ヘリコプターで仕事をする人たちーしたいことから見た空自の職種#14


航空自衛隊、いろいろな航空機を使って日本の空を守っている組織です。そんな空自は専門家の得意技で成り立っています。

今回はヘリコプターで仕事をする人たち、多くの人が関わり、多くの人を助ける航空機を動かす人たちです。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


---
※この記事は、航空自衛隊で働いている隊員のお仕事を飛行機、お金などの仕事ごとにまとめています。会計員(かいけいいん)と言われても「?」となりがちな空自の職種を、したい仕事・やりたい仕事からみていきます。(たくさんある職種の中から一例として取り上げています)

空自に入隊したい方、もう入隊された方にとって、より空自の隊員の仕事を知ってもらうことができると思います(^o^)。では、はじめましょう!
---

空自とヘリコプター ー救難隊とヘリ空輸隊


航空自衛隊とヘリコプターは切っても切れない関係にあります。航空自衛隊というと…

ジェット機!戦闘機!\(^o^)/

というイメージですが、航空自衛隊にはヘリコプターという航空機もあります。航空自衛隊でのヘリコプターは救難隊(きゅうなんたい)とヘリ空輸隊(へりくうゆたい)で使用されています。(どちらも航空救難団の部隊です)

ヘリコプターの利点


ヘリコプターには戦闘機などの飛行機と比べてメリットがあります。それは

・狭い場所でも飛べる。
・複雑な地形の場所でも飛べる。

・垂直に離発着ができる。(離発着に広い場所を必要としないこと)
・超低空飛行が可能
・小回りがきく(複雑な操縦が可能)
・ホバリングができる(滞空できる)

などです。このようなメリットを活かして航空自衛隊では救難隊とヘリ空輸隊がそれぞれの仕事をしています。救難隊は人命救助を、空輸隊は物資や隊員の輸送を担当しています。

※デメリットとしては速度が遅い、飛行の困難さ(夜間や気象現象の影響を受けやすい)があります。

ヘリに乗って救助へー救難員


救難隊の一員として直接に人命救助の仕事をしているのが救難員です。ヘリに乗って現場に急行して、要救助者(パイロットや漁船員ら)がいる現地に降り立ちます。

救難員は非常に過酷な仕事です。

要救助者は海の上、山の中とさまざまな場所にいるため、それらの地形や気象に慣れていること、ヘリが悪天で現場を離れざるを得ない時に身体的にも精神的にも耐えられること、が求められます。

【航空自衛隊×職種#5】救難員-空の人命救助のプロ: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/394812036.html

通信を担当しますー機上無線員


救助要請を受けて飛び立っていくヘリや飛行機ですが、ただ闇雲に飛んで行くわけではありません。救難隊は空からの救助を担当していますが、地上の司令部などとの連絡は常に確保されていないといけません。

なぜなら現場では現場のことしかわかりません。周辺の状況はこれからの天候の変化、部隊の動きなどは司令部がよくわかっています。

そのため捜索機で地上との連絡、レーダーによる捜索を担当しているのが機上無線員です。

【航空自衛隊×職種 #39】機上無線員ー飛んで、つないで、作戦する!: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/431478161.html

※機上無線員はヘリではなく捜索機に載っていますが、ヘリを手助けする仕事なため取り上げています。

※この動画は 航空自衛隊チャンネル (JASDF Official Channel) さんの投稿です。


整備と護衛を担当しますー機上整備員


非常事態の現場に向かっていくヘリコプターです。そのため思わぬ機材トラブルが発生することも想定内にしておく必要があります。そこでヘリにはすぐに整備ができるように機上で整備ができる人、機上整備員が乗っています。

機上整備員はパイロットの補助と整備を担当、そして機銃も担当する最強のサポーターです。

【航空自衛隊×職種 #64】ヘリコプター整備員(機上整備)ー最後の砦のサポーター: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/431920137.html

※この動画は 航空自衛隊チャンネル (JASDF Official Channel) さんの投稿です。


運ぶことを計算しますーロードマスター


ヘリ空輸隊では物資や隊員の搬送を仕事にしています。そのため物資などの効率的な積載のために計算をする必要があります。

ヘリは比較的短時間で飛べて小回りが効く乗り物ですから、少なめの物資や隊員の輸送にはバッチリです。

【航空自衛隊×職種 #66】ロードマスター 航空輸送を計算する人: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/431933995.html

操縦しますーパイロット


そのものズバリ、ヘリコプターを操縦するのがパイロットです。ヘリが飛ぶことで救難・空輸の仕事ができます。

【航空自衛隊×職種 #67】パイロット(飛行)ー空の上の最前線で戦う人たち: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/432086571.html

※この動画は 航空自衛隊チャンネル (JASDF Official Channel) さんの投稿です。


ヘリのお医者さんーヘリコプター整備員


ヘリコプターは飛べないと価値がありません。飛ぶことで仕事ができる乗り物ですから、必要な時に飛べるようにしておく必要があります。ヘリコプターがいつでも活用できるように維持管理しているのがヘリコプター整備員です。

【航空自衛隊×職種 #61】ヘリコプター整備員ーヘリコプターの主治医: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/431878721.html

空の上✕地上


航空自衛隊でヘリコプターに関わる隊員の方たちでした。ヘリコプターは便利な乗り物、その反面で扱いづらさもあります。デリケートな感じの乗り物だと思います。

ヘリコプターに関係する隊員の方たちは大きく分ければ…

空の上 ー 救難員・機上無線員・機上整備員・ロードマスター・パイロット
地 上 ー ヘリコプター整備員

と分けられます。空と地上は一体のもの、2つでひとつのお仕事です。

救難隊とヘリ空輸隊の平時の仕事は災害派遣がメイン、災害派遣の中でも多いのはヘリや飛行機を使った急病者の搬送です。いつでも・どこでも・必要な時に飛べるように備えている人たちです。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 航空自衛隊はヘリコプターを活用しています。

  • ヘリは救難隊とヘリ空輸隊で使われます。

  • 空と地上のいいコラボで成り立つ仕事です。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・消防官・警察官の制服 赤城工業株式会社
http://www.akagi-aaa.co.jp/kyuunan-no5.html

・隊員の活動 | 機上整備(UH-60J)
http://www.mod.go.jp/asdf/arw/taiinnno/fe_uh_2.html

・隊員の活動 | 機上無線
http://www.mod.go.jp/asdf/arw/taiinnno/kijyoumusenn.html

・隊員の活動 | 救難(メディック)
http://www.mod.go.jp/asdf/arw/taiinnno/kyuunanninn_3.html

・隊員の活動 | ヘリコプター整備
http://www.mod.go.jp/asdf/arw/taiinnno/seibiheri_uh_2.html

・【航空自衛隊×職種#0】40の68は戦うために! 航空自衛隊の職種大全:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html?seesaa_related=category

・【空自×術科学校】術科学校にいこう!:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/421588036.html

・【自衛隊×?#4】航空自衛隊で働いてるの? パイロットでしょ!(^o^)/-知られざる空自と軍事:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/177533366.html

【参考になる本】


こちらの本を参考に作った記事です。軍隊=戦闘というイメージですが、実際は戦闘を支えるいろいろな活動があってこそ!という事実を教えてくれる本です。過去の戦闘というよりも少し前、もしくは現在進行形の補給や支援のお話です。


過去の大規模戦役の補給の実態について書かれた本です。ノルマンディー上陸作戦の後の進攻など、あまり注目されない事柄についても書かれています。


日本の戦国時代、それぞれ地域の戦国大名が生存を賭けて争っていました。その争いを支えていたのは「兵粮」、つまり経済です。食べ物だけではない、戦闘を支える多くの事柄を捉えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450684842

この記事へのトラックバック