【空自✕千歳基地】北の空からー千歳基地航空祭


航空自衛隊の千歳基地。

北海道にある航空自衛隊の基地で、戦闘機が配備され戦闘に備える基地です。

そんな千歳基地で航空祭が開催されます。

---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


※この動画は 501ELK さんの投稿です。ありがとうございます!


千歳基地?


千歳基地(ちとせきち)は北海道千歳市にある航空自衛隊の基地です。北海道では唯一、戦闘航空団が配備されている基地で、北の空を防衛しています。

千歳基地は元々は民間飛行場として作られたところ、その後日本海軍、米軍の飛行場として利用され、1957年からは航空自衛隊の北の最前線の飛行場として活用されています。

戦闘機の基地として知られている千歳基地ですが、もうひとつ有名なのは冬の雪です。千歳基地を離発着する航空機が雪の中をかき分けて飛んでいく姿、滑走路の除雪風景がよく知られています。

でかい飛行機ー政府専用機


千歳基地で行われる航空祭は戦闘機がメインです。第2航空団に配備されているF15戦闘機が目立ちますが、個人的におすすめは政府専用機です。

政府専用機(せいふせんようき)とは、総理大臣や政府要人が国外に移動する際に使用される飛行機、用途としては旅客機と同じです。要人の移動の他には、海外での非常事態で日本人を輸送するためにも利用されます。航空祭ではこの政府専用機の見学(機外から)ができます。

※この動画は KazukuniChannel さんの投稿です。ありがとうございます!


北の空の航空祭


千歳基地の航空祭は航空自衛隊の「最前線」を体感できる航空祭です。かつて自衛隊は「北方重視」(ほっぽうじゅうし)という戦略を採用していました。北方の脅威として旧ソ連軍を想定して、戦力を北に集中するという戦い方です。

今では南西諸島重視となっていますが、戦い方、備え方が変わったことを実感できると思います。
2017年は千歳基地が解説された60周年の年です。航空祭のキャッチフレーズも「北の空、その先へ」とありますから、基地自体も千歳基地のあり方・戦い方を探しているのかもしれません。

変わりゆく航空自衛隊を体感できる航空祭、戦闘機や政府専用機などを身近に見ることができる千歳基地航空祭に行ってみるのはどうでしょうか(^^)

交通手段は?

[ここに地図が表示されます]


航空祭には鉄道やバスなどマイカー以外の交通機関を利用されることをおすすめします。マイカーでは駐車場を探すこと、行き帰りの渋滞といらいらが満載です。

千歳基地に向かう臨時シャトルバスが運行されているので、そちらを利用されるといいと思います。

・千歳基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/chitose/kouhou_event/index.html

こちらのページの中ほどに記載されています(キリンビール千歳工場など)

また手荷物検査なども行われますから、事前に確認しておくと安心できます。持ち物の預かりはしていないので、禁止品を持っていると航空機展示会場には入れません。(上記のリンク先に記載されています)

※この動画は 501ELK さんの投稿です。ありがとうございます!


千歳基地に配備されている戦闘機や救難機、救難ヘリなどがまとまって飛んでいきます。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 千歳基地で航空祭が開催されます。

  • 2017年は千歳基地が開設されて60年です。

  • 記念塗装機も展示されます。


【関連リンク(註)】
・千歳基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/chitose/

・千歳基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/chitose/kouhou_event/index.html

手荷物検査や持ち込み禁止品など、事前に確認しておくと安心です。

・千歳基地航空祭 2017 | FlyTeam イベント情報
http://flyteam.jp/event/detail/3777

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック