【海自哨戒機×RIAT】P-1が英国の空に登場


海上自衛隊。

海上自衛隊というと軍艦というイメージですが、海上自衛隊にも哨戒機という飛行機があります。

その哨戒機が英国の航空祭に参加しました。今回はそのときのフライトのご紹介です。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

RIAT?


Royal International Air Tattoo(RIAT)は、英国で開催される世界各国の軍用機の航空祭です。世界各国の空軍などの飛行機が集まり、その飛行や性能を披露する航空祭として知られます。アクロバット飛行チームも参加して軍用機の一大展示会としての役割もあるようです。

日本のP-1が参上


そんなRIATに日本の海上自衛隊のP-1哨戒機が参加しました。

以前は航空自衛隊の空中給油機や入間基地の修武太鼓の皆さんが参加していましたが、今回は海上自衛隊の哨戒機P-1が参加しました。

P-1は日本の海上自衛隊が使っている哨戒機という飛行機で、哨戒機は潜水艦を探したり、海面を航行する船舶の監視などを行うパトロールをするための飛行機です。また、潜水艦を攻撃するための爆雷なども装備しています。

英国でのP-1


P-1の実際の映像を見てみましょう。

※この動画は Tonkatsu298 さんの投稿です。ありがとうございます!


デモフライトの映像です(動画の時間は8分50秒です)ゆっくり飛ぶこともできるようです。

日英の防衛協力


日本と英国の軍事上の協力関係は深められつつあります。英国側でこのP-1を購入候補として挙げる動きもあるそうですし、すでに両国で研究開発を行うことで合意していること(ミサイル関連、関連リンク参照)もあります。また、オーストラリアの次期潜水艦選定手続きに英国企業を参画させる動きもあります。

海上自衛隊幹部学校への英国海軍将官の訪問も行われているので、今後も日英両国の軍事上の具体的な関係は続きそうです。


以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 海上自衛隊の哨戒機が英国開催の航空祭に参加しました。

  • 海上自衛隊としては初めての参加です。

  • 英国から帰る途中にジブチに入り、飛行訓練を行ないます。

  • 25日には帰国されています。無事の帰還、おめでとうございます。


【関連リンク(註)】
・P-1哨戒機のジブチでの運用試験の実施及び英国ロイヤル・インターナ
ショナル・エア・タトゥーへの参加について
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201507/20150707-02.pdf

・海自P-1、世界最大のエアショー「RIAT」に初参加 7月10日に厚木出発 | FlyTeam ニュース
http://flyteam.jp/news/article/48742

・海上自衛隊:ギャラリー:哨戒機(航空機):P-1 固定翼機
http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/aircraft/shokai/details/p-1.html

・海自、最新鋭の哨戒機P1を公開 厚木基地で正式運用:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH6T3FGYH6TULOB007.html

・Royal Air Force Charitable Trust Enterprises - Home Page
http://www.airtattoo.com/

RIATのHPはこちらです。もう来年開催までのカウントダウンが始まっています。

・Royal Air Force Charitable Trust Enterprises - News: Japanese P1 Flys at RAF Fairford
http://www.airtattoo.com/news/2015/jul/14/japanese-p1-lands-at-raf-fairford

P-1の紹介記事です。

・日英間の防衛装備品等の共同開発等に係る枠組み及び情報保護協定の署名 | 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/page11_000022.html

・2件の防衛装備の海外移転を認め得ることとしました(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2014/07/20140717002/20140717002.html

英国との共同研究のためのシーカーに関する技術情報の移転を行ないます。

・英国ドクトリン・センター(DCDC)長 ジョン・キングウェル少将の来校、第1海軍卿賞授与式 20150612海上自衛隊幹部学校
http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/news/2015/0612.html

・防衛省・自衛隊:日英防衛協力・交流
http://www.mod.go.jp/j/approach/exchange/nikoku/euro/britain/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック