【国民保護#11】国民保護ってなに、どうするの?ーまとめ


国民保護(こくみんほご)

ミサイル関連で話題になることが多いですね。今回は国民保護についてのまとめ記事です。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


国民保護?


国民保護(こくみんほご)とは、武力攻撃や大規模なテロのときに国民や住民の避難をスムーズに行えるようにする仕組みです。

例えばミサイルが飛来した、駅などで大規模なテロ事件が発生した場合に、その場所から国民が避難し、その避難を手助けすることを目指している仕組みです。

国民保護の内容


国民保護の仕組みは国民自身と行政機関の手助けで成り立っています。

自分自身の避難・自衛行動 ✕ 行政機関の手助け

という感じです。どちらが欠けても不成立となります。

国民保護の基本


国民保護という仕組みは自分自身の行動と行政機関の手助けで成り立っていると書きました。その中でも段階があってそれぞれに役割分担があります。

・逃げることー自分自身
・知らせることー内閣官房や都道府県、市町村
・救助や誘導をすることー消防や警察、消防団・自主防災組織など

となっています。武力攻撃やテロなど人為的に起こされ、殺傷が行われる場合であっても対応そのものは自然災害と同じです。国民保護の仕組みが発動されるときの戦闘行動は陸海空自衛隊が担当しているので、自分自身と行政機関は逃げること・救助すること・被害をなるべく小さくすることに専念します。

逆に言えば自衛隊も戦闘に専念する(例外もあります)ということです。

国民保護のいろいろ


国民保護の仕組みはいろいろな見方があります。

【国民保護法#1】守ることが大事!という仕組みが国民保護
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/415421064.html

国民保護の仕組みを知ることの大切さです。

【国民保護法#2】国民保護と防災-同じだったり・違っていたり: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/415519367.html

自然災害と武力攻撃で同じこと・違うことです。

【国民保護法#3】国民保護と自衛隊による攻防: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/416607181.html

国民保護と自衛隊の関係です。

【国民保護法#4】国民保護が発動されるとき、一応5つ: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/447775515.html

国民保護の仕組みが発動されるときが5つほどあります。

【国民保護#5】国民保護が発動されたときどうするー個々人の行動編: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/447877711.html

国民保護が発動された時に自分自身がどう行動するの?というお話です。

【国民保護#6】行政機関と指定公共機関はどう動く?: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/447903594.html

政府や都道府県、市町村、そして報道や鉄道各社が国民保護の時にどう動くのか?というお話です。

【国民保護#7】消防と警察ーその時どう動く?: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/447924871.html

消防と警察も動きます。その動きは誘導と救助です。

【国民保護#8】消防団と自主防災組織はどう動く?: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/448025819.html

消防団と自主防災組織も国民保護では仕事を求められています。

【国民保護#9】国民保護の課題ー連絡なし・パターン・担当者: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/448054570.html

国民保護の訓練は平成17年から続けられています。でもいろいろと問題もあります。

【国民保護#10】自衛隊はどう動くの?ーサポーターのサポーター: わかる!航空自衛隊
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/449438755.html

自衛隊と国民保護の関係です。戦闘関連となると自衛隊というイメージですが…

自衛が大事


国民保護の仕組みについてでした。国民保護は仕組みとしてはあって、訓練も続けられていますが、発動されたこともなく現状では手探り状態です。それは行政機関も消防団も自主防災組織も、そして自衛隊も同じことのように感じます。

仕組みとして不完全だから絶対ダメ!ということではなく、これからの状況に合わせて作っていくしかないと思います。

国民保護の仕組みの基本は「自分自身による避難と自衛行動」です。自然災害でも同じこと、すべてはここから始まります。行政機関や自衛隊の手助けもこれを前提に行われます。国民保護を行動の度合いでみれば…

自分自身 > 行政機関 > 陸海空自衛隊

という感じかと思います。行政機関がすべてに対応できる!というのは不可能ですし、それをアテにして自分自身が傷つくことは避けたほうが賢明です。

あくまでも仕組み、利用できるところは利用しておこう!くらいの感じで国民保護と付き合うほうがいいと思います。そのために、まずは知ることから始めてみませんか?

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は J-CASTチャンネル さんの投稿です。


武力攻撃や大規模テロなどの時に流れるサイレンです。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 国民保護という仕組みがあります。

  • 自分自身の行動がカギです。

  • 行政機関や自衛隊ができるのは手助けです。

  • 仕組みですから上手に活用しましょう


【関連リンク(註)】
・内閣官房 国民保護ポータルサイト http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html

国民保護に関するパンフレットがあります。個々人の行動方法などもここにあります。

・国民保護:総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList2_1.html

消防庁の国民保護の担当部署です。

・内閣官房 国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/

・武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律 抄
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/h36/h36HO112.html

国民保護法です。

・武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律施行令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/h36/h36SE275.html

http://politics.blogmura.com/rpc/trackback/1299/l3jjga4tng08

・自衛隊を知りたい >> 武力攻撃事態などにおける国民保護のための取組 - 長崎地本
http://www.mod.go.jp/pco/nagasaki/03public/hogonotorikumi.html

・陸上自衛隊:国民保護等派遣の仕組み
http://www.mod.go.jp/gsdf/about/civil/

・自衛隊法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO165.html#1000000000006000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

77条の4に国民保護派遣が規定されています。

・防衛省・自衛隊|平成28年版防衛白書|4 武力攻撃事態等及び存立危機事態における対応の枠組み
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/n2324000.html

・防衛省・自衛隊|平成28年版防衛白書|資料編|資料26 国民保護にかかる国と地方公共団体との共同訓練参加状況(平成27年度)
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/ns026000.html

・防衛省・防衛装備庁国民保護計画
http://www.mod.go.jp/j/approach/buryokutaio/kokumin_hogo.pdf


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック