【自衛隊×各国軍×音楽隊】太鼓×洋楽器×旗=和洋折衷な演奏♪ 自衛隊音楽まつり2015 空自編


航空自衛隊。

日本の自衛隊で空の防衛を仕事にしています。自衛隊の中では、どこか日本っぽくないと思われ、アメリカナイズな印象の組織です。

そんな航空自衛隊ですが、自衛隊音楽まつりでは和洋折衷の演奏を披露してくれました。

※この記事は自衛隊の音楽隊や各国の軍楽隊の演奏を楽しむ!という趣旨のものです。「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。音楽を楽しんでいただければうれしいです(^^)

-------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
-------------------------------------------------------------------


※この動画は 陸上自衛隊 広報チャンネル さんの投稿です。ありがとうございます!


日時:平成27年(2015年)11月13日〜15日
場所:日本武道館(東京都千代田区)
演奏:芦屋祇園太鼓・入間修武太鼓・航空中央音楽隊
曲名:いろいろ
動画の時間:9分15秒

芦屋基地の芦屋祇園太鼓の皆さんの演奏から始まります。次は入間基地の修武太鼓の演奏となり、航空中央音楽隊の登場です。

宇宙兄弟のテーマから、ジュピターの演奏。その際には洋楽器と和太鼓がコラボします。

音楽隊の洋楽器と太鼓チームの和太鼓、そして旗による演技が魅せてくれて、9分の動画もあっという間に!という感じです(^o^)

この動画に登場する旗を持った方々は、カラード隊の皆さんです。カラード隊は旗やライフルなどで演奏をより視覚的に動的に表現する役割があります。

正式にはカラーガード、そのカラーとはもともとは軍旗や国旗を意味するそうです。そういう意味では陸上自衛隊隊の第302保安警務中隊もカラーガード(儀式で国旗や軍旗を示す)のひとつです。

※この動画は 石川貴善 さんの投稿です。ありがとうございます!


動画の時間:2分37秒

宇宙兄弟や木星(ジュピター)の演奏がありましたが、やはり今年の航空自衛隊の「顔」といえば油井亀美也さんです。もともとは航空自衛隊のテストパイロットとして仕事をされていた油井亀美也さんが自衛隊音楽まつりにメッセージを寄せてくれました。

宇宙から見れば地球はひとつ、国境線は見えません。

というメッセージは印象的です。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【音楽隊(軍楽隊)って何?-軍隊と音楽と必要性】

軍楽隊(音楽隊)とは、音楽の演奏を専門にしている部隊です。

軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。軍隊で音楽が必要とされるわけは…

  • 集団での行動をしやくする。(音楽に合わせると歩調を合わせやすい)

  • 戦場での通信手段として使用される。

  • 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。

  • 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません)


というもの。軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。

【関連リンク】
・陸上自衛隊:自衛隊音楽まつり
http://www.mod.go.jp/gsdf/event/music_festival/

・陸上自衛隊:自衛隊音楽まつり:平成26年度自衛隊音楽まつり
http://www.mod.go.jp/gsdf/event/music_festival/music_festival_27.html

【自衛隊の音楽隊が奏でる名曲のご紹介】
ジャケットの方は三宅由佳莉さん、海上自衛隊の東京音楽隊に所属する自衛官です。祈りやアメイジング・グレイスなどの名曲が収録されています。

陸上自衛隊の中央音楽隊がジブリのナウシカなどの曲を演奏します。

白雪姫やスーパーマン、ロッキーなどの映画音楽を航空自衛隊の音楽隊が演奏します。

こちらは航空自衛隊音楽隊の日常を描いています。音楽隊の日常+軽めのミステリですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック