【航空自衛隊×職種#22】給養員-空自の胃袋を満たす人たち


腹が減っては戦はできぬ!

とは戦いの真理です。人間は腹が減っていては動けませんし、的確な判断もできなくなります。航空自衛隊の基地には隊員のご飯作りを専門に行なっている人達がいます。

そう、今回は航空自衛隊の胃袋担当の給養員のお話です。

※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。

※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらどういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

↑こちらにあります。

給養員とは?


 航空自衛隊の食生活のすべてを見守っている給養員の基本的なデータとしては…

特技名:給養(きゅうよう)

職域名:給養(きゅうよう)

学ぶ所:第3術科学校(芦屋基地)

働く場所:日本全国の航空自衛隊の基地など

所属部隊:各基地の給養小隊(きゅうようしょうたい)

主な仕事:

1 隊員の食べるご飯を調理すること。
2 食事の栄養管理をすること。
3 献立を作ること。etc…

取れる(かもしれない)資格:調理師や栄養士など。

というものです。航空自衛隊の隊員の食生活を守る人!ということですね。。

時間厳守!


 航空自衛隊の隊員の食の守り手である給養員。給養員は常に時間厳守を求められます。航空自衛隊に限ったことではないですが、自衛隊では食事の時間(開始から終了まで)もきっちりと管理されています。そうでないと数百人から数千人の食事を作り管理することができないからです。また人間の生理としても決まった時間に腹が減ってきます。

腹が減って食べにきたのに食事がない!となると人間は腹が立ってきます(減ったり立ったりと大変な腹ですが、飯の恨みは怖いです)

そこで朝昼晩と決まった時間に一定以上は必ず食事を準備しておく必要があります。そのため給養小隊は1クルー4・5名前後の隊員が3交代で仕事をするシフト勤務を採用しています。効率的に調理するために炊飯・汁物・おかずの調理や裁断も分担しています。

給養員は航空自衛隊の食を…

必要な時間に + 必要な分 + 隊員に提供する

ことを仕事にしている人達です。

重い…


 時間に追われる給養員は、朝食担当になると朝3時半前後から出勤します(TV局の朝番組担当みたいです)。

時間も大変ですがそれ以上に大変なのは重い!ことです。何が?そうご飯が重いのです。航空自衛隊の基地食堂は数千人単位で食事を用意するところ、米飯の量も半端なものではありません。入間基地(埼玉県入間市)には約4300人の隊員がいますが、隊員食堂は昼には約2000人分の食事を提供しています。(朝夕は1500食)

それだけ大量のごはんやおかず、汁物を用意するわけですから、その食材自体の重さもすごいものです。約10キロの米飯を炊いたり、ライスボイラ-(火を使わない釜)で約1000人分の汁物などを作ります。それらをかき混ぜるには相当の体力が必要です。給養員曰く「調理というよりは筋トレ」です。


 航空自衛隊の隊員の食生活を守る給養員です。その給養員に必要なことは何でしょうか?

1 体力仕事
 上に書いたようにとにかく体力を使います。かき混ぜるための力は絶対に必要。学校で腕を使うような競技(剣道など)をされていれば腕力は大丈夫!と思います。体力に加えて時間に追われ、なおかつ時間が不規則(交代で作り続ける)なので、それに耐えられる体力も必要になります。

また、普段は基地で調理する給養員も有事には野外で調理する人達に変わるのですから、なおさら体力は必要です。

2 計画性
 必要な時間に必要分の食事を提供しなければいけないので計画的な行動ができることは必要です。献立は決まっており、それに合わせて食材を集め、時間に間に合わせるように調理しないといけません。ただ作ればいい!ということではないってことですね。

3 分量を守る
 調味料についてです。家庭ではさしすせそは「パッパッのドボドボでこれくらい」で済むこともありますが、基地の隊員食堂ではそうもいきません。栄養管理もしっかりとしないといけないので調味料の分量は守る必要があります。塩などもライスボイラーに入れれば1家庭の数ヶ月から1年分は入れるのですから目分量はNGです。

食のプロ


 給養員は食のプロです。一部では「飯炊き」と言って軽視・自己卑下する向きもありますが、とても重要な仕事です。ご飯自体はたいがいの人は作ることはできます、でも他人様の口に入るものをおいしく作るのはプロしかできません。

徳川夢声さんがいっていたように「しゃべるのは誰でもできる、だからこそしゃべりのプロが必要なんだ」(こんな感じの発言)は給養員も同じだと思います。

航空自衛隊の隊員の食の守り手を目指される方に応援を!すでに守りてとして活躍されている給養員の方に∠(^-^)敬礼

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

※この動画は HanabitoUnagipie さんの投稿です。ありがとうございました!


【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 給養員は航空自衛隊の隊員の食生活を守っています。

  • 時間に追われる重たい!仕事です。

  • 有事には野外炊飯をします。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・しっかり食わなきゃ守れない! 突撃潜入で自衛隊メシを食ってみた 【航空自衛隊編】 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9175146/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック