【航空自衛隊×職種 #67】パイロット(飛行)ー空の上の最前線で戦う人たち


大空。

自由で何者にもとらわれないイメージです。その大空を飛行機という乗り物に乗って飛ぶ人たちがいます。

今回は「航空自衛隊で仕事してんの?パイロットでしょ!」と言われるくらい航空自衛隊の代名詞的なお仕事、パイロットです。

-----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------


※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらこういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

に書いています。よろしかったら(^_^)

パイロットとは?


航空自衛隊の仕事の最前線に立つパイロットとは…

特技名:飛行

職域名:飛行

働く場所:三沢、入間、小牧、芦屋、春日、那覇など飛行機のある基地

所属部隊:各地の航空団や救難隊、輸送航空隊、空輸ヘリ隊、飛行点検隊など飛行機を運用する部隊

主な仕事:

1 航空自衛隊が保有する飛行機やヘリを操縦すること。
2 教官としてパイロットを養成すること。
3 地上から飛行しているパイロットを支援すること。etc…

というお仕事です。航空自衛隊のお仕事の道具、飛行機やヘリを操縦して、日本の空を守っているのがパイロットです。

パイロット×飛行機・ヘリー空自のお仕事のために


航空自衛隊のパイロットは、航空自衛隊が保有している飛行機やヘリコプターを操縦しています。それは航空自衛隊のお仕事をするためです。航空自衛隊のお仕事、それは…

日本の空を守ること

です。自衛隊自体が日本の国を軍事的に防衛することですが、航空自衛隊はその日本の中でも「日本の空」(領空)を軍事的に防衛するための組織です。

航空自衛隊は日本の空を軍事的に防衛するために、普段からいろいろな兵器を取り揃えているわけですが、その中のメインが飛行機やヘリなど空飛ぶ乗り物です。その乗り物を操縦しているのがパイロットです。

飛行機やヘリは操縦されて意味を持つもの。ただあるだけでは金属と機械のかたまりにすぎませんが、パイロットが操縦することによって航空自衛隊のお仕事の役割が与えられて意味を持ちます。

パイロットは飛行機やヘリという道具に仕事の意味を与える人です。

飛行機の使い方


航空自衛隊というとたぶんこういうイメージです。

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうございます!


大空を高速で飛び回り、戦う戦闘機というイメージが強いです。

※こちらの戦闘機は新田原基地(宮崎県)に駐留する飛行教導隊のものです。戦闘機パイロットの先生たちです。

確かに戦闘機は目立つし、航空自衛隊のお仕事の一つに合致しますが、航空自衛隊の飛行機はこれだけではありません。多くの飛行機やヘリが航空自衛隊のお仕事を支えています。

パイロットはさまざまな目的で活用されている飛行機やヘリを操縦して航空自衛隊のお仕事を支えています。航空自衛隊の飛行機やヘリを使い方で分類してみると以下のとおりです。

1 戦闘機:侵入してきた相手方航空機との戦闘(F-15やF−2など)
2 偵察機:相手方部隊の動きや状況を把握するための偵察する(RF-4E)
3 輸送機:空から隊員や物資を輸送する(C-1、C-130,YS-11)
4 警戒機:上空から所属不明機の監視をしたり、スクランブル対応の指揮などをする(E-2C、E-767)

5 政府専用機:政府要人らの輸送を担当する(B-767)
6 曲技飛行機:国民への広報のためのアクロバット飛行をする(T−4)
7 多用途支援機:移動などいろいろな用途で使用する(U-4)
8 救難捜索機:高速で飛んでいって救助者を広範囲で捜索する(U-125)
9 輸送ヘリ:航空輸送をするヘリコプター
10 救難ヘリ:助けを必要とする人を救助するためのヘリコプター
11 練習機:飛行機を操縦するための最初の練習をする
12 点検機:飛行場にある航空管制装置の点検をする
13 給油機:空中で戦闘機などに給油して滞空時間を延長する

など、飛行機には多くの使い道があります。(上記の分類は、管理人の方でわかりやすさを優先して便宜的に分類しています)

これらの飛行機やヘリを操る人たちがパイロットです。

パイロットの普段のお仕事


航空自衛隊のお仕事のために飛行機やヘリを操縦しているパイロットです。パイロットの普段のお仕事は大きく見て2つあります。それは…

飛行訓練と実働任務

です。飛行訓練は搭乗している飛行機を上手に操縦して、その性能を最大限に引き出すために実際に飛ぶ訓練です。実働任務はスクランブルや航空輸送、救難捜索など、日常の中の実際の航空自衛隊の作戦行動のことです。

学校の部活で例えれば、航空自衛隊のパイロット(も含めてそれを支える多くの隊員も)は毎日練習していて、同時に、毎日本番の試合をしているようなものです。

※スクランブル
スクランブルとは、航空自衛隊がしている作戦のひとつで、日本の空(領空)に近づいていたり、入ったりした所属不明機を追い払ったり、攻撃したりする作戦のことです。

このスクランブルは平成26年度(2014年4月から2015年3月末)で943回、1日平均で3回も行われている作戦です。

平成26年度(2014年4月から2015年3月)のスクランブルは前年比で133回の増加、昭和33年に航空自衛隊によるスクランブルが行われて以来、2番目の多さです。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

・平成26年度の緊急発進実施状況について
http://www.mod.go.jp/js/Press/press2015/press_pdf/p20150415_01.pdf

パイロットに必要なこと-なるには?


毎日練習、毎日本番の試合をしているパイロットです。そのお仕事は大変です。そんなパイロットを支えるのは…

体力 気力、冷静さ、判断力、学習能力

です。

体力は必要です。パイロットは24時間365日の仕事であること、空に上がれば首や腰に大きなダメージをうけることから体力があることは必要不可欠です。また普段からの体力維持ができることも必要です。

次は気力です。へこたれない気持ちは必要です。上空でいろいろなことを判断しながら、動き続ける相手方航空機や気象状況と立ち向かわなければいけないパイロットです。すぐに気持ちが萎えては立ち向かえません。

そして冷静さです。空に上がれば基本的にはひとりで判断を求められるパイロットです。複数のクルーで運航していても最終判断の権限はパイロットにあります。冷静でないとさまざまな情報や状況に溺れて見通しができなくなります。

判断力も必要です。上空の世界はつぎつぎと状況が変わっていき、その変化の速度も高速です。そのためつぎつぎと判断を下していく必要があります。地上からの情報提供などもありますが、最終的に目の前の現場で行動するのはパイロットです。

最後に学習能力です。パイロットの判断能力や飛行技術を支える基礎です。パイロットは多くのことを学ぶ必要があります。操縦する機体の特性や性能、飛行前の機体の外部点検の方法、飛行前のブリーフィングで示される飛行情報や気象情報の理解、飛行技術など多くのことを学習して実践する必要があります。

空自の代表選手×サポーター


航空自衛隊の飛行機やヘリコプターを操縦するお仕事、それがパイロットです。

航空自衛隊の仕事の代表みたいな職種です。

ただ、パイロットが飛ぶためには多くの隊員のサポートが絶対に必要になります。飛行機が飛び立つには整備が必要だし、燃料もいる、飛行場の管理も必要で、ご飯を食べる必要もあるからです。

パイロットと多くの職種のサポートで成り立つ航空自衛隊のお仕事、どちらを欠いても成り立ちません。

航空自衛隊の仕事の最前線に立つパイロット、大空という障壁のない、アクセス容易な空間で日本を守る壁となる人たちです。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は SankeiNews さんの投稿です。ありがとうございます!

輸送機です。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 航空自衛隊の飛行機やヘリを操縦しているのがパイロットです。

  • 上空で「戦う」人たちです。

  • 航空自衛隊にはいろいろな用途の飛行機やヘリがあります。

  • 精神的にも体力的にもきついお仕事です。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・主要装備|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/

航空自衛隊が保有している飛行機などが見られます。

・千歳基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/chitose/

航空自衛隊の基地で、北の空を守る基地です。

・那覇基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/naha/

南の空を守る基地です。

・航空自衛隊小牧基地 
http://www.mod.go.jp/asdf/komaki/index.html

・航空自衛隊入間基地
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/

・第3輸送航空隊
http://www.mod.go.jp/asdf/miho/butai_3yukuutai.html

輸送機を運航している輸送航空隊は小牧・入間・美保の各基地にあります。

・航空自衛隊 航空救難団
http://www.mod.go.jp/asdf/arw/

航空救難団はヘリを動かしている救難隊や空輸隊を持っています。

・パイロット|隊員インタビュー|スペシャルコンテンツ|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/special/interview/01/

・軍用機数、上位にアジア各国 自衛隊は5位 密度高い極東地域 | 乗りものニュース
http://trafficnews.jp/post/47488/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック