【米海兵隊×EX】耳をすませば…


耳をすませば…

聞こえてくるのはなんの音でしょうか。日常の中にあるはずなのに聞こえていない音はたくさんあるように思えます。

今回は米海兵隊の演技、耳をすませば、聞こえてくるのは?

※この記事は自衛隊の音楽隊や各国の軍楽隊の演奏を楽しむ!という趣旨のものです。「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。音楽を楽しんでいただければうれしいです(^^)

-------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
-------------------------------------------------------------------


※この動画は US Military Videos & Photos   さんの投稿です。ありがとうございます!


米海兵隊のファンシードリルの練習風景です。静かに練習をしています。(動画の時間は2分53秒です)

※この動画は US Military Videos & Photos   さんの投稿です。ありがとうございます!


普段の練習の成果を披露されました。(動画の時間は10分14秒です。)

演じる場所への移動までは演奏が入りますが、演技に入ったあとは演奏は無くなります。一般的なドリルは演奏と動きを組み合わせたものですが、今回の米海兵隊のドリルは演奏なしのものです。

聞こえてくるのは銃を操る音、体の動作の音(足踏みや歩行、体側を叩く音など)のみです。

演奏なしのドリル、演技自体で魅せることを求められる一本勝負、直球勝負のような感じの演技です。

見ている観客も息を呑んで見ている雰囲気も伝わってきます。コンテンポラリーダンスを見ているような感じ(圧倒的な前衛さ故に息を呑む)にもなりますね。

【音楽隊(軍楽隊)って何?-軍隊と音楽と必要性】

軍楽隊(音楽隊)とは、音楽の演奏を専門にしている部隊です。

軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。軍隊で音楽が必要とされるわけは…

  • 集団での行動をしやくする。(音楽に合わせると歩調を合わせやすい)

  • 戦場での通信手段として使用される。

  • 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。

  • 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません)


というもの。軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。

【自衛隊の音楽隊が奏でる名曲のご紹介】
ジャケットの方は三宅由佳莉さん、海上自衛隊の東京音楽隊に所属する自衛官です。祈りやアメイジング・グレイスなどの名曲が収録されています。

陸上自衛隊の中央音楽隊がジブリのナウシカなどの曲を演奏します。

白雪姫やスーパーマン、ロッキーなどの映画音楽を航空自衛隊の音楽隊が演奏します。

こちらは航空自衛隊音楽隊の日常を描いています。音楽隊の日常+軽めのミステリですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック