【台湾軍×音楽隊】台湾3軍のドリル♪


台湾軍。

日本ではほとんど意識されることがない隣の「国」の軍隊です。

その活動も、規模もほとんど意識されることはありませんが、日本にとっても重要な地域を防衛する軍隊です。

今回は台湾の陸海空軍が魅せたドリルです。

※この記事は自衛隊の音楽隊や各国の軍楽隊の演奏を楽しむ!という趣旨のものです。「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。音楽を楽しんでいただければうれしいです(^^)

-------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
-------------------------------------------------------------------


※この動画は yasso1967 さんの投稿です。ありがとうございます!


動画の時間:12分9秒

台湾の陸海空軍3軍の儀仗隊のドリルです。

各軍の儀仗隊がキビキビと音楽に合わせて演技を見せてくれます。

揃っていますね!

何が\(^o^)/

・動き出すタイミング
・整頓の動き
・手の動き
・足の角度や動き

です。儀仗隊は白い手袋をはめているので、その白い手袋を見ていると動きが揃っていることがよくわかります!

多くの人が一斉に同じ動作をすることは見ている以上に難しいことです。(日本の義務教育の学校で行われる行進とかを思い出されてみてください)

そのため、音楽という合図でテンポを揃えて動くことが考えられました(ナポレオン登場前後の戦争から国民軍に変化していきます。国民で構成される軍隊は集団行動が苦手とされていました)

先日の西沙諸島での人民解放軍の地対空ミサイル部隊の配備をキャッチしたのは台湾軍との報道もありますから、台湾軍の作戦や活動について知ることも大切だと思います。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※追伸
台湾軍は通称で、正式には中華民国国軍とのことです。

【音楽隊(軍楽隊)って何?-軍隊と音楽と必要性】

軍楽隊(音楽隊)とは、音楽の演奏を専門にしている部隊です。

軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。軍隊で音楽が必要とされるわけは…

  • 集団での行動をしやくする。(音楽に合わせると歩調を合わせやすい)

  • 戦場での通信手段として使用される。

  • 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。

  • 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません)


というもの。軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。

【関連リンク】
・中華民国国防部
https://www.mnd.gov.tw/

【自衛隊の音楽隊が奏でる名曲のご紹介】
ジャケットの方は三宅由佳莉さん、海上自衛隊の東京音楽隊に所属する自衛官です。祈りやアメイジング・グレイスなどの名曲が収録されています。

陸上自衛隊の中央音楽隊がジブリのナウシカなどの曲を演奏します。

白雪姫やスーパーマン、ロッキーなどの映画音楽を航空自衛隊の音楽隊が演奏します。

こちらは航空自衛隊音楽隊の日常を描いています。音楽隊の日常+軽めのミステリですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック