【陸上自衛隊×新年】防衛大臣も飛びました! 陸自第1空挺団の新年行事


新年。

というと何かの行事から始まることは多いと思います。書き初め、歌会始めなど新年と行事は切っても切れないものです。

陸上自衛隊の新年の行事、それが第1空挺団の降下訓練始めです。今回は降下訓練始めの様子をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


降下訓練始め?


降下訓練始め(こうかくんれんはじめ)というのは、陸上自衛隊第1空挺団が行っている新年最初の行事です。第1空挺団が普段から行っている訓練の成果を、多くの国民に見てもらうためにしています。

もともとは昭和44年(1969年)から始まったパラシュート降下時の安全祈願のための「開傘祈願祭」、一般公開ではなく部隊内で行っていたものですが、昭和49年(1974年)から一般公開となりました。現在では習志野駐屯地を代表する行事のひとつとなっています。

何をするの?


 降下訓練始めは安全祈願の意味合いの他に、陸上自衛隊が考えている第1空挺団の使い方を見られる機会です。具体的には尖閣諸島などで注目される離島防衛のことです。

離島防衛では陸上自衛隊だけではなく、海上自衛隊と航空自衛隊も関係してくるので、海上自衛隊の哨戒機や航空自衛隊の輸送機(パラシュート降下させる飛行機)も参加しています。

その他には、陸上自衛隊が保有しているいろいろなヘリコプターの地上展示なども行われています。降下訓練始めというお堅い名前ですが、実質的には航空祭といってもいいのかもしれません。

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうござます!


防衛大臣が飛びました


今年の降下訓練始めでは中谷元・防衛大臣も参加して訓練塔から飛び降りています。なた家に大臣はもともとは陸上自衛官、レンジャー教官をされていました。中谷防衛相だからできたことでしょうから、次の大臣のときはないと思います。

今年も自衛隊行事は盛りだくさん


降下訓練始めから始まる自衛隊のいろいろなイベントです。今年も日本各地で多くの観客で賑わうことだと思います。

実際に自衛隊に触れてみて、見てみて、聞いてみて自衛隊を体感されてください。自衛隊を知ることは生活にも、国際理解にも必要なことだと思います。

今年も自衛隊のイベントに出かけましょう!

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうござます!


みるとびっくりしますね。トラックに草をつけて偽装しているみたいです。

ノーカットバージョンは下記のリンクにあります。

http://youtu.be/cQlqMtSSiw4

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練始めがありました。

  • 自衛隊のイベントの始まりです。

  • 自衛隊を見て、触れて、体験してみましょう。


【関連リンク(註)】
・中谷防衛相:率先垂範で飛び降りた 千葉・第1空挺団視察 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150112k0000m010020000c.html

・陸自第1空挺団、習志野演習場で恒例の「降下訓練始め」を開催 | FlyTeam ニュース
http://flyteam.jp/news/article/45030

・習志野自衛隊で第一空挺団の降下訓練始め-市民の目前まで自衛隊機接近 - 船橋経済新聞
http://funabashi.keizai.biz/headline/1013/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック