【国際・軍事ニュースまとめ:1週間】インドが国防費増額へ イランが核開発計画を一部凍結の可能性

【国際・軍事ニュースまとめ:1週間】インドが国防費増額へ イランが核開発計画を一部凍結の可能性


週刊!!軍事ニュースです。

今回は平成27年(2015年)3月1日から3月7日の週です。

☆この週は…☆
朝鮮半島、中東、アフリカなど各地で紛争が継続しています。北朝鮮軍が日本海に向けてミサイルを発射したこと、イラク軍主導のティクリート奪還作戦が始まったことなど、軍隊の動きが多いです。また自衛隊の出動に関連する法律作りも進められています。

☆気になったNews☆
・インドが国防予算を増額。
・イラク軍がISのゲリラ戦に苦戦
・イスラエルが米国に対してミサイル防衛支援額の増額を要請。
・イランが核開発計画の10年間凍結を受け入れの可能性。
・南スーダン内戦での和平協議が物別れ。

※この記事は【国際・軍事ニュースまとめ】として投稿した記事を1週間ごとにまとめています。また、それぞれのまとめ記事の【この日の軍事関連ニュース】に入っているニュースの中から、私が気になったニュースをひとつずつピックアップしています。

※速報的にニュースをご覧になりたい方は「わかる!航空自衛隊∠(^-^)」のtwitter(@usaginomimi)をご覧ください。ご登録はお気軽にどうぞ!

----------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際の音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------

#2 シビリアンの戦争←週間・軍事本ランキング(楽天)


スポンサーリンク



《3月1日(日)から2日(月)》
北朝鮮が日本海に向けてミサイル発射

【気になったニュース】
・中国に対抗、軍備近代化へ…インド国防費大幅増 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20150301-OYT1T50046.html
インド政府が予算案を発表し、国防予算は前年度比で11%増額の2兆4672億ルピー(約4兆6878億円)とのことです。軍事力を形作るものはお金と人、兵器、精神などですが、中でもお金は基本だと思います。

《3月3日(火)から4日(水)》
タイ軍が深南部駐留部隊の構成変更へ 自衛隊出動のための法制の議論継続

【気になったニュース】
・イラク軍、ISのゲリラ戦法に苦戦 ティクリート奪還作戦 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3041377

イラク北部の主要都市ティクリートをIsから奪還するための作戦が行われています。イラク軍が主導して行われる作戦で、イラク軍とシーア派民兵、スンニ派部族兵らが参加しています。

劣勢のIsとしてはゲリラ戦にうって出るしかないとの報道です。

《3月5日(木)》
集団的自衛権の行使を自衛隊の主たる任務に

【気になったニュース】
・CNN.co.jp : イスラエル、ミサイル防衛で増額要請 対立目立つ米国に - (1/2)
http://www.cnn.co.jp/world/35061364.html

イスラエル政府が米国に対してミサイル防衛システムの能力向上のための追加支援を求めているそうです。イスラエルへの支援自体は既に米国防総省が米議会に対して承認要請をしており、その額は1億5500万ドルですが、イスラエル側は3億ドルに増額を要請しています。

現在、米国とイランの核協議が進められており、米国とイランの接近にイスラエルは危機感を感じていると見られています。

イラク軍のティクリート作戦にはイランの革命防衛隊が協力していることが報道されていることから、米国としては、対IS戦にはイランの協力を必要としています。

中東地域でのイランの影響力拡大(対IS戦を契機にしたイラク、シリア内戦、レバノン・パレスチナ)は中東情勢に大きな影響を与えそうです。

《3月6日(金)から7日(土)》
pko派遣5原則の解釈変更? 露軍兵士が露のウクライナ東部介入について証言か

【気になったニュース】
・イランが核開発10年間凍結で姿勢軟化、外相「一部受け入れも」 | ワールド | Reuters
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0M12Q320150305

イランが核開発計画についての米国からの提案を受け入れる可能性があるとしました。イランのザリフ外相は条件によっては、計画の一部について10年間の開発停止を受け入れることも可能としました。

中東地域での米国の同盟国は昔はイラン、いまはサウジアラビアやヨルダン、イスラエルなどです。先の記事でも見えていますが、中東地域での主要プレイヤーの変化が起きているのかもしれません。

・南スーダン内戦 和平協議物別れ 国連制裁の可能性も 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3041817?ctm_campaign=txt_topics

南スーダンは2011年にスーダンから独立した国家です。陸上自衛隊が復興支援のために派遣されています。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415349550

この記事へのトラックバック

▲ページトップへ