事務!な人たちーしたいことから見た空自の職種#10


航空自衛隊、いろいろな航空機を使って日本の空を守っている組織です。そんな空自は専門家の得意技で成り立っています。

今回は空自の事務方の人たち。組織は事務で成り立ちます。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---



---
※この記事は、航空自衛隊で働いている隊員のお仕事を飛行機、お金などの仕事ごとにまとめています。会計員(かいけいいん)と言われても「?」となりがちな空自の職種を、したい仕事・やりたい仕事からみていきます。(たくさんある職種の中から一例として取り上げています)

空自に入隊したい方、もう入隊された方にとって、より空自の隊員の仕事を知ってもらうことができると思います(^o^)。では、はじめましょう!
---

組織=事務


組織(そしき)というと、個人を超越した仕組みで、多くの人が参加していて、個人の意思はどうにもならない?というイメージです。とにかく個人以上・複数の仕事をするときには必ず登場する仕組みですから、日常的にも馴染みのある仕組みです。

航空自衛隊も組織です。組織として行動してその能力を最大限に発揮できるようにしています。航空自衛隊のイメージとしては戦闘機などの飛行機に迎撃ミサイルなど、兵器類が目立ちますが、それらの要素を極限にまで取り除くと残るのが…

規則 + 役職 + お金 = 事務仕事

だと思います。事務仕事は普段はそれほど意識されることはありません。会社でも事務員の方は営業部などから「営業部のおかげで食べていけるっっだ!(# ゚Д゚)」みたいなことを言われがちですが、組織が組織として動くためには事務仕事がないといけません。事務手続きが行われないと、組織は止まってしまうからです。

今回は航空自衛隊の中の事務の人たち、総務員、人事員、会計員のお仕事です。

総務員ーなんでも屋さん


総務員(そうむいん)はなんでも仕事になる職種です。航空自衛隊では職種ごとの専門性が強調されるため、よく行けば協働・コラボの成果ですが、悪く行けば縦割り、専門家同士の対立という状況になります。

どの職種にも属しない分野のことは総務員のお仕事になっていきます。つまり整備以外、給養以外、施設以外という◯◯以外のことは総務のお仕事になります。この点は会社も同じ、営業部でしないこと、審査部でしないことなど◯◯以外は総務のお仕事になりますね。

航空自衛隊の総務員のお仕事は多くの部署との調整や文書発給などのこと。組織がうまく機能するように電話と書類でお仕事をしていきます。

・【航空自衛隊×職種 #41】総務員ー○○以外のことをする何でも屋さん: わかる!航空自衛隊。 http://koukuujieikan.seesaa.net/article/431512705.html

人事員ー組織人最大の関心事をつかさどる記録者


組織で働く人の関心事は人事と給料と福利厚生の3つとされています。中でも人事は会社や職場での噂話の筆頭、「あの人が3月に異動するらしい。たぶん」「なんでアイツが先に課長になるんだ…」など、組織の人は人事の話は大好きです。

空自の人事員(じんじいん)は、航空自衛隊の中の人事手続きを仕事にしている人たちです。隊員の勤務評定や評価の記録を行っています。記録には良いことも悪いことも記録されるため、その隊員の自衛隊での評価は、所属長の評価と人事員の記録がメインです。

・【航空自衛隊×職種 #19】人事員-「自衛官」の記録者: わかる!航空自衛隊。 http://koukuujieikan.seesaa.net/article/405251191.html?1490229151

会計員ーお金を処理する


組織が動くには規則・役職、そしてお金です。自衛隊でも会社でも仕組み上は「予算」と呼ばれるお金です。お金は大事、とにかく組織にはお金がかかります。組織のお金が給料や予算に転換されるのですから、お金は関心事になることは間違いありません。

空自でお金を取り扱うのは会計員のお仕事、お金の実際の入出金の手続きを担当しています。お金は組織を人間と見ればその血液にあたるもの、滞りなく、無駄なく流れていかないと機能不全になってしまいます。

お給料も基地にサービスを提供する会社への支払いも会計員の手続きを経て行われていきます。

・【航空自衛隊×職種#10】会計員-空自の銀行員: わかる!航空自衛隊。 http://koukuujieikan.seesaa.net/article/396467080.html?1490229231

事務仕事、恐るべし


航空自衛隊が組織として動くためには事務仕事が必要です。事務仕事が失敗したり、滞ると組織としての動きは止まります。

そんなんでいいのか!(# ゚Д゚)お役所仕事か!

と思われる方も。航空自衛隊も現実世界に存在する国家機関です、規則やお金を無視して行動することは不可能です。戦闘やスクランブル、海外派遣などの実働任務ですばやく動けるようにするには、事務仕事も大切な仕事のうちです。

例えば営業部がとってきた契約。形としては契約でも、会社内部の手続きが完了しないと正式契約にはなりません。正式に承認された契約でないとお金は支出されませんね。そして何よりも手続きで承認されないと、契約をとってきた営業職員の成績として認定されません。

歴史的に見れば、中国の秦朝や漢朝が広い土地を支配できた理由は文書発給や命令伝達などで組織が機能していたからです。崩壊した例では、後醍醐天皇の建武新政権は事務手続きの拙さが崩壊を早めました。

地味で「なにしてんの?」という目で見られる自衛隊、そんな自衛隊の中でもさらに地道な仕事をしている事務方の人たちです。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。


航空自衛隊というとこのイメージです。こちらのお仕事をするためにも事務仕事が必要です。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 航空自衛隊の「組織」を支えるお仕事です。

  • 事務仕事は実は重要です。

  • 地道な仕事になります。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・【航空自衛隊×職種#0】40の68は戦うために! 航空自衛隊の職種大全:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.htm

・【空自×術科学校】術科学校にいこう!:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/421588036.html

・【自衛隊×?#4】航空自衛隊で働いてるの? パイロットでしょ!(^o^)/-知られざる空自と軍事:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/177533366.html

【参考になる本】


こちらの本を参考に作った記事です。軍隊=戦闘というイメージですが、実際は戦闘を支えるいろいろな活動があってこそ!という事実を教えてくれる本です。過去の戦闘というよりも少し前、もしくは現在進行形の補給や支援のお話です。


過去の大規模戦役の補給の実態について書かれた本です。ノルマンディー上陸作戦の後の進攻など、あまり注目されない事柄についても書かれています。


日本の戦国時代、それぞれ地域の戦国大名が生存を賭けて争っていました。その争いを支えていたのは「兵粮」、つまり経済です。食べ物だけではない、戦闘を支える多くの事柄を捉えています。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448308613

この記事へのトラックバック