【航空自衛隊×職種 #62】航空機整備員−列線のコンダクター


航空自衛隊。

日本の空を守るために働いている組織です。

そんな航空自衛隊は大きく分けて「飛ぶもの」と「操縦する人」と「飛ぶと操縦を支える人」にわけられます。

今回は、上記の3つを列線という空間でまとめる指揮者(コンダクター)、航空機整備員のお仕事です。

-----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------


※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらこういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

に書いています。よろしかったら(^_^)

航空機整備員とは?


航空自衛隊の飛行機の整備点検をしている航空機整備員とは…

特技名:航空機整備員(こうくうきせいびいん)

職域名:航空機整備(こうくうきせいび)

学ぶ所:第1術科学校(浜松基地・静岡県浜松市)

働く場所:千歳、三沢、入間、浜松、美保、防府、築城、那覇など飛行機のある基地

所属部隊:各地の航空団や飛行隊など

主な仕事:

1 航空機の検査や修理を支援すること。
2 飛行機を作動させるための燃料補給などの支援作業を手助けすること。
3 飛行機のけん引や試運転をすること。
2 スクランブル発進を支援すること。etc…

取れる(かもしれない)資格:航空整備士・危険物取扱者・高圧ガス製造保安責任者・大型自動車

というお仕事です。航空自衛隊の飛行機を整備して、航空自衛隊の作戦を実行するときの手助けをしている人たち、それが航空機整備員です。

航空自衛隊の3要素ー飛ぶ×操縦×支援


日本の空の軍事的な防衛を担当しているのが航空自衛隊です。航空自衛隊を大きく分けると3つの要素に分かれます。

・戦闘機や偵察機、輸送機、そしてミサイルやヘリコプターなどの「飛ぶ道具」
・パイロットや高射操作員など飛ぶ道具を「操縦する人」
・整備員や管制官など飛ぶ道具と操縦する人を手助けする「飛ぶと操縦を支える人」

という3要素です。それぞれにその分野の専門家がいて3要素を維持しています。

航空機整備員はこれらの3要素を「列線」(れっせん。飛行機が待機している場所の通称。飛行機が列をなして待機していることから名付けられた。この場所で飛行機は飛行前に点検を受けて、飛び立っていく)でつなぐお仕事です。

航空機整備員の具体的なお仕事


航空自衛隊の3要素を列線でつないでいる航空機整備員です。そのお仕事を具体的にみてみましょう。航空機整備員のお仕事は・・・

・飛行機の飛行前後の点検
・一定の飛行時間を迎えて飛行機の定期点検
・飛行機を飛ばすためのいろいろな支援作業
・スクランブル発進の支援

です。

まずは飛行機の点検

これは飛行機を必要なときに安全に飛ばすために飛行機の状態を最善にしておく作業です。この点検には、日常的な飛行のための点検(列線ではこの点検が行われます)と一定の飛行時間や飛行回数を迎えた飛行機を点検する定期的な点検(人間で言えば年に一回の健診です)があります。

次に飛行機を飛ばすためのいろいろな支援作業です。

飛行機はそれ自体があれば飛べる!というものではありません。飛行機を動かすためにはパイロットが乗り込むことが必要になります。パイロットが乗り込むためにはラダーという昇降用のハシゴを取り外しをする必要があります。また、パイロットが着用するいろいろな装具の着用の手伝いをします。

そして肝心の飛行機を動かすために、電源車から電気を供給(飛行機は電源を切ると発電機も止まります。そのため最初の起動のために電気を供給する必要があります)したりします。

細かいことかもしれませんが、航空自衛隊の飛行機が発進するということは1分1秒をあらそう事態が起きているということです。パイロットが少しでも飛ぶことに集中できるようにすることは重要です。

最後のスクランブル発進です。これは航空自衛隊の日常の中での作戦、航空機整備員の仕事の中でも大きなものです。

スクランブル!ー飛ぶ×操縦×支援を具体的に見てみる。


スクランブルとは、航空自衛隊がしている作戦のひとつで、日本の空(領空)に近づいていたり、入ったりした所属不明機を追い払ったり、攻撃したりする作戦のことです。

このスクランブルは平成26年度(2014年4月から2015年3月末)で943回、1日平均で3回も行われている作戦です。

スクランブルを見ると、航空自衛隊の3要素をつないでいる航空機整備員の役割がよく見えます。

飛ぶ道具  : 戦闘機
操縦する人 : パイロット
支援する人 :

スクランブル発進自体を支援する人 航空機整備員
戦闘機搭載の武器弾薬を整備する人 武器弾薬員
武器弾薬をうまく命中させる人   火器管制装置整備員
戦闘機のエンジンを整備している人 エンジン整備員
戦闘機への給油をしている人    燃料員
戦闘機の無線を整備する人     機上電子整備員
戦闘機の電気系統を整備する人   電気整備員
戦闘機の油圧系統を整備する人   油圧整備員
戦闘機を離発着させる人      管制員
戦闘機の事故に備える人      消防員

など、さまざまな職種の隊員がそれぞれの仕事をしています。航空自衛隊の仕事は列線という場所に集約されているといえます。

スクランブルという集大成を行う列線でのコンダクター、それが航空機整備員です。

※平成26年度のスクランブルは前年比で133回の増加、昭和33年に航空自衛隊によるスクランブルが行われて以来、2番目の多さです。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

・平成26年度の緊急発進実施状況について
http://www.mod.go.jp/js/Press/press2015/press_pdf/p20150415_01.pdf

航空機整備員に必要なこと-なるには?


航空自衛隊の3要素を繋いで、列線という場所で集約する航空機整備員です。そのお仕事を支えているのは…

空機への強い関心、学習、注意力にチームワーク、遵法精神です。

飛行機自体が機械の塊、機械が好きでないと難しい職種です。

また、その点検作業もしっかり定められていて、整備マニュアルも膨大になります。そのため学習に取り組める人でないとなかなか務まりません。

そして注意力も必要です、そうでないと飛行機の欠陥に気がつくことができません。飛行前の点検では「セーフティピン」の取り外しが重要です。このピンはパイロットに危険が及んだ時の緊急脱出装置が地上にいる時には作動しないようにしておくピンです。

このピンがあると上空でも安全装置が作動しません。そのため、飛行前にはすべて取り外す必要があります。注意力欠如ですと、これらの作業は難しいと思います。

チームワーク。飛行機は多くの職種で整備されています。航空機整備員はAPG(AirPlane General)といって総合的な整備を担当し、電気や火器管制、エンジンなどの専門の整備員とともに働きますから、チームワークを心がけることは必要です。

遵法精神、これは規則や手順を守ることです。航空機の整備はマニュアルで決められています。その整備方法は過去の事故の教訓を経て組み立てられているものです。将来の状況はわかりませんが、過去の教訓を活かすことも必要です。

飛ぶ×操縦×支援の3つをつなぐ人


航空自衛隊のいろいろな航空機の整備を担当している航空機整備員でした。

航空機整備員は航空機の整備の他にも、パイロットや専門整備員を支援しながら列線をうまく調整しています。

それはオーケストラの指揮者(コンダクター)のように、それぞれ特徴のある楽器と演奏者をうまく橋渡しして、音楽として調和させることと似ています。

航空機整備員は、パイロットと支援する人たちをうまく橋渡しをして、スクランブルなどの作戦という形で調和させているからです。

列線のコンダクターである航空機整備員、とても大切なお仕事ですね。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は  prior さんの投稿です。ありがとうございます!


百里基地航空祭で披露されたデモスクランブル発進(模擬スクランブル)です。電源投入、装備をパイロットに手渡したり、ラダーを取り外したりしています。その後に機体の動作点検をしています。

航空機整備員は「機付長」という役割があります。機付長はその飛行機の整備全般の責任者というお仕事、航空機整備員にとってはひとつの飛行機が「愛機」になります。ちなみにパイロットには愛機はありません。順番に回ってくる機体に乗ります。

※この動画は 廣沼エアーワン さんの投稿です。ありがとうございます!


飛び立つと所属不明機に向かって飛んでいきます。これはデモスクランブルだから手を振っているだけです。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 航空自衛隊の飛行機の整備をしているのが航空機整備員です。

  • 整備の他にもスクランブル支援などの仕事をしています。

  • 航空機整備員は列線で航空自衛隊の力を集約します。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・百里基地 -HYAKURI AIR BASE- | [JASDF]航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/hyakuri/

東京など首都圏上空の防空を担当しているのが百里基地です。

・航空総隊 主要装備
http://www.mod.go.jp/asdf/adc/syuyousoubihin/butaisyoukai-.html

航空総隊のいろいろな飛行機が見られます。航空総隊は日本の航空作戦の総司令部みたいなところです。

・JAL - 航空豆知識
https://www.jal.co.jp/entertainment/knowledge/agora20.html

旅客機の整備の仕方が書かれています

・株式会社JALエンジニアリング
http://www.jalec.co.jp/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック