【自衛隊×再就職#22】使える!しこせきだん


しこせきだん。

自衛官の方にとっては馴染みのある言葉ですね。

自衛隊を退職されるみなさんにとっては「かつての言葉」になりそうですが…

実はとっても使えます!

※この記事は自衛官の再就職についての記事です。自衛隊に入ったら必ずくる退職というゴール、その先には再就職があります。再就職に関して自衛官の皆さんにお役に立ちたい!という想いで書いています。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


しこせきだんは使えます


しこせきだん。自衛官の方にとっては耳にタコができるほど聞き慣れた言葉ですね。本題に入る前にちょっとだけ再確認しておきましょう(他の方も読むかもしれないので)

し 使命の自覚 → 自衛隊の組織としての目的を知っておくこと
こ 個人の充実 → いち個人としての人格や良識を作ること
せ 責任の遂行 → 職務(仕事)については責任を持って行うこと
き 規律の厳守 → 組織行動をするために標準的な行動を行うこと
だん 団結の強化 → チームワークのためにチームという意識が必要

ということでしたね。この「しこせきだん」は自衛隊を退職される方にとっては「懐かしく、かつて働いていた組織の原理」で「あーそんなもんもあったね」となりやすいかもしれませんが…

ちょっと待ってください!

その「しこせきだん」は民間や社会などいろいろなところで使えると思います。今回は「しこせきだん」の使い方、会社員や自営業などさまざまな分野での応用のお話です。

会社員の場合ー組織


自衛隊を退職して会社やその他の組織で働く場合です。自衛隊という組織から会社という組織に移行することになりますから、会社員という名前の組織人です。会社員としての「しこせきだん」を見てみましょう。

1 し 会社の設立目的を知ること(企業理念)
会社は特定の目的のために作られた組織、道具としての組織です(この点は自衛隊も変わりません)会社の目的を知ることは、その会社の仕事と仕事を理解するためには必要なことになると思います。例えば資生堂の場合、

・資生堂グループ企業理念 | 会社案内 | 資生堂グループ企業情報サイト https://www.shiseidogroup.jp/company/principle/

こちらに企業理念があります。資生堂は本物の美しさを追求することで生活に彩りを与え、人としての美しさを表現するお手伝いをする(管理人で意訳しています)ことが企業理念です。

会社員としての使命の自覚は企業理念を知ることになります。

2 こ 会社員としての心構え
組織人であっても個人としての能力向上は必要です。組織はお互いに足りないところを補いつつ、お互いの長所をより伸ばすための仕組み、お互いの馴れ合いと怠けグセを助け合うものではありません。そのため個々人としての能力向上は必要不可欠です。

能力向上の方向性が社員としての心構えです。また資生堂を例にとります(別に資生堂を特別に!という訳ではなくたまたま見つけただけです)

・Our Values | 資生堂グループ企業理念 | 会社案内 | 資生堂グループ企業情報サイト https://www.shiseidogroup.jp/company/principle/values.html

こちらに個々人のための方針が書かれています。伝統を尊重するけれど革新し挑戦し続けることは絶対に必要、そして組織内での多様性は挑戦と伝統を保つためにも必要という方針です。(こちらも意訳)

3 せ 会社としてのお仕事
会社には目的があり、その目的のための行動方法もあるというのが「し」と「こ」でした。次の「せ」は組織として行動するときに、与えられた責務をなるべくやり遂げること!ということです。会社の場合は売上計画と売上目標、そして個人別の営業目標などいろいろな目標が設定されることが多いです。

4 き 具体的な行動基準
会社員としての心構えと若干重複する「き」です。会社員として実際の現場で具体的に行動するときの目安として示されているものと言えます。また資生堂です(何度もいいますがたまたま見つけただけ)

・Our Way | 資生堂グループ企業理念 | 会社案内 | 資生堂グループ企業情報サイト https://www.shiseidogroup.jp/company/principle/way.html

こちらは資生堂で働く人の行動基準です。お客様やお得意先、取引先との良好な関係の構築のために、お互いに無理難題はふっかけないこと、お互いの発展していくための具体的な行動を示します。

5 だん チームワークが大切
会社の仕事は個人的なものではなく組織としての仕事です。そのため多くの人(従業員やお客様、取引先)が関わることになります。仕事を大きくするためにはひとりではできないことも多いため、関係者とのチームワークは大事です。

どうでしょうか?資生堂を例にとりましたが、自衛隊とそう変わらないと思います。自衛隊風な「しこせきだん」とほぼ同じだと思います。組織から組織へと移るのですから、不都合なく「しこせきだん」は使えると思います。

自営業の場合ー経営者・事業主


自営業の場合のしこせきだんです。ご自身で事業を興されたり、実家の家業(会社や商店、農家、漁師、工場など)を継承される場合です。組織から組織へと移行するときの「しこせきだん」とはちょっと違うものになります。

1 し 事業の目的
経営する事業の目的を自分で明確にする必要があります。「世の中のため」とはよく聞くことばですが、ちょっと抽象的です。例えば病児保育のための施設を経営したい!というなら「働く人を手助けするために、病気にかかったお子さんを見守ることができる保育所を!」という感じである程度具体化する必要があります。

2 こ 経営者としての能力
経営者は基本的には自分でできることは自分でする必要があります。多くの方と会ったり、事業の方向性や具体的な仕事などを最初は自分で考える必要があります。そのため、いろいろなことを学びつつ、同時に実行していく個人としての力が必要です。挑戦と変革を止めないことの大切さもあります。(永遠の事業なんてありません)

3 せ 仕事は着実にしましょう
経営者・事業主として受けた仕事を着実に行うことです。会社員の場合もそうですが、仕事の出来上がりの精度とスピードの両立を図ることです。事業主は時間は自由に使えるので場合によっては後回し…となりかねません。

4 き 自己管理
規律は基本的には組織としての行動基準ですから、経営者や事業主にはあまり馴染みません。「き」は事業主風にみれば自己管理をしっかりしましょう!かと思います。時間の使い方はアナタ次第、たくさん働いて儲ける・貧しくなる自由(売れるほど赤字という事業もあります)もあれば、何にもしないでおく自由もあります。

5 だん よい人脈つくり
経営者や事業主の最大のお仕事、それは「営業」です。仕事を生み出すための行動を「営業」というなら、営業は経営者や事業主の最大の仕事です。

えっそれは営業部や営業職の仕事でしょ\(^o^)/

と思われるかもしれません。たしかにそれはそうですが、経営者は事業主ほど会社などの「顔」になる人はいません。歩く名刺になれるわけです。そのため経営者や事業主の方は人脈作りに励むことになります。

人脈作りとなると会食に飲酒という形が多いですが、何も飲酒絶対!ということもありません。だいいち宴席での約束はだいたい「えっそんなこと言いましたっけ?」になることのほうが多めです。真剣なビジネスの話ならお酒抜きの会食がいいと思います。

会社員との違いは、会社員以上に学習して、なおかつ、行動して、事業の先々を見ていかないといけないことです。それに加えて組織管理も入ってきますので、従業員の「しこせきだん」も考えないといけません。

捨てちゃだめ!


しこせきだんは使えるというお話でした。自衛隊を退職するとき、ある人は「自衛隊を全部捨てていけ」というかもしれません。確かに捨てるもの(階級の持ち込みなど)はありますが、私はしこせきだんは捨ててはいけないと思います。

しこせきだんは多くの分野で必要とされている一般的な能力をカンタンに表現しているもの、それに慣れていることは強みだと思います。

特定の分野の特定の会社の作法や技能は、その会社では活かせるかもしれませんが、一般性はありません。ひとつの会社もひとつの仕事もその寿命・有効期限は着実に短くなっていますから、今後はしこせきだんのような一般的で普遍的な基準の価値が高まると思います。

しこせきだんという強力な武器を持つ自衛官の方は再就職戦線でも大丈夫です!

日本の国を守るために、ご自身の命や貴重な時間を国家に預けられてきた自衛官の皆様の再就職がうまくいきますよう、応援します!

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

追伸(お礼)
株式会社資生堂 御中、企業理念を活用いたしました。ありがとうございました。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 捨てないで!「しこせきだん」だけは

  • しこせきだんは一般的で普遍性のある価値・行動基準です。

  • しこせきだんに慣れている自衛官は強いです。


【関連リンク(註)】
・【自衛隊】年間約8038人という数字 自衛官への道 その4
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/391961715.html

・【自衛隊】自衛官のゴールは再就職!
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/355705639.html

・自衛隊への疑問!? その1 自衛官って公務員だからいいよね!?
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/154311006.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447804687

この記事へのトラックバック