【世界の空軍×AcrobatTeam】空軍アクロチームを飛行機で比べる!


世界各国の軍隊のアクロバット飛行チームを紹介する「日本と世界のAcrobatTeam」!今日も大空を舞台にした航空機の演技をみていきましょう!!

今回は世界各国の空軍アクロチームが使っている飛行機を「SSM」で比較してみたいと思います。細かすぎて伝わらないかも…

※この記事では、航空自衛隊のブルーインパルスなど、世界各国のアクロバット飛行チームを紹介していきます。楽しく!豪快なアクロバット飛行を楽しまれてください∠(^-^)

--------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
--------------------------------------------------------------------

飛行機を比べる


世界各国の空軍は曲技飛行をするアクロチームを持っています。飛ぶ目的は国民向けの広報、他国向けの輸出のための販促などいろいろとあります。

基本的には目的が同じ空軍アクロチームですが、各国で違っているものがあります。それは使っている飛行機です。その国の財政力や考え方が表面にでてきやすいもの、今回はSSMで、その飛行機を比較してみたいと思います。SSMを比較することで曲技飛行の楽しみ方が広がると思います。ということでSSMとは…

Speed 速度
Sound 音
move  動き


です。比較するのはレシプロ機、練習機、戦闘機です。これらはどれも軍用機(軍隊が使っているという意味で)ですが、けっこう違うものがあると思います。

※この動画は Tonkatsu298  さんの投稿です。ありがとうございます!


まずはレシプロ機のアクロチーム、南アフリカ空軍のSilver falcons(シルバー・ファルコンズ)です。

Speed 遅め(戦闘機と比較して)
Sound ブーーーーーンという感じ
move  凧のようなふんわりとした感じ

上昇した後などに機体がふわっと浮くような感じが見られます。速度も割りと遅めなのでじっくりと見られるのが特徴かと思います。ヘリのアクロバット飛行と近いかもしれません。

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうござます!


次は軍用機の中でも練習機を使っているアクロチーム、日本の航空自衛隊のBlue Impulse(ブルーインパルス)です。パイロット教育のための練習用飛行機として開発された飛行機が練習機です。練習機は世界各国でも割りとある需要がある飛行機(どういう飛行機に乗るにしても最初は練習が必要ですから)のひとつです。Blue Impulseが使用しているT-4練習機は最大速度1038km/hと言われています。

Speed 速め(戦闘機よりも遅いがレシプロよりは速い)
Sound キューンという感じ
move  普通車のようにどこでも使えそうな動き(万能性があるけれどずば抜けた特徴も少ない)

動画自体は今年の新田原基地航空祭でのブルーインパルスです。最後まで見るとクリスマス気分が味わえます。

※この動画は yasso1967 さんの投稿です。ありがとうござます!


そして軍用機の中の戦闘機です。戦闘用に作られた飛行機をアクロバット飛行に使っています。こちらはスイス空軍のアクロチーム、Patrouille Suisse(パトルイユ・スイス)です。戦闘機なので軍用機中の速度・動きも最高のものとなっています。パトルイユ・スイスが使っているF-5E戦闘機は最高速度1698km/hと言われています。

Speed 高速
Sound ビューンという感じ(空気を切り裂くような音)
move  スポーツカーのよう。飛ぶことについて最高性能の動き(本来は戦闘用)

動画はパトルイユ・ド・フランス60周年を記念した飛行です。スイスではパトルイユ・スイスの存続についていろいろとある(後継機種が決まっていない、予算が足りないなど)ことも伝えられています。

※曲技飛行自体を最高速度で飛ぶことは少ないとは思いますが、Speedの参考として書いておきました。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 世界各国の空軍などは曲技飛行隊を持っています。

  • それぞれに使っている飛行機が違います。

  • 飛行機の違いで見るのも楽しみのひとつです。


【アクロバット飛行チーム?】
 飛行機を使った曲技飛行のチームです。飛行機の性能を活かしたいろいろな飛び方で見る人たちを魅了します。アクロバット飛行チームには空軍・陸軍などの軍の部隊のものと、民間団体のものがあります。一般的に軍のアクロバット飛行チームは…

1 軍の広報をすること(知ってもらうためです)
2 極限の飛行をすることで新しい操縦方法を見つけること
3 高度な飛行技術を見せることで「こいつらは手強い」と他国に考えさせること
4 空軍の士気(モラール)を維持すること
5 航空機の性能を宣伝すること

を目的にしています。

【アメリカン?ヨーロピアン?】
 アクロバット飛行チームの演技の見せ方には2つの種類があります。それはアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルです。

アメリカンスタイルは飛行機の離発着もショーとして見せるもの、日本のブルーインパルスやアメリカのサンダーバーズなどがしている方法です。

ヨーロピアンスタイルは離発着など地上部分でのショーはなく空での演技を見せるもの、イギリスのレッドアローズなど主に欧州の空軍が行っている飛び方です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック