【陸自×音楽隊】ドーーーン!


ドーーーンです。

※この記事は、陸海空自衛隊の音楽隊や各国の軍楽隊の演奏を楽しむ!という趣旨のものです。「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。音楽を楽しんでいただければうれしいです(^o^)

※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。


※この動画は weloveleader さんの投稿です。ありがとうございます!


日時:平成29年(2017)4月9日
場所:陸上自衛隊練馬駐屯地
催事:第1師団創立記念行事
演奏:第1音楽隊・第1師団らっぱ隊・第1特科隊
曲目:いろいろ(襲撃警報や火災警報など)
時間:13分6秒

音楽隊とラッパ隊、そして火砲(かほう)の共同の演奏です。ゴジラの進攻から始まる演奏で、襲撃を知らせるラッパ、破壊による火災を知らせるラッパ、部隊に呼集をかけるラッパが演奏されます。

音楽隊の演奏に合わせてラッパ隊が移動してフォーメーションを見せる姿はなかなかの迫力です。

音と動きの迫力に加えて、今回の演奏では「ドーーーン」という火砲の合いの手(?)が入ります。刺激的な音ですから、アクセントとしてすごいですね。

雨の中の演奏でしたが、動きとドーーーンと演奏で楽しむことができました。

部隊のさまざまな演奏はまだまだあります。

・weloveleader - YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCllrgQBTYwlqb4rDHsHFQ-A

さんのページです。よろしかったらどうぞ(^o^)

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【音楽隊(軍楽隊)って何?-軍隊と音楽と必要性】

軍楽隊(音楽隊)とは、音楽の演奏を専門にしている部隊です。

軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。軍隊で音楽が必要とされるわけは…

  • 集団での行動をしやくする。(音楽に合わせると歩調を合わせやすい)

  • 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。

  • 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません)


というもの。軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449052504

この記事へのトラックバック