【米空軍✕教育隊】USAF Basic Training!

【米空軍✕教育隊】USAF Basic Training!


米軍。

どちらかと言うと出来上がった、完成品というイメージのある軍隊です。多くの装備や人員を揃えて万邦無比!完全無欠(大げさすぎ^_^;)なイメージで語られそうです。

でも、誰だって最初から完成しているわけではありません。トヨタやパナソニック、ソニーという会社だって最初は零細企業でした。

今回は米空軍の基礎訓練のご紹介、街にいたあの人が空軍兵士になるまでの物語です。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


スポンサーリンク



※この動画は United States Air Force さんの投稿です。ありがとうございます!


米空軍の基礎訓練の様子です。(動画の時間は31分32秒)

着隊から、約2ヶ月半の訓練を受けて空軍兵士としての仕事に就くまでの日常を描いています。

最初の方には自衛隊の人にもお馴染みな光景、そうです、いろいろな服装でいろいろな髪型、いろいろな持ち物を持った入隊者がバスから降りてきます。

降りてきた先にいるのは鬼軍曹! じゃなくて「優しい」教官です。部隊に到着早々、急かされて整列、そして居室に入っていきます。

そして散髪をしたり、訓練や生活に必要な品物を基地内の売店で買ったりと、これもまた自衛隊でもよく見る光景が登場します。

10分ころからは訓練開始、生活上の指導やベッドメイクが見られます。13分ころには銃の分解結合が行われ、格闘など戦闘系の訓練も見られます。

視点としては訓練生と教官、そして基地内での訓練や生活という日常を撮影し続けています。

途中には教官と訓練生、訓練生同士の意見交換もあります。生まれたところも育ち方も、意見も思想も違う人達が一箇所に集まって、仕事も生活もずっと同じくしているのですから衝突は当然です。

21分ころからは射撃訓練や格闘、負傷者の救護に催涙ガスの体験が登場します。

そして24分には訓練生にとって待ちに待った!修了式です。

その後は部隊への着任準備が始まり、配属先へ赴任していくという様子でした。

意見交換の大切さ


米空軍での基礎訓練の様子でした。

途中の意見交換の様子、意外に写った方もいるかもしれません。お互いに意見を言い合って、人によっては涙したり、興奮したり、怒ったりですから。

世間的には軍隊というと…

問答無用で意見交換なんて不要!

しかめっ面の鉄面皮!

四角四面の規則ガチガチ!

みたいなイメージで語られがちですが、意見交換は重要です。組織の仕事をするために、意見の違いは当然として、それを踏まえたうえで仕事の目的で一致するためにお互いの思いを吐き出させることは大切ですね。(別にお酒を使わなくてもできることです。酒席での話は実現することはほぼありません、大半の人は覚えていません)

なにせ軍隊の仕事である作戦行動では自分の命も仲間の命もかかっているわけですから。

軍隊での訓練は厳しく、場合によっては怒声が飛び交うものです。これは事実です。

基礎訓練自体は仲間の安全、部隊の安全を守るために、その時点では失敗の少ないであろう方法を学ばさせるためのものです。より大きく言えば現場でのひとりの兵士の判断が軍全体の作戦行動の成功と失敗につながりかねないからこそ、真剣に教育している訳です。

意見交換の時の様子でも見て取れますが、最後はジョークと笑顔で解散しています。厳しさと優しさの両面で教育していくことが大切ということですね。

違う人達が一箇所に集まって訓練をしたり、生活したりしているのですからぶつかるのは当然のこと、そうであっても目的のために一致するということは並大抵のことではないと思います。その点は会社も同じです。

人間である以上は美しいところも醜いところも両面あって生きています。善意のチャリティや寄付をし続けながら、隣家との境界争いで枝を切りあって、陰口を叩き合うのが人間です。

4月から自衛隊に入られる皆さんへ


4月に自衛隊に入隊し、訓練を受けられるみなさんにとっては不安と期待が入り混じっていると思います。

自衛隊に入ったら航空機整備の仕事がしたい!

はやく昇任してえらくなりたい!

自分が自由に使えるお金(給料)がほしい!

訓練についていけるか不安…

体力に自信がない…

自衛隊の勉強について行けるか心配…

期待も不安もあって当然、それも含めてご自身の特長です。安心してください(^o^)

最初から自衛隊の訓練や行動の作法、しきたりを含めて全部できる人なんていません。みんな初めてです。

※この動画は 陸上自衛隊 広報チャンネル さんの投稿です。ありがとうございます!


こちらは航空自衛隊の教育隊のお話です。ある方の入隊から卒業までを描きます。内容について私が書いてしまうとネタバレ気味になるので、ご自身で判断され、お考えください。

米空軍の訓練生と同じだったり、違っていたりといろいろとあると思います。

ひとついえること、それは教育隊で知り合った同期や班長とはずっと「仲間」ということです。地元以上の「仲間」と出会えることは事実です。

自衛官という職業を選択され、自衛隊に入隊される皆さんの健康と幸福を本当に願っています∠(^o^)敬礼!

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 日米の軍隊の基礎訓練はだいたい同じようです。

  • 教育隊は違う人達が一箇所に集まって訓練・生活する場所です。

  • お互いに違っているのは当然です。


【関連リンク(註)】
・【自衛隊×入隊】教育隊に行こう!−入隊前に知っておきたい自衛隊のこと その1
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/391266963.html

教育隊の訓練や生活について書きました。

・【航空自衛隊×教育隊】教育隊に行くと確実に変わること−生活・制限・仲間・水虫
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/416321753.html
教育隊で変わること、生活自体が確実に変わります。

・【航空自衛隊×教育隊】教育隊期間中に会う人たち
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/416910118.html

教育隊ではいろいろな方と出会います。

・【陸海空自衛隊】こんなはずじゃなかった … 自衛隊を辞めたいと思ったときのサプリ
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/419389649.html

入隊したあと、こんなはずじゃなかった…と思った時、読んでみてください。

スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433100360

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ