【自衛隊×採用試験】医科・歯科幹部自衛官ー経験者採用


お医者さん。

自ら学習して研鑽に励み、患者さんの治療のためにお仕事をしている人たちです。

自衛隊でも、経験豊富なお医者さんを求めています。

※この記事は、自衛隊に入りたい!けれど入り方(採用試験)が分からない…という方のための記事です。自衛隊がしている採用試験の内容、試験そのもの、働き方などを紹介しています。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


すぐに分かる!医科・歯科幹部自衛官ナビ


医科・歯科幹部自衛官(いか・しかかんぶじえいかん)とは、陸海空自衛隊の医療部隊の幹部として、または研究者として働くことができる採用試験です。

お医者さんとして経験を積まれた方を対象にした試験です。経験者採用なので各地の病院や部隊での医療行為、防衛省や各自衛隊の医療系研究機関でのお仕事が求められます。

これまでの医師・歯科医師としての経験を陸海空自衛隊の臨床現場で活用したい!、これからの自衛隊の作戦、隊員の安全のために医学的な研究をしたい!という方にはおすすめな試験です。

どんなお仕事?


医科・歯科幹部自衛官として採用されるとどういったお仕事をするのでしょうか?

・陸海空自衛隊で医療活動を行います。
・各地の病院や部隊で治療や隊員の健康管理、予防衛生、防疫などの仕事をします。
・陸海空自衛隊・防衛省の研究機関で医学の研究を行います。
・幹部自衛官ですから指揮官。

オススメな人


臨床現場や研究で活躍する医科・歯科幹部自衛官です。どのような方におすすめでしょうか?

・消化器内科や外科、精神科などでの経験を活かしたいお医者さん
・歯科医師としての経験を自衛隊で活かしたい歯科医師の方
・医療分野で自衛官として働きたい方

試験ガイド-医科・歯科幹部自衛官



・応募できる人(年齢制限など)

1 医師免許または歯科医師免許を持っている人
2 以下の条件を充たす人

☆内科(消化器内科や感染症内科など、いろいろあり)や外科、整形外科、精神科、救急科での経験年数が5年以上

※経験年数ですが、この期間は入隊時での国家試験合格後の年数です。医療業務に就いていなかった年月はカウントされません。

☆日本歯科保存学会、日本歯周病学会又は日本補綴歯科学会、日本口腔外科学会認定医(旧専修医)以上の専門医であること(を自衛隊側が希望しています。)

※内科の診療科目や歯学関係の条件は陸海空自衛隊によって少しずつ違います。募集要項を確認されてください。下の方のリンクに貼っておきます。

【試験区分】

・応募できる期間
 第1回:平成29年2月1日(水)〜4月21日(金)(締切日必着)
 第2回:平成29年10月2日(月)〜10月31日(火)( 同 上 )  

・募集している人数
陸海空自衛隊それぞれ若干名。

・試験科目
1 小論文
2 面接
3 身体検査

・試験日(試験時期)
第1回:平成29年5月12日(金)    
第2回:平成29年11月22日(水)

一応、2回の試験が予定されますが、1回目の試験で採用予定数に達した場合には、2回目の試験は行われません。

・合格発表(発表時期や発表方法)

【合格発表の日】
第1回:平成29年7月28日(金)   
第2回:平成30年2月2日(金)

【合格発表の方法】
1 合格された方のみに通知されます。(1次・2次試験ともに)
2 地方協力本部に受験番号が掲示されます。
3 自衛官募集HPに受験番号が掲載されます。(最終合格者のみ)

・倍率(応募者÷採用者 平成27年度)
防衛白書の資料に倍率は記載されていません。

※倍率とは、採用者に対する応募者の多さです。高いほど人気があり、合格の難しさがあがります。10人の採用に対して20人の応募があれば倍率は2倍です。

※※試験ガイドは募集要項を基に作成しています。より詳細な事柄は募集要項(下の方の関連リンクに貼っておきます)をご確認ください。変更点などがある場合があります。

医科・歯科幹部自衛官の給料と階級


経験年数によって階級が決まります。階級によって給料も変わっていきます。例えば2等空尉で採用された場合、最初の給料は25万1700円です。(防衛省の職員の給与等に関する法律・平成28年(2016年)11月30日改正)

研究職や医療職などによって増減があります。

入隊後の教育など


陸海空自衛隊に入隊後は幹部自衛官としての教育を受けることになります。陸上自衛隊の場合は衛生学校へ、海上自衛隊と航空自衛隊の場合は幹部候補生学校に入ることになります。

医師免許・歯科医師免許を保有していることを理由に採用される試験ですが、基本的には部隊指揮官としての役割がありますから、それなりの教育は受けることになります。

ゴトウさん受験する!-具体的に見てみよう


室町大学病院で消化器内科として働いているゴトウさん、医師としての勤務歴は8年です。自衛隊の活動が目に留まって、自衛隊のことが気になりました。

ゴトウさん、ここらでキャリアアップと自衛隊で働いてみたい!との思いから経験者を採用している医科・歯科幹部自衛官を受験しようと思いました。

・消化器内科 OK
・経験年数8年 OK
・医師免許保有 OK

受験できます。

他の医療系採用試験との違い


自衛隊では医科・歯科幹部自衛官の他にも、防衛医科大学校学生や歯科・薬剤科幹部候補生などの医療系の採用試験があります。具体的にはどう違うのでしょうか?医科・歯科幹部自衛官は…

医科・歯科幹部自衛官 = 医師 + 経験者採用 + 即戦力 + 幹部の自衛官 + 臨床現場・研究所

となっています。他の試験では…


歯科・薬剤科幹部候補生 = 歯科医師・薬剤師 + 幹部の自衛官 + 指揮官

防衛医科大医学科学生 = 医師になるための学生 + 大学生 + 将来の幹部自衛官

防衛医科大看護科学生 = 保健師・看護師になる為の学生 + 大学生 + 将来の幹部自衛官

陸上自衛隊 看護   = 看護師 + 経験者採用 + 即戦力 + 下士官の自衛官 + 臨床現場

となります。

医科・歯科幹部自衛官は陸海空自衛隊の衛生部隊の即戦力としての仕事、研究者としての仕事が期待されているということですね。

医科・歯科幹部自衛官は他の試験ではある年齢条件(歯科幹部候補生では20歳以上28歳未満)がありません。条件は免許保有と経験年数の2つです。条件は緩和されているといえます。ただし、採用人数は「若干名」と他の試験に比べれば圧倒的に少ないです。

医師+研究者+指揮官


自衛隊の医療分野での治療や研究で働くことができる!という医科・歯科幹部自衛官です。経験者を採用することで臨床現場での治療や研究での成果を出してもらおうというものですね。

研究所として陸上自衛隊衛生学校、海上自衛隊潜水医学実験隊、航空自衛隊の航空開発実験集団医学実験隊などが挙げられています。

航空自衛隊の航空開発実験集団医学実験隊は、飛行機の飛行に伴う人体への影響などを調べています。

研究者としてのお仕事、国内外の臨床現場での治療のお仕事など、経験者として多くの仕事が求められるお仕事になります。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は 陸上自衛隊 広報チャンネル さんの投稿です。


※この動画は jmsdfmsopao さんの投稿です。


※この動画は 陸上自衛隊 広報チャンネル さんの投稿です。


【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 医科・歯科幹部自衛官はお医者さんの経験者を採用する試験です。

  • 陸海空自衛隊の医療分野の研究や臨床現場での治療の責任を与えられます。

  • 災害派遣や国際緊急援助活動、有事などで医官として働きます。


【関連リンク(註)】
平成29年度 医科・歯科幹部自衛官募集要項 ◇医師・歯科医師◇
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/pdf/y/29ikashikakanbuy.pdf

・航空医学実験隊
http://www.mod.go.jp/asdf/adtc/33butaishoukai.html

・海上自衛隊:活動内容:潜水医学実験隊・横須賀病院教育部新庁舎落成記念式典 http://www.mod.go.jp/msdf/formal/operation/sensuiigaku.html

・自衛官募集ホームページ:防衛省・自衛隊
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/

自衛官の採用試験のポータルサイトです。志願票(受験します!という為の書類)や受験票(本人のための書類)が用意されています。また、それぞれの採用試験のパンフレットも用意されています。

・“チホン”のすべてがわかる!地方協力本部ポータルサイト:自衛官募集ホームページ
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/chihon/index.html

実際に説明や受験案内をしてくれる広報官(こうほうかん)がいるところがチホン(地方協力本部)です。そのチホンのポータルサイトです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック