【陸自×音楽隊】厭離穢土、欣求浄土


厭離穢土、欣求浄土(おんりえど・ごんぐじょうど)。

徳川家康が求めた境地を表す言葉です。

争いごとばかりの現世から、安寧の浄土の世界へ行きたい、という願いを表した言葉だそうです。

その言葉を賭けての争いを描いたドラマ、そのテーマを陸自音楽隊が奏でます。

※この記事は自衛隊の音楽隊や各国の軍楽隊の演奏を楽しむ!という趣旨のものです。「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。音楽を楽しんでいただければうれしいです(^^)

-------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
-------------------------------------------------------------------

※この動画は 自衛隊音楽隊・アメリカ空軍音楽隊音楽チャンネル さんの投稿です。ありがとうございます!


日時:平成28年(2016)8月24日
場所:富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
催事:陸上自衛隊第1音楽隊コンサート
演奏:陸上自衛隊第1音楽隊
曲目:NHK大河ドラマ「真田丸」メインテーマ(服部 隆之作曲)
時間:4分22秒

穢土(えど)はあちら、浄土(じょうど)はこちら!を賭けての戦いに近づいていきますね。

※この動画は 自衛隊音楽隊・アメリカ空軍音楽隊音楽チャンネル さんの投稿です。ありがとうございます!


曲目:故郷-浜辺の歌-椰子の実など
時間:11分4秒

多くの奏者による演奏、やはり重厚で、心のなかに風情を思い浮かばせてくれると思います。

タイトルの言葉。

松平元康(後の徳川家康公)が座右の銘とした言葉とされるそうです。家康公の旗にも書かれていたとの記憶があります。

それぞれの考えのもと「天下」や「泰平」を賭けての争いはいつの世でも、いまの世でも続いています。

ちなみに徳川家の菩提寺は大樹寺(愛知県岡崎市)にあります。

名称が大樹寺、そういえば将軍の別名を「大樹公」(主に軍事面からの呼称、征夷大将軍の別の言い方。中国の故事から由来しているそうです)と言いました。

それだけ争いはあるし、残っているということを現した言葉のようにも感じます。

陸上自衛隊の音楽隊の演奏はたくさんあります。

・自衛隊音楽隊・アメリカ空軍音楽隊音楽チャンネル さん
https://www.youtube.com/channel/UCSxzgLjYvYhZUve4ZMOO42A

のページです。楽しい音楽の時間をお過ごしください。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【音楽隊(軍楽隊)って何?-軍隊と音楽と必要性】

軍楽隊(音楽隊)とは、音楽の演奏を専門にしている部隊です。

軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。軍隊で音楽が必要とされるわけは…

  • 集団での行動をしやくする。(音楽に合わせると歩調を合わせやすい)

  • 戦場での通信手段として使用される。

  • 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。

  • 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません)


というもの。軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。

【関連リンク】

【自衛隊の音楽隊が奏でる名曲のご紹介】
ジャケットの方は三宅由佳莉さん、海上自衛隊の東京音楽隊に所属する自衛官です。祈りやアメイジング・グレイスなどの名曲が収録されています。

陸上自衛隊の中央音楽隊がジブリのナウシカなどの曲を演奏します。

白雪姫やスーパーマン、ロッキーなどの映画音楽を航空自衛隊の音楽隊が演奏します。

こちらは航空自衛隊音楽隊の日常を描いています。音楽隊の日常+軽めのミステリですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック