【飛行機×冬】飛行機にとっては強敵な冬のあいつ…


飛行機。

大きくてハイテクで最先端!という文明の代表的乗り物ですね。

文明の顔という飛行機、そんな飛行機のもうひとつの顔はとてもデリケートな乗り物という顔です。

デリケートな飛行機にとって冬のあの現象は手強いやつです。

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


※この動画は SKY CABIN Films さんの投稿です。ありがとうござます!


日時:平成25年(2013年)1月5日
場所:新千歳空港
飛行機:全日空 ボーイング747-400D

こちらの動画で手強いあいつが映っています。飛行機の周りで舞うあの白いものです。そう雪(Snow)です。雪は冬の代名詞、楽しみや幻想的なものであると同時に、いろいろな被害をもたらす(人間にとって)ものでもあります。

飛行機にとっての雪。本当に大敵です。なぜかというと…

・視界を遮ります。
・滑走路にあるとすべります。
・機体に付着して凍ると危なくなります。


といういろいろな障害を引き起こすからです。吹雪けば視界は遮られる、滑走路という飛行機の道にあると滑って危険というのは想像しやすいですね。最後の凍ると危険というのはどういうことなのでしょうか?

凍結危険!


 飛行機が凍ると危ないことそれは飛ぶことが難しくなるからです。飛行機は翼に飛ぶための力(揚力や推力など)を集めて浮かび進んでいます。その翼に雪が付着して凍結すると、翼に飛ぶための力が集まりにくくなります。(みんなの元気が集まらない元気玉みたいなもんです)

また、この着氷という現象、飛ぶ力を集めにくくすることの他に、氷自体が重みとなって飛行機を重くすることがあります。飛行機が重くなることで…

・燃料を余計に使います。
・低い高度で飛ばざるをえないので天候の影響を受けやすくなります。
・安定性を失いやすくなります。


ということになりやすいです。そのため飛行機は、飛ぶ前に機体に積もった雪を全力でどかします。

航空自衛隊・除雪隊見参


 24時間365日、日本の空を守る仕事をしている航空自衛隊です。冬だから飛行機を飛ばすのはお休み!ということにはなりません。冬には雪は降ってきますから、雪の降る基地(小松基地や三沢基地、千歳基地など北海道・東北・北陸地方の基地)では冬になると除雪隊を編成して除雪をしています。先日に小松基地で除雪隊が編成されたそうです。

・小松基地 | [JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/komatsu/katsudoujyoukyou/zilyosetu.html

飛行機は意外と弱い


 飛行機は文明の最先端をいくような乗り物ですが、とてもデリケートな乗り物です。今回ご紹介した雪にも弱い、他には空飛ぶ鳥にも弱いなどいろいろと弱点を持っています。

とはいっても便利なのは事実です。その弱点を少しでも減らしながら便利に活用していくしかありませんね。

※この動画は j-sky on youtube さんの投稿です。ありがとうござます!


新千歳空港での除雪作業です。冬は雪との戦いです。青森県にはホワイトインパルスという名前の除雪隊がいます。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※追伸
 飛行機が鳥に弱い?ということについては関連リンクに貼っておきます。よろしかったら(^_^)

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • f飛行機は雪には弱いです。

  • 冬の飛行場は雪との戦いです。

  • 航空自衛隊も除雪隊を作って除雪をしています。


【関連リンク(註)】
・小松基地、12月12日に除雪隊編組式を挙行 | FlyTeam ニュース
http://flyteam.jp/news/article/44218

・航空機の大敵!! それは…
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/159137565.html

・【航空自衛隊×職種】飛行管理員-空港・飛行場の何でも屋さん 航空自衛隊の職種大全 Episode4
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/394306971.html

・【航空自衛隊×職種】エンジン整備員-エンジンのお医者さん 航空自衛隊の職種大全 Episode17
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/399217071.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック