【航空祭×入間基地】どでかい航空祭!-でっかい基地で、でかい飛行機が見られます。


航空自衛隊の入間基地。

首都・東京の間近にある航空自衛隊の航空基地です。

大きな基地だけれど普段は大きくは意識されない基地、入間基地で航空祭が行われます。

※以前にupした記事ですが、2017年(平成29年)の航空祭に合わせて、リンク先の変更、動画の追加、誤字脱字の訂正、見出しの追加などを行いました(平成29年(2017年)11月2日)

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


※この動画は kinokopack さんの投稿です。ありがとうございます!


入間基地の航空祭の華はこれだと個人的には思います。2017年航空祭の予行フライトです。

飛んでいるのはC-1(しーわん)輸送機です。輸送機というのは隊員や車両や物資などを作戦上必要な場所に素早く運ぶための飛行機です。その機体は大きめですが、スピードも早く、グイグイと飛んでいきます。


入間基地(いるまきち)

入間基地には輸送機やヘリなど戦闘を支援するための飛行機が多く配備されています。

戦闘機はないの!?(´・ω・`)

そうです、ないです。首都圏付近の防空戦闘を担当するのは入間基地ではなく、百里基地のお仕事となっています。ただ戦闘機がないからといって「航空祭楽しくない!」ということにはなりません、安心してください。(航空祭のときは他の基地から駆けつけてくれます。)


でかい!広さも規模も

入間基地は航空自衛隊の基地の中で最大規模の基地です。入間基地には多くの司令部や本部があること、輸送機などの飛行部隊があることから大きな基地となっています。

所属不明機の識別や迎撃をするための警戒管制団、パイロットの救難などを行う救難団、ミサイル迎撃などを行う高射群、飛行場が順調に機能するかを調べる飛行点検隊、防空システムの維持管理を行う作戦システム管理群などがあります。

具体的な数字で見てみると…

・直接に航空自衛隊の作戦を担当する部隊 → 6個
・作戦を支援する部隊          → 5個
・後方支援を行う補給処         → 2個
・研究開発を行う部隊          → 2個
・その他の部隊             → 3個

と合計18個の部隊が駐留し、そこに約4千3百人の隊員が仕事をしています。


ジョンソンーJohnson?

入間基地はもともとは陸軍航空士官学校として開かれた飛行場(昭和13年・1938年)で、終戦後に米軍が接収してジョンソンベースとなります。入間基地の以前のことを知る方にとってはジョンソン・ベースのほうが馴染みかもしれません。昭和29年(1954年)に航空自衛隊が発足後、昭和33(1958)年に入間基地が設置され現在に至っています。

ちなみにジョンソン・ベースという名前の由来ですが、米空軍第49戦闘群所属のジェラルド・G・ジョンソン大佐を慰霊顕彰するために付けられたようです。大佐は1945年(昭和20年)10月に東京湾上空で遭難されたそうです。

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうございます!


C-1輸送機から空挺隊員が落下傘で降下してきます。こういう航空輸送も入間基地の飛行隊の仕事のひとつです。(動画の時間は2分57秒)

・[総集編96分] 入間基地航空祭2014まとめ!!! 航空自衛隊 JASDF Iruma Airshow RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus]

https://youtu.be/BXpCALaJxTg

2014年の航空祭の様子を見て予習してみるのも楽しみかもしれません。よろしかったら(^_^)

そんな入間基地での航空祭ですが、はっきり言って激混みです。15万人から30万人前後の来場者が見込まれるため、運が悪ければ他人の頭を見るだけの航空祭になります。そのため早めに基地に向かうのがいいと思います。

[ここに地図が表示されます]


交通手段としては電車がオススメ。切符は到着したらすぐに帰りの分を購入するか(でないと駅によっては帰りのラッシュに巻き込まれます。人の流れは読めません)、遠方の方は往復切符を買うのがベストだと思います。

最寄り駅は…

・西武新宿線狭山市駅
・西武池袋線入間市駅
・西武池袋線稲荷山公園駅(臨時改札有り)

です。

特に稲荷山公園駅を利用して航空祭を見よう!という方は混雑(帰りのとき)を覚悟されてください。この駅はホーム自体が基地内にあるため、飛行場には一番近いです。そのため臨時改札も設置され飛行場にははやく行けそうですが…混み合います_| ̄|○、

なお基地内を運行する無料バスもあります。

・bus.jpg (960×720)
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/290928/images/access/images/bus.jpg

↑こちらのリンクです。

※この動画は ichinizerosan presario さんの投稿です。ありがとうございます!


帰りの混雑はこんな感じです。かえって、20分以上は歩くことになるけれど、狭山市駅や入間市駅を利用したほうが早く飛行場に入られるという方もいるようです。

歩くのがめんどくさい!のなら折りたたみ自転車を利用するのも手です。基地には、駐輪場は一定数は用意されています。

入間基地航空祭2107ではブルーインパルスのフライトが予定されています。その様子は

・77.7MHz FMチャッピー
http://fmchappy.jp/

で放送されます。基地内の様子のレポートやブルーのフライトの会場内実況が放送されますので楽しみにされてください(^o^)

さぁ!入間基地での航空祭を楽しみましょう!

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※追伸

入間基地航空祭での注意すること、けっこうありますのでこちらで書いておきます。

・入間基地航空祭では手荷物検査や身体検査が入門時に行われます。
・レジャーシートによる場所取りなども禁止されています。(一部地区はOK)
・駐車場はありません!
(裏道などに駐車しても違法駐車として取り締まられることが多いです。ガソリンスタンドによってはオイル交換をした方限定で駐車無料というサービスもあるそうです)

いろいろな注意点を守って、航空祭を楽しまれてください。大人数の来場者のため、とにかくトラブルの種はたくさんあります。「自衛」は大切です。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 入間基地で航空祭が開催されます。

  • 東京から一番近い航空自衛隊の航空基地です。

  • でかい基地に多くの隊員、そしてでかい飛行機がいます。

  • 入間基地航空祭はとにかく混雑します。


【関連リンク(註)】
・航空自衛隊入間基地
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/

当日のスケジュールなどが確認できます。ブルーインパルスも飛ぶ予定です。

・お知らせ ページ
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/290928/index.html

・お知らせ ページ(注意事項)
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/290928/images/caution/index.html

航空祭のみどころや、航空祭に関する注意事項などが書かれています。航空祭に行かれる前に確認されておくとトラブル無く、楽しく見ることができると思います。

・【一般】パンフ表web
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/290928/images/panf.pdf

入間航空祭2017のパンフレットです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック