【航空自衛隊×職種 #60】電気整備員ーエレキテルを制御する人たち


飛行機。

人類が20世紀に実用化した便利な乗り物です。この乗り物をぐるぐると巡っているあるものがあります。

それは電気(Elektel)です。パックマン並みに動き回っています。

今回は、飛行機の神経系といえる電気の流れを整備している電気整備員のお仕事です。

-----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------


※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらこういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

に書いています。よろしかったら(^_^)

電気整備員とは?


航空自衛隊の飛行機を動かすための電気系統を整備している電気整備員とは…

特技名:電気整備員(でんきせいびいん)

職域名:航空機装備品整備(こうくうきそうびひんせいび)

学ぶ所:第1術科学校(浜松基地・静岡県浜松市)

働く場所:航空自衛隊の飛行機のある基地

主な仕事:

1 航空機の発電機の点検や整備をすること。
2 電気系統や照明系統の点検や整備をすること。
3 電気配線の点検や整備をすること。
4 上記のものが故障した場合に修理したり、故障原因を究明すること 。etc…

取れる(かもしれない)資格:電気工事士・電気主任技術者など

というお仕事です。飛行機の電気の神経を点検整備しているのが電気整備員です。

飛行機と電気ー電気は飛行機を動かす


飛行機は電気で動いています。

コクピット内のいろいろな計器類、機体の内外の照明、操縦系統を動かすための装置などいろいろなところに電気を配って、電気で動いています。

いわば電気は飛行機のエレキテルな神経、電気信号でいろいろな装置を動かします。

飛行機の離発着時によく聞かれる「電子機器のご使用はお控えください」という言葉は、飛行機内の電気系統を伝ってコンピューターに間違った信号を送られて、操縦が難しくなることを避けるための予防策です。

飛行機にとっての電気系統、それほど重要度が高いとうことです。

飛行機は自家発電機


飛行機というと飛ぶイメージが強いです。そのためどうやって動いている?油?となりがちですが、飛行機自体が「動く」のは基本的には電気の力です。電気の力によって飛行機の機体も頭脳(コンピューター)も動きます。

では肝心の電気はどこから持ってきているのでしょうか?

見出し自体がネタバレですが、飛行機は電気を自家発電しています。自家発電することで計器や航法装置などの操縦に必要な装置を動かしています。

飛行機の電気には交流(AC)と直流(DC)という2つの電気が使われていて、それぞれに装置自体を作動させるため、作動させた装置を制御するために使用されています。

作られた電気は操縦などに使用されますが、飛行機についているいろいろな照明を点灯するためにも使われます。飛行機についている照明は着陸灯や着氷監視灯など飛行機が安全に飛ぶために必要な灯りです。

電気整備員に必要なこと-なるには?


航空自衛隊の飛行機の電気系統の整備点検をしている電気整備員のお仕事です。その電気整備員に向いている人はどういう人でしょうか?それは・・・

忍耐力と責任感

のある方です。航空自衛隊の飛行機は24時間365日の仕事のために待機し、必要なときには飛び立てるようになっています。その整備も昼夜を問わない整備となることがあるため、体力的にも精神的にもきついですが、ぐっと我慢して仕事をする必要があります。また、航空自衛隊の作戦で使用される飛行機を整備しているという責任感も必要です。

飛行機の神経科医


飛行機を動かす電気系統の点検や整備を担当している電気整備員です。

そのお仕事は航空自衛隊の仕事、日本の空を軍事的に防衛すること、国際貢献などで必要なときにすぐに飛び立てること、という24時間365日のお仕事の成否に直結しています。電気系統がうまくないと飛行機自体が動けませんから。

飛行機が必要な電気を作り出す発電機や電気を流す配線など、飛行機の電気の流れを見る重要なお仕事ですね。

飛行機という一見イカツイけれど、繊細な神経の持ち主(飛行機の電気系統は電気に弱めです)の神経科医、それが電気整備員です。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は Tonkatsu298 さんの投稿です。ありがとうございます!


岐阜基地での夜間飛行訓練の様子です。けっこう光っています。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 飛行機の電気系統の整備や点検をしているのが電気整備員です。

  • 電気整備員は飛行機の神経科医です。

  • 飛行機は電気の力で動いています。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・岐阜基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/gifu/

・航空機の頭脳と神経を司る!三菱重工電気技術者の活躍|【Tech総研】
http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001457

・JIS W 7001:1991 航空宇宙−航空機電気系統の特性
http://kikakurui.com/w/W7001-1991-01.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック