【自衛隊×採用試験】技術海上幹部・技術航空幹部-求む!すぐにハイレベルな仕事ができる人


技術。

日進月歩どころか秒進日歩となって、技術革新のスピード自体が上がってきています。そんな時代に合わせることは自衛隊も同じこと。

技術の進化に対応する指揮官集まれ!という技術海上幹部、技術航空幹部という自衛隊の採用試験のご紹介です。

※この記事は、自衛隊に入りたい!けれど入り方(採用試験)が分からない…という方のために書いています。自衛隊がしている採用試験の内容、試験そのもの、働き方などを紹介している記事です。

※※平成28年度試験に対応して、試験日程や応募条件を変更しました。また動画の追加などをしました。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


すぐに分かる!技術海上幹部・技術航空幹部ナビ


技術海上幹部・技術航空幹部(ぎじゅつかいじょうかんぶ・ぎじゅつこうくうかんぶ)とは、海上自衛隊と航空自衛隊が採用する幹部自衛官の試験です。

この試験は、変化が進む技術分野に対応するために、自衛隊では、得られた経験や知識をすでにお持ちの方を採用する試験、つまり経験者で即戦力の幹部自衛官を採用するための試験です。

世界各国の軍隊は、相手方に勝つため・負けないために日々技術分野での開発競争を行っています。そのため、何もしなければ、現状維持や「去年もやっていたから」という前例踏襲となりがちな軍隊においても、常に変化を起こす必要があるわけです。

そこで、変化を起こし、変化を形にして実行できる人たちを求めています。それが技術海上幹部・技術航空幹部という人たちです。

技術海上幹部・航空幹部に近い採用試験として、技術海曹・技術空曹がありますが、曹の場合は命令を受けて実行する現場の仕事で、技術幹部の場合は判断と研究をする仕事です。

どんなお仕事?


・海上自衛隊が使う艦船や武器などの研究開発、整備などをします。
・海上自衛隊が使う艦船などの設計や試作品の製造、その性能検査などをします。
・航空自衛隊では気象分野での研究、装備品の開発研究、安保環境の研究などをします。

オススメな人


・海上自衛隊や航空自衛隊で幹部自衛官として働きたい人
・大学等で船舶や気象などの分野を学んだ知識や働いて得た業務経験を自衛隊で活かしたい人

試験ガイド-技術海上幹部・技術航空幹部



・応募できる人(年齢制限など)
1 大学を卒業していること(短大は除きます)。
2 指定した学科を専攻していること。

具体的には以下の学科や内容が条件です。

海上技術幹部の場合は…

☆工学部で造船工学

☆理学部か工学部で…航空宇宙工学、機械工学、精密機械工学、電気工学、金属工学、電子工学、通信工学、数理工学、情報工学、応用物理学、化学、応用化学など。

☆心理学部・教育学部・文学部等で…心理学(相当するもの含む)(※平成28年度に新規追加※)

心理関係では業務経験が必要です。精神保健、心理査定、臨床心理又はカ ウンセリングに関するお仕事をしていたことが条件です。

航空自衛隊の場合は…

☆理学部か工学部で…気象学、地球物理学、応用気象学など。
☆理学部か工学部で…航空宇宙工学、機械工学、電気工学、土木工学、応用物理、応用化学など(条件あり)
☆薬学部で…条件あり(※平成28年度に新規追加※)
☆大学で…安全保障学、国際政治学、社会科学、歴史学、組織管理論、意思決定論など(条件あり)

です。航空自衛隊の技術幹部を受験される場合はもうひとつ条件がつきます。航空宇宙学などを専攻していた場合は国内外の修士号か博士号を持っていることです。

薬学部卒業の方では…

+薬剤師免許を持っている
+薬剤師として病院や行政機関、研究機関で仕事をしていた

ことが応募条件です。

また、安全保障学などの場合でも条件がプラスされ…

+戦略やドクトリンの知識を持っていること
+論文作成や発表の経験を持っていること
+国内外の博士号を持っていること
+TOEIC730点以上(又は同相当以上)(※平成28年度に新規追加※)

が求められます。どのプラス条件を充たす必要があります。

※募集される分野は募集される年によって変わります。

3 大学卒業後、2年以上専攻分野に関連した技術の業務経験があること。
4 一定の年齢未満であること(平成28年4月1日時点)
5 4の年齢に対応する卒業後の経過年数を持つ人(平成28年10月1日時点)

4(年齢の条件)と5(経過年数の条件)はまとめて説明します。

海上自衛隊の場合…

38歳未満→卒業後経過年数は12年以上
34歳未満→同上はは8年以上

航空自衛隊の場合…

45歳未満→卒業後経過年数は16年以上
38歳未満→同上は12年以上
34歳未満→同上は8年以上

・応募できる期間:平成28年(2016年)4月22日~5月13日
・募集している人数:それぞれ若干名(平成26年度の場合)
・試験科目

1 筆記試験(一般教養+小論文)
2 面接試験
3 身体検査

・試験日(試験時期):平成28年(2016年)6月27日
・合格発表:平成28年(2016年)8月5日
・倍率(応募者÷採用者 平成26年度):

データがありません。

※※試験ガイドは募集要項を基に作成しています。より詳細な事柄は募集要項(下の方の関連リンクに貼っておきます)をご確認ください。変更点などがある場合があります。

給料-技術海上幹部・技術航空幹部のお給料


技術海上幹部と技術航空幹部は年齢や経過年数によって採用される階級が違います。2等空佐から2等海・空尉までありますので、ここでは2等空佐と2等海・空尉をみてみましょう。

2等空佐:約34万円から
2等海・空尉:約25万円から約28万円

いずれも月額で支給額です。

技術海上幹部と技術航空幹部の最初の階級とあがり方


技術幹部は年齢と経過年数で採用されたときの階級が変わります。

海上自衛隊の場合…

38歳未満→卒業後経過年数は12年以上 = 1等海尉
34歳未満→同上はは8年以上 = 2等海尉

航空自衛隊の場合…

45歳未満→卒業後経過年数は16年以上 = 2等・3等空佐、1等空尉←安保分野採用に限ります

38歳未満→同上は12年以上 = 1等空尉
34歳未満→同上は8年以上 = 2等空尉

入隊後の教育など


入隊された場合は平成28年(2016年)10月から、海上自衛隊と航空自衛隊それぞれの幹部候補生学校に入ります。その学校で幹部自衛官に求められる知識や行動、心構えについて教育を受けます。

スズキさん受験する!-具体的に見てみよう


技術幹部の採用試験は条件がかなり複雑です。具体的に見てみましょう。

スズキさん、年齢は31歳、灯大で航空宇宙工学を専攻し、22歳で四菱重工業入社、その後ずっとロケット開発の仕事をしています。

・大卒 OK!(灯大卒)
・専攻学科 OK!(航空宇宙工学)
・2年以上の業務経験 OK!(9年の業務経験)
・年齢条件 OK!
・経過年数 OK!

スズキさんは海上自衛隊の技術幹部の試験を受けられ、入隊すれば2等海尉として採用されます。

受験されるときの注意点


海上自衛隊・航空自衛隊の技術幹部を受けるときには注意したいことがあります。それは…

1 陸上自衛隊での採用はない。
2 条件が細かく厳しい。
3 採用人数がとても少ない。

です。年齢などの条件を達成しているなら、他の幹部自衛官になるための試験(たとえば自衛隊幹部候補生試験)を受験するのもひとつだと思います。

技術幹部のメリットは最初から佐官クラス(最高では中佐から)で自衛官を始められること(他の試験では経過年数が必要。最低何年かはその階級を続ける必要があります)、いきなり「高給」で、なおかつ責任の大きな仕事ができることだと思います。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

追記!(再確認です(^o^))

今年の技術幹部試験では昨年と比べて以下の変更がありました。

1 海上自衛隊が心理分野の採用をします。
2 航空自衛隊が薬学分野の採用をします。
3 安保分野採用でTOEICが条件とされました。

※この動画は 陸上自衛隊 広報チャンネル さんの投稿です。ありがとうございます。


技術海上幹部として入隊された方へのインタビューです。

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 自衛隊は技術海上幹部と技術航空幹部の採用試験を行っています。

  • 大学で学んだことと、入隊前のお仕事をそのまま活かすことができます。

  • 応募条件が細かく、採用人数も少ないです。


【関連リンク(註)】
・自衛官募集ホームページ:防衛省・自衛隊
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/

自衛官の採用試験のポータルサイトです。志願票(受験します!という為の書類)や受験票(本人のための書類)が用意されています。また、それぞれの採用試験のパンフレットも用意されています。

・“チホン”のすべてがわかる!地方協力本部ポータルサイト:自衛官募集ホームページ
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/chihon/index.html

実際に説明や受験案内をしてくれる広報官(こうほうかん)がいるところがチホン(地方協力本部)です。そのチホンのポータルサイトです。

・平成28年度 海上自衛隊技術海上幹部 航空自衛隊技術航空 募集要項 ・
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/pdf/y/28gijutsukanbuy.pdf

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418393385

この記事へのトラックバック