【国際・軍事ニュースまとめ:1週間+α】北ミサイルが大気圏再突入


1週間をふりかえる国際・軍事ニュース、今回は平成28年(2016年)6月26日から7月2日の週です。

この週は…

シリアやイラクでの戦闘は継続、イエメンでの戦闘が激化しているとの報道です。米軍でトランスジェンダーの兵士の待遇についての改正が行われました。

※この記事は【国際・軍事ニュースまとめ】として投稿した記事を1週間ごとにまとめています。また、それぞれのまとめ記事の【この日の軍事関連ニュース】に入っているニュースの中から、私が気になったニュースをいくつかピックアップしています。

※速報的にニュースをご覧になりたい方は「わかる!航空自衛隊∠(^-^)」のtwitter(@usaginomimi)をご覧ください。ご登録はお気軽にどうぞ!

----------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際の音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------

#3 シビリアンの戦争 [ 三浦瑠麗 ]←デイリー・軍事の本のランキング(楽天)


《6月26日(日)》
【国際・軍事ニュースまとめ:日曜版】イラク軍がファルージャ全域を解放を宣言、避難民を取り調べ:わかる!航空自衛隊∠(^-^)

【気になったニュース】
・共産・藤野保史政策委員長が「自衛隊は違憲」の矛盾認める - 政治・社会 - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160626/plt1606261742003-n1.htm
・防衛予算「人を殺すための予算」 共産・藤野氏が撤回:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ6V5CT1J6VUTFK005.html

一面の事実であることはたしかです。

・新たな海上境界線の設定を=北朝鮮が提案、韓国は拒否:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062600036&g=prk

北朝鮮側が海上に引かれた南北の境界線である北方限界線の引き直しを求めてきました。韓国側は拒否しています。

北方限界線付近では中国漁船による違法操業など、海洋資源の取り扱いをめぐって韓国、北朝鮮、中国の利害がからみ合っています。


《6月27日(月)から28日(火)》
【国際・軍事ニュースまとめ:月火版】在韓米軍が休戦ライン付近の偵察強化 露がEUの天然ガス調達計画を注視:わかる!航空自衛隊∠(^-^)

【気になったニュース】
・米国、北ミサイルの「大気圏再突入」認める | DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)
http://dailynk.jp/archives/69598

韓国側の報道によると、米国防総省は北朝鮮が発射したムスダンが大気圏に再突入したことを事実上、認めたとのことです。再突入を確認したのは初めてとのことです。

再突入自体はあったとしても、それ自体が技術的に成功したかどうか?については評価をしないとのことです。技術的に成功したかどうかは外気圏での分離、一定の速度、一定の耐熱性などの条件を満たすことが必要だそうです。

※この動画は ARIRANG NEWS さんの投稿です。ありがとうございます。



・自衛隊には「致命的な弱点がある」 中国メディアが指摘 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/11696025/

記事では職業としては不人気で慢性的な人手不足、しかも軍人の職責のなんたるかを理解していない、ことが自衛隊の弱点とのことです。

記事中の意見でもありますが、これらの点は中国の人民解放軍にも当てはまりそうです。

《6月29日(水)から30日(木)》
【国際・軍事ニュースまとめ:水木版】イエメンでの戦闘が激化、和平協議は進展せず:わかる!航空自衛隊∠(^-^)

【気になったニュース】
・ミサイル発射、成否評価せず=米国防総省:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062800380&g=prk
・日米韓のミサイル追跡演習非難=北朝鮮:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062900305&g=pol
・「先制核攻撃能力で対抗する」北朝鮮、日米韓ミサイル防衛協力をけん制 | DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)
http://dailynk.jp/archives/69675
・日米韓ミサイル警戒演習(PACIFIC DRAGON 2016)の実施について
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201606/20160629-02.pdf
・北朝鮮のスカッドミサイル、米軍横須賀基地を射程圏内に―韓国紙 - Record China
http://www.recordchina.co.jp/a143265.html

再突入自体はあっても技術的には不成功との見解です。技術的には不成功としても再突入自体は行っているので、今後のために対応策も必要ということで演習をしています。

※この動画は ARIRANG NEWS さんの投稿です。ありがとうございます。


・共産「人殺す予算」発言 萩生田光一官房副長官「自衛隊への侮辱」 - BIGLOBEニュース
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0629/san_160629_6104468514.html

事実かどうかとみれば事実のひとつです。自衛隊が軍隊であるならば、殺傷と破壊の面はあります。自衛隊をめぐっては左右どちらも一定の色眼鏡があるため、美化や賛美、露悪に極悪と極端に振れる傾向があると思います。
一方では、自衛隊の存在や仕事を守るため、他方では自衛隊の存在自体を無くすために極端に走っているような印象です。

虚飾と露悪で論じられる軍事力が有効に機能する?という視点も必要そうですが。どうでしょうか。

・空自機へ攻撃動作「事実無根」=中国大使館:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062900817&g=pol
・空自元幹部「中国機が攻撃動作」 官房副長官は否定  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H4N_Z20C16A6PP8000/
・萩生田光一官房副長官「中国軍用機の攻撃受けた事実ない」 元空将のネットニュースで - 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160629/plt1606290041-n1.html

織田元空将が公表したことについて、日中両当局は否定しています。虚飾と露悪の中で現実に対応しないといけない部隊はなかなか大変ということは事実のようです。

・フィリピン漁民、軍提案の南シナ海「海上民兵」を拒絶=「領... - Record China
http://www.recordchina.co.jp/a143400.html

フィリピン軍が海上警備のために海上民兵を創設しようと提案したことについて、漁民らが反対しています。軍隊に対抗できるわけがないというのが理由です。

・中台対話停止、長引く恐れ 「一つの中国」巡り神経戦  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H6M_Z20C16A6FF1000/

08年以降に構築された中国と台湾の当局間の対話システムが停止されているとの報道です。中国側としてはひとつの中国を認めていない台湾への圧力をかける目的があるとのことです。

台湾側はそれぞれ別の主体であるとの立場を言外に示していることについて、中国側は反発しています。

・CNN.co.jp : スコットランド行政府首相、EU首脳と会談 単独の残留訴え
http://www.cnn.co.jp/world/35085119.html

イギリスの欧州連合からの離脱自体は痛手かもしれませんが、スコットランドが単独で欧州連合に残れば、国内に離脱・独立問題を抱えるスペインやフランスとしてはさらに問題を抱えてしまいます。

・20160606海上自衛隊幹部学校
http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/i-FWS/news/2016/0606.html

海上自衛隊の幹部学校で未来の戦いについての研究会が開催されました。

《7月1日(金)から2日(土)》

【国際・軍事ニュースまとめ:金土版】米軍がトランスジェンダー禁止措置を撤廃、米国防総省が発表:わかる!航空自衛隊∠(^-^)

【気になったニュース】
・米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5412.php

軍隊は一面では「歴史」「伝統」の立場からコンサバな面を見せますが、他面では「平等」などのラジカルな面も見せます。

戦闘を基準にすれば男女の区別も不要との見方もありますし、母性保護という視点も必要との見方もあります。

戦争が「平等」という面を増進させた面(戦闘の務めを果たしたのだから、とか共に戦ったのだからなど、選挙や経済統制などで表現される)はあると思います。

・「ソンムの戦い」から100年、第1次大戦有数の激戦地で追悼式典 写真21枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3092584?cx_part=txt_topstory

※この動画は The British Monarchy  さんの投稿です。ありがとうございます。


・【写真特集】スイス軍の元要塞を生きた遺産に | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5399.php

倉庫や食料庫、ホテルなど使いみちはいろいろです。

・防衛省 “経済的徴兵制”を検討/自衛隊入隊前提に奨学金
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-02/2016070201_03_1.html

防衛省が貸費学生の仕組みを変えて予備役課程のようなものを創設しようとしているとの報道です。常備役と予備役で作られる常備軍の人員確保はどの国でも悩みの種です。

「経済的徴兵」とは、政府が経済的に国民を追い込んで自衛隊への入隊を強制している!という前提の言葉ですが、政府の経済政策で国民の所得が左右されることは事実(それ自体あまりいいことだとは思いません)、でも、その結果として自衛隊に入らなければ!とはならないと思います。

過去・現在でも単身親家庭のお子さんの自衛隊への入隊は多い印象(親に金銭的に迷惑をかけたくない、早く経済的に自立したいなどの理由)ですから、お金に関連する入隊は安保法制の成立に始まったことではありません。

実際、多くの方にとって自衛隊に入る理由はほぼありませんし。

金銭面からの圧力?による就業の誘導を「経済的徴兵制」というならば、親の安定志向による「経済的(とにかく)公務員(になれ)制」もありますし、資格を持っていれば安心という「経済的(とりあえず)資格制」もあると思います。(薬剤師は給料が高いから薬剤師になれ!みたいな)

政府がするから悪い!というならば、経済政策(納税や補助金による誘導)自体も悪いことになると思います。

・CNN.co.jp : ロシア軍艦、地中海で米軍艦にまた接近 空母追跡か
http://www.cnn.co.jp/world/35085254.html

ロシア軍とアメリカ軍の接触はバルト海・地中海・黒海などで発生しています。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック