


トコトンやさしいミサイルの本





米国がイランのミサイル発射を「挑発的」
ギブズ米大統領報道官は「あらかじめ計画した軍事演習であることは明らかだ。イランが数年にわたり国際舞台で示してきた挑発的性質(の行動)に当たる」と非難、新たに見つかった施設に対しての「即時かつ無制限のアクセスに同意すべきだ」とした。


ドイツの次期外務大臣候補が核兵器の国外移転を要請へ

 ドイツ自由民主党(FDP)のウェスターウェレ党首はドイツ国内にある米軍の核兵器を国外に移転するよう米国に要請する意向を示した。同党は選挙の際、核兵器の国外移転を訴えていた。

ウェスターウェレ党首は新政権で外相の有力候補に浮上している。(共同)


【平成21年9月29日(火)】

台湾が米国に早期の武器売却を要請
台湾の趙世璋・国防部副部長(国防次官)が米国を訪問、その際に米国製武器の台湾向け売却が遅れている現状について、「(中国との)戦力バランスにマイナスの影響を与えかねない」と述べて早期売却を求めた。

 米政府は昨年10月、対戦車ヘリ「アパッチ」や各種ミサイルなど、総額64億6300万ドル(約5800億円)の台湾向け武器売却を行っている。台湾は改良型F16戦闘機の売却を求めているがオバマ大統領は応じていない




EU加盟国の国防大臣がアフガン増強に消極姿勢
欧州連合加盟国の国防大臣らが会合を開いた。その会合では米国が検討しているアフガニスタンへの兵力増強に慎重姿勢を示した。デンマーク・オランダの国防大臣は「これ以上の増派は難しい」としている。
(共同)

イランのミサイル試射は制裁理由にならない
ロシアは、イランが行ったミサイル試射を理由にイランを制裁すべきではないとした(共同)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

"イランがミサイル試射 米がイランへの攻撃排除せず 台湾が米に武器売却を催促"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]