【航空自衛隊×職種 #55】情報員ー秘密の人たち?


情報。

この言葉、いろいろなメディアで取り上げられます。株式情報に年金情報、生活情報に健康情報、エンタメ情報とありとあらゆるところにあります。まったく目にしない日はないくらいですね。

この「情報」というものを航空自衛隊で扱っている人たちがいます。

今回は航空自衛隊の情報員のお仕事です。

-----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------------------


※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらこういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

に書いています。よろしかったら(^_^)

情報員とは?


航空自衛隊の情報活動を担当する情報員とは…

特技名:情報員(じょうほういん)

職域名:情報(じょうほう)

学ぶ所:第4術科学校(熊谷基地・埼玉県熊谷市)

働く場所:市ヶ谷基地や、横田基地、熊谷基地など全国各地の基地

所属部隊:情報本部や作戦情報隊などの情報収集部隊

主な仕事:

1 外国の航空機やミサイルなど関する情報を収集すること。
2 集めた情報を分析すること。etc…

取れる(かもしれない)資格:大型自動車免許

というお仕事です。航空自衛隊の作戦の先にいく情報活動を仕事にしているのが情報員です。

嘘とホントの間ー情報


航空自衛隊の情報員が取り扱っているのは外国軍の航空機など飛ぶものの情報です。

この情報という言葉、とっても広い範囲の言葉ではっきりとした意味もありません

かんたんに定義すれば、ホントか嘘かはわからないけれど、将来の出来事に関する可能性ということかと思います。

情報はあくまでも可能性の出来事の影です。その影の価値は現場ですでに起こったこと、起こっていることを「情報」という形で表現して、将来的な可能性を推測することかと思います。

影も形もあるけれど(情報という形だけれど、影だけれど)、将来の可能性を扱うお仕事、それが情報員のお仕事です。

専守防衛だからこそ


情報活動というと、どちらかと言えば後ろ暗いイメージがもたれる活動です。一般的にある「正々堂々と真っ白な気持ちでお互いに対等に戦う!(*^^*)」という気持ちから見れば、確かに後ろ暗いものかもしれません。

相手のことを不完全ながらも知って、一応の対策をたて、相手の強みを弱点に変えるようにしていく訳ですから、正々堂々を好む傾向の正反対の面はあります。

でも日本は専守防衛という考えで軍事的防衛をする国ですから、相手方の動きをいち早く察知して対策を立てること何よりも重要です。

例えばボクシング。対戦相手の情報を集めることは重要ですね。繰り出すパンチの傾向や試合の流れの作り方、体力の上限など、いろいろと調べておく必要があります。

とはいっても、この情報を集めたとしても「絶対に勝てる」とは限りません。対戦相手にも意志があり、こちらの情報通りに動くとは限らないからです。

情報は対策を立てるための一応の目安、将来の可能性を推測するひとつの手段として活用されるものということです。

情報員に必要なこと-なるには?


情報という可能性のお仕事をされている情報員です。その仕事を支えているのは

語学力に探究心、そして忍耐力です。

自衛隊は外国軍を相手にする組織ですから、その相手国の軍隊の言葉を知っておく必要はあります。また外国軍を知ろうとすることも必要です。日常的には華やかさとは無縁の世界です。そのため生活上も仕事上も忍耐力が必要です。

可能性を信じる人たち


航空自衛隊の中で情報に関するお仕事をされている情報員でした。

情報とは将来の可能性で不完全なものですが、「情報」という言葉にはどうしてもある種の神話がつきまといます。

それは、情報を先に取る必要がある、情報を事前にとっておけば対応は完全なものになる、情報があれば相手の動きは絶対に読める、裏情報は決定的に重要である、などの「情報完全無欠神話」です。どれも絶対の完全性を前提にしたもの、情報本来のものではありません。(願望でしょうか)

情報は基本的には後知恵のもの、なぜなら現場で動いている状況や人の行動が、何らかのルートで後から「情報」となって来るからです。

情報はその後知恵の性格上「足りないし、間に合わないし、当てにならないもの」です。

だからといって相手のことを全く知らないで「正々堂々と…」というのも変な話ですね。ボクシングで言うならいい鴨(相手はこちらのことを調べているでしょう)です。

情報の不完全性を知りつつ、より良い将来の可能性を探るために情報提供をするお仕事、それが情報員のお仕事だと思います。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 外国軍の航空機などに関する情報を収集して分析しているのが情報員です。

  • 「情報」はとっても扱いが難しいものです。

  • より良い将来の可能性を探るお仕事です。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・防衛省情報本部
http://www.mod.go.jp/dih/

・作戦情報隊
http://www.mod.go.jp/asdf/adc/butaisyoukai/009airintelligence/airintelligence.html

・カレッジリクルータ(作戦情報隊 2尉):自衛官募集ホームページ
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/college/15_c_018.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック