【国際・軍事ニュースまとめ:日曜版】F2後継機の開発をめぐって


防衛装備庁がF2戦闘機の後継機開発のための情報提供をしてくれる企業の選定を行っています。後継機の開発については開発するか、しないかを含めて2018年までに判断するとのことです。

その他には、イラクでの戦闘は続いていること、米国がイランへの旅客機売却を承認したことなどが報道されています。

速報みたいにニュースをご覧になりたい方は「わかる!航空自衛隊∠(^-^)」のtwitter(@usaginomimi)をご覧ください。ご登録はお気軽にどうぞ!

※この記事は、国際・軍事のニュースを振り返るものです。更新自体はリアルタイムのものではありませんが、「ふりかえる」ことで国際関係(主に軍事関係)をじっくり考えるキッカケになれば!との趣旨で書いています。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

#1 現代の戦略 [ コリン・S.グレイ ]←daily・軍事の本のランキング(楽天)


《平成28年(2016)9月25日(日)》

「F3戦闘機」国内開発か国際共同開発か F2の後継機、日本の防空の要に (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

【この記事のポイント】
・航空自衛隊のF2戦闘機の後継機開発をにらんだ企業選定が始まった。
・防衛装備庁が2016年夏に、情報提供を行う企業の募集を行った。
・募集に応じたのは米ボーイング社。
・ロッキード・マーティン社、BAEシステムズ、サーブ社の参画も取り沙汰されている。
・後継機開発の事業費は最大で約4兆円。
・F3の開発については、2018年夏頃までに開発するか、しないかを含めて判断する。
・後継機の開発は中ロ両国の第5世代戦闘機開発を受けてのもの。
・開発では国内開発と共同開発の意見がある。
・F2戦闘機は2030年ころから退役が始まる。

※この動画は USA ミリタリー チャンネル さんの投稿です。


青い戦闘機がF2です。当初は国内開発の方針でしたが、後に米国との共同開発となった機体です。

【この日の軍事関連ニュース】
・CNN.co.jp : 米、イランへの旅客機売却を承認 ボーイングとエアバス
http://www.cnn.co.jp/business/35089493.html
・USAトゥデイ:シリアでのロシアの作戦に関するオバマ氏の予測は実現しなかった
https://jp.sputniknews.com/politics/20160925/2816148.html
・シリア外相「勝利への信念強まっている」 国連で演説:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ9T321KJ9TUHBI009.html?ref=rss
・現役自衛官が“海外派兵”強制アンケートを暴露 「海外派遣に行かない」を選択したら上司から呼び出し|LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2016/09/post-2584.html
・北方領土交渉「知っている」ロシア国民の約60% | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160925/k10010705851000.html
・中国の“火薬庫”、新疆ウイグル自治区、平静保つも当局の監視... - Record China
http://www.recordchina.co.jp/a151082.html
・イラク・ティクリートでISによる襲撃、12人死亡 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3102039

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック