【海上自衛隊】miniP × 魚(雷)くん × 怪しい黒



海上自衛隊。

「軍艦・大砲・カレーライス」みたいなイメージで語られるような気がします。軍艦は海上自衛隊の兵器の代名詞で世間様の注目を集めますが、海上自衛隊には飛行機もあります。

今回は海上自衛隊の飛行機の戦い方をみてみましょう。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


※この動画は JSDF.info さんの投稿です。ありがとうございます!


日時: 平成27年(2015年)5月2日
場所: 米海軍厚木航空施設 米海軍厚木航空施設 日米親善春まつり
動画の時間:14分30秒

海上自衛隊が保有している飛行機、それがP-3Cです。P-3Cは哨戒機(しょうかいき)と呼ばれる飛行機で、海のパトロールや相手方の潜水艦への攻撃などを仕事にしています。

上記の動画では、P-3Cの仕事のひとつ潜水艦への攻撃を見ることができます。4分20秒頃から下総航空基地からの離陸、管制塔との交信が始まり、8分ころからすごく怪しい黒光りした潜水艦が登場します。その後は潜水艦に向かって走る魚雷くんが見えてきます。

miniPというのは動画で走っているP-3Cのことです。

潜水艦の動き、思った以上に早いですね。潜水艦は別の言い方をすれば海の中を飛ぶ飛行機です。海という空間を自在に動き回ることができるからです。近頃の軍事情勢では潜水艦の仕事に注目が集まっています。なぜなら潜水艦は‥

・見つかりにくい
・攻撃を受けても生き残りやすい(見つかりにくいので)
・ミサイルなどの航空兵器を見つからずに運べて、攻撃できる

などから注目されています。最近では北朝鮮軍が潜水艦発射弾道ミサイルを開発したという報道もあります。

海上自衛隊の哨戒機は日本周辺海域のパトロールやアフリカ・インド洋での海賊対応など、今日も飛んでいます。

miniPを操縦されているのは、まさだあきら准尉、なかそねまこと2曹、あおやぎゆうや2曹。怪しい潜水艦を操縦されているのはいしかわたつや2曹、魚雷くんは?(サザエさんのタマの声は?です。謎のままがいいんです)です。お疲れ様でした!ナレーター役の方もしゃべり続けて大変です、お疲れ様でした(^_^)

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 海上自衛隊には哨戒機という飛行機があります。

  • 哨戒機は会場のパとR-るや相手方艦船への攻撃を行ないます。

  • 哨戒機は日本周辺やアフリカなど国内外で飛び続けています。


【関連リンク(註)】
・【航空自衛隊】そのまんま!パックさん。
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/420824019.html

こちらは航空自衛隊のパックさんです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック