【軍人×スポーツ】米英開戦?ーInvictus Games開催


米英関係。

外交上は特別の関係を示す言葉として使われている言葉ですが、英国と米国との間に宣戦布告がなされた!との物騒な出来事があります。

今回は米国と英国の不穏な…ではなくてスポーツ大会のお話です。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------



※この動画は  The British Monarchy  さんの投稿です。ありがとうございます。


まずはこちらの動画をご覧ください。

イギリスのエリザベス女王陛下とヘンリー王子が米国のオバマ大統領夫妻からの宣戦布告に応じるというものです。

宣戦布告?

宣戦布告(せんせんふこく)とは、国家同士が敵対状態を公に認定して、これからは戦争状態にあることを国内外に宣言することです。

英国と米国にそんな重大危機か!?

と思われるかもしれませんがご心配なく!今回のものは軍人さんたちのスポーツ大会上の冗談、挑戦状みたいなものです。(かつてのたけしの挑戦状くらいと考えればいいのではないでしょうか(^o^))

軍人さんたちのスポーツ大会、それはInvictus Games(インヴィクタスゲーム)です。

この大会は2014年(平成26年)から開催されていて、国内外の任務で負傷された軍人さんたちがスポーツを通して元気や今後の支えを得られれば!、そして傷痍軍人への理解と尊敬をという思いで開催される大会です。一般的に言えばパラリンピック、軍人さんたちのパラリンピック大会です。

参加するのは負傷した軍人さんたち、退役された方も参加します。競技種目としては車いすバスケなど10種目、米英など15カ国から約500名の選手が参加します。

イギリスの財団の発案によって開催され王室と国防省の支援を受けて開催されます。

第2回目の開催となる大会は5月8日から12日まで、米国のフロリダ州オーランドで開催され、ヘンリー王子とミシェル米大統領夫人が参加されることになっています。

オーランドといえばウォルト・ディズニー・ワールドでご存じの方も多いと思います。

※この動画は The Royal Family Channel さんの投稿です。ありがとうございます!


2014年大会(第1回大会)でのシッティングバレーボールの様子です。ヘンリー王子殿下も参加されています。

ちなみにインヴィクタスは「負けない者」という意味の言葉です。

戦争には「あってはならない」「悲劇」という言葉がつけられることが多いですが、現実としては兵士も民間人も戦争によって傷ついています。人間の歴史と闘争・戦争は切っても切れないというのは歴史そのものが証明していると思います。

また政治や政府が命令を出す以上は軍人はそれに従うことを求められます。

過去に時間を戻すことができない以上は、起きた後のことから始めないといけないのも現実です。

スポーツを通して、少しでも気持ちの切り替えと日々の生活の張り合い、周囲の理解を得られればと心より願っています。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は Stars and Stripes さんの投稿です。ありがとうございます。


米国チームのキャプテンが話されています。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 負傷した軍人さんたちのスポーツ大会「Invictus Games
    」が開催されます。

  • 2014年から開催され2回目の大会は米国で開催されます。

  • 参加される選手の皆さん、楽しまれてください!応援しています(^o^)


【関連リンク(註)】
・【SPUR】ヘンリー王子とオバマ大統領夫人がタッグを組む、スポーツイベントとは? | セレブニュース
https://spur.hpplus.jp/culture/celebritynews/201603/09/IjSCB0Q/

・【軍人×処遇】軍人に報いる3つの理由:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/194498947.html

・【軍人×待遇】軍人への報い方 - お金・名誉・仕事:わかる!航空自衛隊∠(^-^)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/419665164.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック