【韓国空軍×BlackEagles】黒 × 白・赤・青 = BlackEagles


世界各国の軍隊のアクロバット飛行チームを紹介する「日本と世界のAcrobatTeam」!今日も大空を舞台にした航空機の演技をみていきましょう!!

今回は韓国空軍のBlack eagles(ブラックイーグルス)です。

※この記事では、航空自衛隊のブルーインパルスなど、世界各国のアクロバット飛行チームを紹介していきます。楽しく!豪快なアクロバット飛行を楽しまれてください∠(^-^)

--------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
--------------------------------------------------------------------


※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus さんの投稿です。ありがとうございます!


韓国のソウルで開催された航空祭(Seoul ADEX 2015)で披露された韓国空軍のアクロバット飛行チーム、ブラックイーグルス(Black Eagles)の演技です(動画の時間は24分59秒です)

世界各国の空軍はアクロバット飛行チームなどの広報を仕事にしている飛行部隊を持っています。日本で言うブルーインパルスと同じ仕事をしている部隊ということですね。

韓国空軍のアクロバット飛行チームは黒い鷲、Black Eaglesというニックネームです。

部隊が使用している飛行機はT-50という機体です。このT-50は韓国の航空機メーカーである韓国航空宇宙産業(KAI)が製造しました。米社ロッキード・マーティンから技術支援を受けて製造されています。そのため、2014年に中国で開催された航空祭に出演しようとしたブラックイーグルスですが、技術漏洩を懸念する米国の意向などによって出演を取りやめたということもありました。

この機体を改良して攻撃用にしたのがFA50で、フィリピン空軍が購入し、先日同国に搬入されました。アクロバット飛行チームのフライトのひとつの目的は販売促進のためのPRですから、目的は達成できたと思います。

話が遠回りしましたが肝心の演技です。機体が少し大きめ(ブルーに比べればです)ということもあり、豪快さが一面に出てくるアクロだと思います。

8機編隊のフライト、スモークも白、赤、青と色とりどりのものを使っているので鮮やかです。

7分30秒ころからは急上昇からの急降下、スモークを出しながらの散開となります。10分ころにはハートマークも見られます。

見た目にはゆったりと豪快に、そして色とりどりのスモークと欧州のアクロチームを見ているような印象ですね。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 韓国空軍のアクロバット飛行チームはブラックイーグルス(BlackEagles)です。

  • 韓国製の練習機T-50を使用しています。


【アクロバット飛行チーム?】
 飛行機を使った曲技飛行のチームです。飛行機の性能を活かしたいろいろな飛び方で見る人たちを魅了します。アクロバット飛行チームには空軍・陸軍などの軍の部隊のものと、民間団体のものがあります。一般的に軍のアクロバット飛行チームは…

1 軍の広報をすること(知ってもらうためです)
2 極限の飛行をすることで新しい操縦方法を見つけること
3 高度な飛行技術を見せることで「こいつらは手強い」と他国に考えさせること
4 空軍の士気(モラール)を維持すること
5 航空機の性能を宣伝すること

を目的にしています。

【アメリカン?ヨーロピアン?】
 アクロバット飛行チームの演技の見せ方には2つの種類があります。それはアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルです。

アメリカンスタイルは飛行機の離発着もショーとして見せるもの、日本のブルーインパルスやアメリカのサンダーバーズなどがしている方法です。

ヨーロピアンスタイルは離発着など地上部分でのショーはなく空での演技を見せるもの、イギリスのレッドアローズなど主に欧州の空軍が行っている飛び方です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック