【国際・軍事ニュースまとめ:1週間+α】豪州が南シナ海の人工島周辺に航空機等を派遣へ 中国軍が国家安全保障シンクタンクを設立


週刊!!軍事ニュースです。

今回は平成27年(2015年)7月12日から7月18日の週です。

☆この週は…☆
中国による南シナ海での岩礁埋め立て、人工島造成、領有権主張などに対抗する周辺国の動きが多く報道されています。

☆気になったNews☆
・オーストラリア政府が中国が造成した人工島の12海里以内に飛行機等を進入させる。

・航空自衛隊輸送機がベトナムに寄港
・人民解放軍が初めて国家安全保障シンクタンクを設立。
・米国防総省がトランスジェンダー容認に向けた作業部会を設置へ
・イエメンで暫定大統領派が国際空港を奪還
・情報本部本部長が韓国訪問
・河野統合幕僚長と米統合参謀本部長が会談
・中国副首相がベトナム訪問
・韓国空軍のKF-16がアップグレードへ

※この記事は【国際・軍事ニュースまとめ】として投稿した記事を1週間ごとにまとめています。また、それぞれのまとめ記事の【この日の軍事関連ニュース】に入っているニュースの中から、私が気になったニュースをいくつかピックアップしています。

※速報的にニュースをご覧になりたい方は「わかる!航空自衛隊∠(^-^)」のtwitter(@usaginomimi)をご覧ください。ご登録はお気軽にどうぞ!

----------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際の音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------

#10 東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか←週間・軍事本ランキング(楽天)


《7月12日(日)》
米陸軍が4万人の人員削減へ


米陸軍の人員削減策が正式に発表されました。現状では4万人、強制削減の発動によってはさらに追加の削減が行われるそうです。

米軍についての評価はさまざま、「世界の警察官」として振舞う米国の手段として、紛争地域の安定を取り戻したり、無茶な戦争で地域の安定を破壊してみたりと功罪両面があります。

米国自身も次第に国内向けの意識が強くなってきているので米軍部隊の派遣も慎重で抑制的になってきています。人が行かない代わりに無人機などの機械が行くことが多くなってきています。

米国の軍事力による安定が求められる地域でも米軍は出てこない、その逆もありと軍事力の行使は相対的なものですが、少なくとも現地の紛争は当事国と現地の周辺国に任せよう(米国から見ればあまり関らないように)とする流れは止まりそうにありません。対IS戦でも一応、イラク軍とシーア派民兵部隊(イランの革命防衛隊の支援を受けているとされている)等が前面で戦っています。

《7月13日(月)から14日(火)》
米国が北アフリカに無人機基地の設置検討 イランとIAEAが工程表で合意



米国がリビアで活動するISを監視するための無人機・部隊を駐留させるための基地設置を検討しているとの報道です。リビアは政府が2つあり、2つの政府に加えて部族民兵やISなどの過激派組織が入り乱れている状況です。

【気になったニュース】
・豪州政府、南シナ海の中国・人工島12海里に航空機・艦船の進入を検討  WEDGE Infinity(ウェッジ)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5123

オーストラリア政府は、中国が南シナ海の岩礁等を埋め立てて造成した人工島の12海里以内に艦船や航空機を進入させることを検討しているそうです。

中国は人工島の12海里以内を領域として主張しており、その中に入ることでオーストラリアは航行・飛行の自由を主張する意図があるようです。なお、
オーストラリア政府は島がどの国に帰属するかには踏み込まないそうです。

具体的にはオーストラリア空軍の哨戒機が人工島の空に進入すること、その跡に艦船が入ることが検討されています。

・航空自衛隊、ホーチミン寄港にあわせベトナム防空・空軍と部隊間交流 | FlyTeam ニュース
http://flyteam.jp/airline/japan-air-self-defense-force/news/article/52375

航空自衛隊のC-130輸送機がベトナムに立ち寄りました。先日はソマリア沖に展開する海上自衛隊哨戒機が立ち寄っています。

中国包囲網は静かに着実に出来てきているようです。

・中国人民解放軍、初の国家安全保障シンクタンクを設立=副総...:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/a113793.html

香港からの報道によると、中国の人民解放軍が始めて国防上のシンクタンクを創設したそうです。

人民解放軍国防大学が 「中国国家安全問題研究センター」を設立しました。共産党や中央軍事委員会へのサポート、報告書の作成などを行うそうです。

軍事というと戦車、軍艦、戦闘機など兵器類が目立つものですが、仕組みやドクトリン(戦い方についての基本的な考え)も地味ながら重要です。兵器ほどのお金がかからなくても、戦争・戦闘には重要な影響を与える仕組みはもっと
積極的に作り出していってもいいと思います。

・米軍、トランスジェンダー容認へ 作業部会を設置 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150714/wor1507140026-n1.html

米国防総省がトランスジェンダーの受け入れを前提にした作業部会を設置します。トランスジェンダーは外見としての性別に違和感を持つ人です。

具体的にはトランスジェンダーである事実を隠すことなく軍務に就けるようにします。現在の規則ではトランスジェンダーであることが分かれば除隊となります。米軍には推定で約15000名のトランスジェンダーの軍人が服務しているそうです。

《7月15日(水)から16日(木)》
イランと米欧の核協議が最終合意 タリバーン最高指導者がアフガン政府との和平交渉支持


イランと米欧など関係国による、イランの核開発に関する最終合意がなされました。イランの核開発に一定の制限を課すと同時に、研究開発は継続となっています。制裁の一括解除や武器禁輸措置の解除なども合意されました。

つまり、イランの核開発は一定の制限の中で継続してもいいということになっています。オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞した「核(兵器)なき世界」が懐かしく思えます。そうか、「(中心)核なき世界」(多極化・無極化)だったのかもしれません。

【気になったニュース】
・イエメン暫定大統領派、国際空港を奪還 初の大きな戦果 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3054553

イエメンでの戦闘も継続しています。サウジアラビアやエジプトなどで構成される連合軍による空爆などが行われています。サウジ軍部隊が国境付近に展開しているとの報道もありました。

ハディ暫定大統領派の武装勢力がイエメン・アデンの国際空港をシーア派武装勢力から奪還しました。

・「防衛省の情報本部長、ひそかに韓国訪問」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2541590.html

防衛省の宮川正情報本部長(陸上自衛隊)が韓国を訪問し、韓国の国家情報院の担当者らと会談を行いました。

《7月17日(金)から18日(土)》
インドネシアが南シナ海に基地建設へ 比がスービック湾に軍部隊駐留へ



インドネシアとフィリピンが中国による南シナ海での領有権の主張に対抗する手段を行ってきています。

【気になったニュース】
・自衛隊制服組トップ、米軍との南シナ海巡視活動を示唆―海外メ...:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/a114310.html

河野統合幕僚長が米国を訪問し、米国のデンプシー統合参謀本部長と会談を行いました。ここでも中国の話題が出ています。

・中国副首相がベトナム訪問、関係改善を摸索 | ワールド | 最新ニュース | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2015/07/153482.php

こちらは中国からの動きです。 中国の張高麗副首相がベトナムを訪問しベトナム首脳との会談を行いました。

中国とベトナムは西沙諸島や南沙諸島などの領有権で対立、中国による石油試掘をきっかけに海上で衝突しています。ベトナム側は中国公船による衝突行為を公表していました。

2014年5月のお話です。

【軍事NEWSまとめ】南シナ海・西沙諸島で中越にらみ合い 中国船が越船に対して衝突や放水 など
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/396638402.html


・アメリカ政府、韓国へKF-16アップグレード計画の輸出を承認 | FlyTeam ニュース
http://flyteam.jp/airline/republic-of-korea-air-force/news/article/52472

韓国空軍が保有しているKF-16戦闘機のアップグレードが行われることになりました。この件は契約上のトラブルで米国で裁判が行われる事態となっていました。

そのトラブルについてはこちらで↓

【国際・軍事ニュースまとめ:火水木版】北朝鮮の核兵器は小型化可能な段階に 米サイバー部隊が大幅増員へ
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/412066652.html

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック