【軍隊≠警察】ふたり以上 or ひとり-集団の軍隊・個人の警察 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#5

  自衛権のお話の前提として、知っておきたいのは軍隊の仕組みです。 自衛権はあくまでも権利、その権利を使うときの手段は軍隊です。その軍隊を知るための記事も第5回目となります。 今回は軍隊と警察の「集団と個人」についてです。この違いが命令や階級など、組織の仕組みに大きな影響を与えています。 ---------------------------------------------…

続きを読む

【軍隊≠警察】軍隊の3つの力 - 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#4

  今日、集団的自衛権の使い方を整理した方針が政府から示されます。 集団的自衛権の有無については過去の国会などで解決済みなので、整理して使い方を示すこと、どこまで行くの?誰と同盟するの?などの具体的な議論の始まりにするのが目的です。 集団的自衛権の行使よりも大事なこと、それは軍隊とは?という問題です。軍隊がどういう性格で、どういう力の使い方をする?などの軍隊への共通理解が無い状態での…

続きを読む

【軍隊≠警察】これしかできない or これ以外はしていい! 軍隊の力の使い方 - 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#3

  近頃、話題の集団的自衛権。 この話題は実はすでに解決済みのものです。1960年の国会で岸信介首相や林修三内閣法制局長官が集団的自衛権はあると明言しています。いまの議論は、ある集団的自衛権の使い方を整理するものに過ぎません。そもそも日米安全保障条約自体が集団的自衛権を前提にしているものですし。 それよりも大切なのが「軍隊の権限の決め方」です。この決め方次第で軍隊が役に立つか、立たな…

続きを読む

【軍隊≠警察】国家or政府!? 軍隊はどこに所属する? - 知っておきたい!仕組みとしての軍隊#2

  自衛権の話題が大きくなる中、決定的にかけているのは… 軍隊とはなにか?という視点です。 昨今の自衛権の議論はあくまでも自衛権の使い方のお話。軍隊ってなにものなの?という視点が無いために使いどきを間違えたり、使用方法を間違えます。 今回は「軍隊ってどこに所属するの?」ということについてです。 この所属先が軍隊の性格や仕事に大きな影響を与えています。 ---------…

続きを読む

【軍隊≠警察】知っておきたい!仕組みとしての軍隊 #1

  集団的自衛権など、国家の自衛権の話題がニュースを賑わせていますね。 個別とか集団とかの言葉が飛び交いますが、決定的に欠けていることがひとつあります。 それは軍隊とはなにか?という視点です。 自衛権行使の問題はあくまでも軍隊の使用方法についての議論、軍隊の本質についての議論が定まっていないように見えます。 そこで、仕組みとしての軍隊を知るための記事を書いていきます。今後…

続きを読む