【美保基地✕航空祭】行くも帰るも美保の基地ーYS11とC−2


美保基地航空祭、航空自衛隊の美保基地で開催される航空祭です。

今回は美保基地に来た飛行機と去る飛行機のお話です。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


※この動画は okuchan2006 さんの投稿です。ありがとうございます!


美保基地から去る飛行機、YS−11です。美保基地でのラストフライトの後は愛知県の航空博物館に移動することになっています。この機体は戦後初の国産飛行機として知られています。民間航空機としては現役引退していますが、自衛隊では現役機として利用されていました。

※この動画には音声はありません。フライトと機体をじっくりと楽しむことができると思います。

※この動画は Virtual Airfield さんの投稿です。ありがとうございます!


次は美保基地に2017年にやってきた飛行機、C−2輸送機です。現在利用されているC−1輸送機の後継機として開発が続けられていました。ごらんの通りでとても大きな機体で、まるでクジラのようです。
フライトもゆったりと見えます。

去る飛行機に来た飛行機が見られた美保基地航空祭、百人一首の「逢坂の関」のように行くも帰るもある航空祭でした。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 平成29年(2017)度の美保基地航空祭が開催されました。

  • 去る飛行機に来た飛行機、新旧が交錯します。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック