【米軍】空からサンタがやってくる? 米空軍による支援作戦


米軍。

世界各地で活動している軍隊、戦闘から人道支援まで行う世界最大規模に忙しい軍隊です。

そんな米軍が太平洋の島々にある作戦を行いました。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


※この動画は Andersen Air Force Base さんの投稿です。ありがとうございます!


米空軍によるクリスマス・ドロップ作戦です。

この作戦は米国グアムのアンダーセン空軍基地と日本の横田基地の米空軍が行っているもので、毎年クリスマス前にチューク、パラオ、ヤップ、マーシャル、北マリアナ諸島などの島々におもちゃや食料品、つり道具などを空軍機から投下していく作戦です。

クリスマス・ドロップは1952年(昭和27年)に始まり、現在も続けられています。

空軍は飛行機を使って作戦を行う軍隊です。その飛行機は一面で攻撃と防御を、もう一面では人々への支援物資を運ぶものです。

軍隊も使い方次第ということですね。

※この動画は United States Air Force さんの投稿です。ありがとうござます!


こちらは2014年のクリスマスドロップです。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 米空軍がクリスマス・ドロップ作戦を行いました。

  • 1952年から続く米軍にとっての最長の人道支援です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック