【自衛隊】海外で新年を迎えた自衛隊部隊ー平成29年・2017年


新年明けましておめでとうございますm(__)m

いつも読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

新年最初の記事です。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

海外で新年


海外で新年!というと芸能人の方々のハワイなど、いろいろとありますね。一般の方々でも海外で新年を迎えられる方も多いと思います。

今回は自衛隊部隊が海外で新年を迎えたこと。

自衛隊の場合は政府の命令に基づいて仕事として海外に派遣されています(派遣の必要性や是非は政治側の人たちが判断しています)

平成29年(2017)の1月1日現在で海外に派遣されている自衛隊部隊、どこにどれくらいの規模なのでしょうか?

アフリカ・南スーダンー陸上自衛隊


陸上自衛隊の施設部隊(工兵隊)がアフリカの南スーダン共和国に派遣されています。国際連合(UN)の仕組みの中での派遣です。

施設部隊は南スーダンでの社会資本整備を仕事にしていて、それに加えて南スーダン内戦での避難民への医療支援や給水支援などを行っています。

また国連が設定する難民保護区域の敷地造成なども行っています。

現在は、第9師団(青森駐屯地)から

・田中仁朗(たなか よしろう)1等陸佐以下約350名
・第11次隊

が派遣されています。

自衛隊が南スーダンでの国連の枠組みに参加したのは2008年(平成20年)から、施設部隊が派遣されるのは2011年(平成23年)からです。

平成29年(2017)で6年目の派遣となります。 

アフリカ・インド洋ー陸海空自衛隊


アフリカのソマリア、そのアデン湾沖合とアフリカのジブチに自衛隊部隊が展開しています。

なんで?

となるかもしれません。日本ではほぼ聞かない土地ですから。

アデン湾に自衛隊が派遣されている理由は「海賊対策」です。ソマリアでの治安悪化などからアデン湾などでは海賊行為が多発していた時期があります。

多くの商船が襲撃を受け、積み荷の盗難、乗組員の人質化による身代金要求などが行われました(先日には中国人船員が5年ぶりに解放されたとの報道もありました。)

そんな海賊に対抗するために世界各国(欧州や米国、ロシア、中国、韓国など)が商船を護衛するために仕事をしています。

その中に日本の自衛隊も参加しているわけです。

海上自衛隊:護衛艦 + 哨戒機
陸上自衛隊:ジブチの基地の警備
航空自衛隊:基地への物資輸送
海上保安庁:海賊の逮捕

と海賊対策の日本代表は自衛隊と海上保安庁の混合チームとして派遣されています。

派遣そのものは平成21年(2009年)から始まっています。今年で8年目の活動となっています。

現在の派遣部隊は…

水上(船舶)部隊

・第26次派遣
・小林知典 (こばやし とものり)1等海佐 第8護衛隊司令
・江畑泰孝(えばた やすたか)2等海佐 きりさめ艦長
・約210名
・海上保安官8名が同乗

航空部隊航空隊

・第25次派遣
・坪倉大悟(つぼくら だいご)2等海佐
・約60名
・海上自衛隊第2航空群(八戸)より

行動支援隊(陸上自衛隊)

・第6次派遣
・佐藤和之(さとう かずゆき)1等陸佐
・約110名
・陸上自衛隊中央即応連隊(宇都宮)より

です。

お疲れさまです!


新年を海外で迎えられた自衛隊部隊のお話でした。約730名の自衛官の方が海外で仕事をされています。その他にもいろいろな機関に派遣されている自衛官の方もいます。

日本では穏やかなお正月の日和、今日も自衛隊はお仕事中です。

最後になりますが…

海外の地でのお仕事、お疲れさまです!

また、日本で防衛の仕事をされている自衛隊のみなさん、お疲れ様です!

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は 陸上自衛隊 広報チャンネル さんの投稿です。


こちらは第8次隊の活動の様子です。

※この動画は jmsdfmsopao さんの投稿です。


水上部隊の第23次隊です。

※この動画は DoshinWeb さんの投稿です。


【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 自衛隊の海外派遣は続いています。

  • 2017年の新年を海外で迎えられたのは約730名の自衛官です。

  • お疲れさまです!無事にご帰還ください。


【関連リンク(註)】
・防衛省・自衛隊:ここが知りたい:南スーダンへの自衛隊の派遣について
http://www.mod.go.jp/j/approach/others/shiritai/sudan/#a2

・防衛省・統合幕僚監部ホームページ
http://www.mod.go.jp/js/

・中国人含む26人の人質解放、ソマリアの海賊に5年近く拘束=中... - Record China
http://www.recordchina.co.jp/a153328.html

・CTF 151: Counter-piracy | Combined Maritime Forces
https://combinedmaritimeforces.com/ctf-151-counter-piracy/

海賊対策のために派遣されている各国海軍の合同部隊です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック