【自衛隊×入隊】自衛隊に入る理由-いろいろあります。


自衛隊。

日本の軍事組織です。日本の防衛のための軍事行動や災害派遣、海外派遣に治安維持といろいろな仕事をしています。

いろいろな仕事をしている自衛隊に入隊する理由もいろいろです。

今回は日本の人が自衛隊に入る理由についてです。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


自衛隊入隊を希望します! → 周りの人「なんで?」


自衛隊は日本の防衛を仕事にしている組織です。陸海空自衛隊それぞれが陸上・海域・上空の活動領域で仕事をしています。仕事自体は世界的に一般的ですが、入隊する人というと、それなりにフシギに思われます。曰く…

なんでわざわざ自衛隊に入るの?

という言葉、自衛隊入隊を目指されている方にとってはよく聞かれる言葉だと思います。そうです、自衛隊も日本社会のひとつの職業、「キツイ・汚い・危険」という「3K」(かつてはこういう言葉がありました)の仕事にわざわざ就こうというのですから不思議に思われます。

それほど「自衛隊に入る理由」が知られていないのが現状、そこで日本の人が自衛隊に入る理由を具体的にみていきましょう。

自衛隊に入隊する理由


一定数の方が自衛隊に入る理由はいろいろとあります。人が自衛隊に入る理由…

1 資格がほしい
2 お金がほしい
3 就職のワンステップにしたい
4 国家防衛の仕事がしたい
5 国際貢献の仕事がしたい
6 災害派遣の仕事がしたい
7 公務員になりたい
8 自分を鍛えたい
9 他人様の役に立ちたい


とさまざまです。今回は私が狭い範囲で定点観測して見聞きした入隊する理由を取り上げていきます。一つ一つが独立して100%の理由ということもありません、大半はいろいろな理由が混ざっていると思います。

1 資格がほしい
 資格がほしいという理由です。自衛隊に入って資格をとりたい!という方もいます。資格を取るにはそれなりにお金がかかりますし、時間もかかります。だから自衛隊に入って資格取得の勉強をしながらお金を稼ぐという方法が魅力的になります。

自衛隊では資格を重要視しています。なぜなら、自衛隊の仕事自体が資格を必要としていること(危険物やボイラーなど)、自衛隊退職後の再就職のための手段であることからです。

そのため自衛隊では隊員の資格取得をサポートしています。また隊員募集でも「自衛隊に入るとこんな資格がとれますよ!」ということも書いてあります。

・【自衛隊×資格】自衛隊に入ると資格が取れる?
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/169601386.html

2 お金がほしい
 自衛隊に入ると在職期間中は基本的には給料は保証されています(懲戒処分や財政上の増減は除きます)。自衛官候補生という試験で入隊すれば2年から5年の期間で2百万から3百万円のまとまったお金を手に入れられます。

また自衛隊に定年まで在職すれば数千万円くらいの退職金は支給される可能性は高いです(今後どんどん減らされていく傾向のようですが)

そのため、それなりのお金を一回で手に入れたい、定期的な給料が欲しい(世間様で言う「安定」)という方が自衛隊に入隊してきます。

・【自衛隊×採用試験】自衛官候補生 - 自衛隊で一番多く採用されます。
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/418890934.html

3 就職のワンステップにしたい
 自衛隊をとりあえずの就職先にして、次の就職のステップアップの足がかりにする理由です。自衛隊では退職予定の隊員に対して「就職援護」というサポートを提供しています。この就職援護は退職後の生活の安定を再就職でサポートするための仕組みです。

自衛隊の看板があること、日本全国のそれなりの待遇の企業を紹介してくれること、などから自衛隊を就職の足がかりにするための方もいます。1・2の理由と合わされば強力な仕組みとなりますね。

・【自衛隊×採用試験】使わないともったいない!自衛官候補生試験の活かし方
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/420051510.html

4 国家防衛の仕事がしたい
 自衛隊の本来のお仕事を目的に入隊することです。日本の軍事防衛をしている組織は自衛隊です。自衛隊ならではで、自衛隊でしかできない仕事だからこそ、自衛隊に入るということです。

日本の自助努力で防衛する自衛隊と日米安全保障条約などの軍事同盟の相乗効果で日本の軍事的な防衛が出来ています。

5 国際貢献の仕事がしたい
 自衛隊に入って災害、紛争後の復興をサポートしたいという理由です。この赤十字やJICAなどでも国際貢献は行っていますが、自衛隊も国際貢献活動の一端を担っています。

ハリーケーンや地震で被災した外国に自衛隊部隊が派遣されて医療活動を行ったり(配置やネパール、フィリピンなど)、紛争終了後の復興支援(カンボジアや南スーダンなど)を行っています。

6 災害派遣の仕事がしたい
 陸海空自衛隊に入って災害派遣の仕事をしたいという理由です。自衛隊のお仕事は国家の軍事防衛から国際貢献に治安維持といろいろとありますが、一般的によく知られているのは災害派遣です。

災害派遣は地震や風水害など、日常的な秩序が一時的に機能停止(ということは日常のサービスも停止)したときに行われるものです。自衛隊部隊が出動することで道路を使えるようにしたり、炊き出し、お風呂の用意をしたりします。

7 公務員になりたい
 公務員志望ということです。自衛隊で働く自衛官は「特別職国家公務員」という扱いなので、入隊すれば公務員になります。

自衛隊一本に絞って志望する方もいますが、多くの場合は警察官や消防官と併願となっています。すべり止め的な意味合いもあるようです。

8 自分を鍛えたい
 自衛隊を自己鍛錬の場所として入隊する方もいます。規律や戦闘訓練、体育などで自分の心身を鍛え上げようという意思で入隊してきます。

9 他人様の役に立ちたい
 「人の役に立ちたい」という理由で自衛隊に入られる方です。

入隊理由を分けてみる


いろいろな入隊の理由があることがわかりました。これらを分類してみると

1・2・3 = 生活に根ざした理由
4・5・6 = 自衛隊の仕事に注目した理由
7    = 自衛官が公務員だからという理由
8    = 自己実現な理由
9    = 仕事一般に言われる理由

になると思います。生活していく以上はお金は大切、仕事の内容も、安定も必要ということで自衛官という職業を選択されるのが一般的なのかと思います。

理由いろいろ、いろいろでもまとまる


自衛隊に入る理由は本当にいろいろです。特定の理由だけ100%ということは珍しく、多くの場合はいろいろな理由のグラデーション状態です。

いろいろな理由で入隊してきても命令が出れば一致して行動することに自衛隊のすごさがあると思います。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 自衛隊に入隊する理由はいろいろです。

  • 生活、仕事、公務員志向、自己実現といろいろです。

  • 多くの場合は理由は混ざっています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック