【LaQ×作ってみた】E-2C Hawkeye 航空自衛隊ver


LaQで作ってみました!

今回は日本の空を守るために、鷹の目で怪しい飛行機を探す飛行機です。

※この記事はLaQ(ラキュー)で飛行機を作る!、オレはLaQ王になる(^_^)(願望です)という趣旨のものです。LaQを使って陸海空自衛隊や世界各国軍の飛行機を作っていく、個人的な趣味です。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


※画像をクリックすると別画面で開きます。
E-2C1.jpg

正面からの画像です。E-2Cは早期警戒機と呼ばれる飛行機です。早期警戒機とは機体にレーダーを搭載して上空を監視、怪しい飛行機を発見した際にはスクランブル発進してきた戦闘機などの管制するなどして領空を守る飛行機です。

※画像をクリックすると別画面で開きます。
E-2C2.jpg

横からです。機体上部の大きなレーダーを再現してみました。E-2Cは航空自衛隊に現在13機配備されています。昭和51年に発生したベレンコ中尉亡命事件の際に、レーダーサイトでは低空から進入してくる飛行機を探知できない弱点が見つかったため、E-2Cが導入されたとの話もあります。

E-2Cは飛んで動くレーダーと言えますね。

※画像をクリックすると別画面で開きます。
E-2C3.jpg

後ろからです。尾翼も特徴的です。髪をとかす櫛、または熊手のような形をしています。E-2シリーズは昭和39年から飛んでいる早期警戒機ですが、現在も改良が続けられていて最新のものではE-2Dというバージョンになっています。

航空自衛隊もE-2Dの導入を決めています。

※この動画は  さんの投稿です。ありがとうございます!


こちらは那覇空港に着陸するE-2Cです(動画の時間は1分1秒)。けっこう軽快で早い飛行機ですね。

使い道:早期警戒機
製造社:グラマン社、ノースロップ・グラマン社
運用元:航空自衛隊
運用開始:昭和62年(1987年)以降、配備
運用状況:現役で飛んでます。
配属部隊:第601飛行隊(三沢基地)、第603飛行隊(那覇基地)

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • LaQでE-2Cを作ってみました。

  • E-2Cは早期警戒機という飛行機です。

  • 航空自衛隊では三沢基地と那覇基地に配備されています。

  • 詳細な造形は望まないでください、私には作れませんm(_ _)m


【関連リンク(註)】
・主要装備 E-2C|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/keikaiki/E-2C/

・E-2C Hawkeye 2000
http://www.northropgrumman.com/Capabilities/E2CHawkeye2000/Pages/default.aspx

・E-2D早期警戒機はステルス機が見える!?:東京の郊外より・・・:So-netブログ
http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-06-12

・米国、日本に早期警戒機「E-2D」4機を販売…17億ドル規模 | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/271/201271.html

・防衛省、空中早期警戒機「E2D」初導入へ|日テレNEWS24
http://news24.jp/articles/2014/11/20/04263756.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック