【防衛大学校】はしる・走る・疾走る! Run×Run×Run


防衛大学校。

日本の陸海空自衛隊の将来の指揮官を養成する学校です。

文字とおりの文武両道を求められる学生さんたちの走る競技会が開催されました。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


※この動画は JSDF.info さんの投稿です。ありがとうございます!


平成27年(2015年)3月12日に行われた断郊競技会です。(動画の時間は3分2秒、総集編です)

断郊競技(だんこうきょうぎ)とは、重い荷物を背負って坂道などを走り抜ける競技です。防衛大学校の3年生になると参加する行事で毎年行われています。

防衛大学校での生活で設けられている各大隊の3年生が普段の大隊や男女関係なく、8名1組の臨時のチームを編成して、約7kmの距離を走っていきます。ただ走るのではなくて…

・チーム全員がゴールしないとタイムが出ません。
・背嚢(リュック)や水筒など約10キロくらいの荷物を背負って走ります。
・高低差は約50メートルのコースを走ります。

という競技です。一般的に言えば障害物競争、障害物競争に加えてオモリをつけて、チーム全員がゴールしないとダメという競技です。

約10キロというと小学校1年生か2年生の子供をおんぶして走るようなもの、高低差の50メートルというとビルの階数で表現すると18階から20回の高さです。よく知られている建物で言えば…

パリの凱旋門

奈良の東寺の五重塔

東大寺の大仏の3つ分

です。

この断郊競技、見ていても辛そうです。

人それぞれ体力は違います。走ることについての得意・不得意もあります。それでもチームとして仲間は見捨てないということを身を持って学ぶこと、へこたれない体力を最低限は身につけておこう!ということを知るために行っている競技なのかと思います。

将来的には陸海空自衛隊の指揮官として部隊の隊員の命を預かり、日本の防衛の仕事をしなければいけない人たちです。体力も知性も気持ちもと多くを求められる人たちの責任は大きいんですね。

敬礼!∠(^^)

※この動画は JSDF.info さんの投稿です。ありがとうございます!


こちらは長編版です(52分59秒)。いろいろなことがありますね。そして撮影者さんも走ります。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 防衛大学校では3月頃に3年生による断郊競技が行われます。

  • 約7キロを全力で走ります。

  • 4年生は持続走大会があります。


【関連リンク(註)】
・断郊・持続走競技会
http://www.mod.go.jp/nda/obaradai/boudaitimes/btms20110400/danko20110400/danko.htm

・防衛大学校 http://www.mod.go.jp/nda/

・観音崎公園ガイド 東京湾要塞跡を歩く
http://kannonzaki-guide.com/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック