【航空自衛隊×職種 #58】計器整備員ー飛行機の見える化を担う人たち


見える化(可視化)。

見えるようにすることですが、人間の外界からの情報入手の8割が目ですから、見えることはとっても大事です。

今回はパイロットが飛行機の状況を見えるようにしている人たち、計器整備員のお仕事です。

-----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------


※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらこういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

に書いています。よろしかったら(^_^)

計器整備員とは?


航空自衛隊の飛行機を見えるようにしている計器整備員とは…

特技名:計器整備員(けいきせいびいん)

職域名:航空機装備品整備(こうくうきそうびひんせいび)

学ぶ所:第1術科学校(浜松基地・静岡県浜松市)

働く場所:千歳、松島、入間、美保、新田原、那覇などの飛行機のある基地

主な仕事:

1 航空機に搭載されている計器類の点検整備をすること。
2 計器類が故障した場合の修理や原因の究明を行うこと。etc…

取れる(かもしれない)資格:危険物取扱者、高圧ガス製造保安責任者など。

というお仕事です。飛行機についているいろいろな計器類は飛行機とパイロットをつなぐ接点、その計器類の整備や点検、故障の修理などをしているのが計器整備員です。


飛行機は生命維持装置ー見えることで維持できるもの


飛行機が見えること、これって大事です。

見える?当たり前じゃない?ステルス性能のこと(・_・)

と思われる方はなかなかの通です。今回の見えること、それは飛行機の状態が操縦しているパイロットに見えること!という意味です。

飛行機は大空を自在に飛べる機械ですが、人間側から見れば、飛行機は大空という広大で危険な空間に浮かぶ小さな生命維持装置です。上空は気温は低いし、空気も薄い、人間にとっては危険極まりない空間で、ほんとに小さな操縦席というスペースだけで人は生命を維持している訳ですから。

そんな空間にいる飛行機とパイロットが安全に飛ぶ方法、それは飛行機の状態を知ることです。飛行機の状態が良好か危険かを知ることは、飛行機という生命維持装置の維持には不可欠です。

飛行機の状態をパイロットが知る道具、それが飛行機に搭載されている計器類です。

パイロットにとって飛行機の状態を知る道具な計器類の整備点検のお仕事をしているのが計器整備員です。

計器類とは?


飛行機に搭載されている計器とは、飛行機の速度や傾斜、方位などを表示してパイロットに必要な情報を知らせるものです。具体的には速度計や高度計、方位計や傾斜計など、飛行機の動きを具体的な数値としてパイロットに伝えるメーターです。

この計器がないと、パイロットは自身の経験や判断のみ(それはそれで強みですが、経験の罠もあります)で飛行機を操縦することになってしまいます。

先程も書いたように、飛行機は大空という危険な空間に漂う小さな生命維持装置、判断の遅れやミスは命取りです。

計器整備員に必要なこと-なるには?


飛行機の現在の状態を知らせる計器類の整備などを仕事にしている計器整備員です。そのお仕事を支えるのは・・・

飛行機に対する関心と興味、責任感

です。飛行機という生命維持装置の健康状態を数値で知らせる唯一の手段、それが計器ですから、その不具合は飛行機の安全飛行に直結しています。飛行機に興味のない方は難しいです。

人と機械をつなぐものー安全に飛ぶために


飛行機の健康状態を知るためのメーター、計器類の整備点検などを担当している計器整備員でした。

航空自衛隊の飛行機は、日本の空を軍事的に防衛するためのものです。仕事としては常に危険性が伴う(攻撃による撃墜や事故による墜落など)ものですが、一方では安全に飛ぶことも求められます。

安全に飛んで危険な仕事をこなしてこそ、航空自衛隊の飛行機といえます。

そんな飛行機の中で飛行機とパイロットをつなぐ接点が計器類です。見えること、数値で示されることで操縦するパイロットの心理的・物理的な負担を少なくすること(逆に働くこともあります。例えば計器類を信用できなくなり空間識失調に陥ることも)ができるようになります。

安全に飛んで危険な仕事をこなす航空自衛隊の飛行機とパイロットをつなぐこと、それが計器整備員のお仕事です。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうございます!


コックピットの計器類が見られます。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 飛行機の中にある計器類の整備点検を担当しているのが計器整備員です。

  • 飛行機は危険な大空に浮かぶ小さな生命維持装置です。

  • 生命維持装置の今の状態を知るための道具が計器です。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・那覇基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/naha/

南の空を守っている基地です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック