【防府北基地✕航空祭】赤と白は防府のしるし


防府航空祭、航空自衛隊の防府北基地で開催される航空祭です。

その航空祭に赤と白の飛行機、T−7が登場しました。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


※この動画は okuchan2006 さんの投稿です。ありがとうございます!


※この動画は okuchan2006 さんの投稿です。ありがとうございます!


防府航空祭2017で披露されたT-7練習機のフライトです。最初の動画は航空祭の0−プニングフライト、T−7の編隊がゆったりと飛んできます。

次の動画は、T−7単機による機動飛行(きどうひこう。飛行機の特長を活かした魅せる飛び方)です。

T−7練習機は航空自衛隊のパイロットになりたい方が練習用に操縦する飛行機です。そのため「練習機(れんしゅうき)」という役割の飛行機があります。自転車にのるためには最初は補助輪を着けるように、少しずつ慣れていきましょう!という感じの飛行機ですね。

ご覧の通り、T−7練習機はプロペラ機です。そのため戦闘機に比べればゆっくりと静かに空を飛びます。その姿はゆったりと静かに舞う舞踊のようですね。

静かで優雅だけど実は力強いという印象です(^^)

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 防府航空祭2017が開催されました。

  • T−7練習機は練習用の飛行機です。

  • 赤と白が印象的な飛行機です。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック