【トルコ×軍楽隊】トルコ軍楽隊が来日、表参道で演奏♪


表参道。

その名の通り参道としての道、その先には明治神宮があります。

この表参道で明治神宮のご祭神と関係の深いトルコ・オスマン軍楽隊が演奏を行いました。

※この記事は自衛隊の音楽隊や各国の軍楽隊の演奏を楽しむ!という趣旨のものです。「軍隊はかくあるべし!」みたいなことを書かない、ゆる~い感じです。音楽を楽しんでいただければうれしいです(^^)

-------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
-------------------------------------------------------------------


※この動画は AMANO Jun-ichi さんの投稿です。ありがとうございます!


日時:平成27年(2015年)6月6日
場所:明治神宮前交差点から表参道交差点まで
演奏:トルコ・オスマン軍楽隊(トルコ・イスタンブール軍事博物館所属)
曲名:メフテル
動画の時間:4分53秒

この行進は駐日トルコ大使館が主催したもので、今年9月にエルトゥールル号遭難事故から125年目となることから、トルコと日本の友好を記念して行われた演奏です。

聞いてみると、どこかで聞いたことがあるメロディですね。明治神宮のご祭神である明治天皇と昭憲皇太后のお耳にも届いたかもしれません。遭難事故は明治時代のできごと、亡くなられた将兵への慰霊顕彰、救助された乗組員への支援や帰国に明治天皇は尽力されたそうです。

トルコ・オスマン軍楽隊は14世紀後半に編成された軍楽隊で、その演奏はベートーヴェンの音楽やブラスバンドの編成方法などに影響を与えたとされているそうです。

※この動画は 毎日新聞 さんの投稿です。ありがとうございます!


動画の時間:2分53秒

こちらは毎日新聞社が撮影した動画です。行進が始まる前の様子が入っているダイジェスト版みたいなものです。毎日新聞社は今年12月に全国公開される映画「海難1890」の制作に参加しています。(商売繁盛は悪いことではありません)

※この動画は Toru Kanzawa さんの投稿です。ありがとうございます!


日時:平成27年(2015年)6月5日
場所:すみだトリフォニーホール
演奏:トルコ・オスマン軍楽隊
曲名:「ジェッディン・デデン」「メフテル行進曲」「突撃行進曲」
動画の時間:10分52秒

表参道でのパレードの前日に開かれたトルコ・オスマン軍楽隊と海上自衛隊東京音楽隊の共演です。トルコ・オスマン軍楽隊の演奏は掛け声とともに行われています。日本で言うと太鼓の演奏に近い(太鼓も合間に掛け声を入れますから。やッーとか)かもしれませんね。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【音楽隊(軍楽隊)って何?-軍隊と音楽と必要性】

軍楽隊(音楽隊)とは、音楽の演奏を専門にしている部隊です。

軍隊と音楽は切っても切れない深い関係。世界各国の軍隊のほとんどは軍楽隊を持っています。軍隊で音楽が必要とされるわけは…

  • 集団での行動をしやくする。(音楽に合わせると歩調を合わせやすい)

  • 戦場での通信手段として使用される。

  • 兵士の士気(モラール)を奮い立たせることができる。

  • 部隊で行う儀式での演奏(軍隊の儀式と音楽は切り離せません)


というもの。軍楽隊(音楽隊)は、音楽は最良の友!ということで日常的に見ることができる存在です。陸海空自衛隊もそれぞれに音楽隊を持っています。

【関連リンク】
・トルコ大使館文化部
https://www.facebook.com/yeetokyo

・オスマン軍楽隊:東京・渋谷でパレード - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150607k0000m040029000c.html

【自衛隊の音楽隊が奏でる名曲のご紹介】
ジャケットの方は三宅由佳莉さん、海上自衛隊の東京音楽隊に所属する自衛官です。祈りやアメイジング・グレイスなどの名曲が収録されています。

陸上自衛隊の中央音楽隊がジブリのナウシカなどの曲を演奏します。

白雪姫やスーパーマン、ロッキーなどの映画音楽を航空自衛隊の音楽隊が演奏します。

こちらは航空自衛隊音楽隊の日常を描いています。音楽隊の日常+軽めのミステリですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック