【航空自衛隊×職種#21】給汽員-基地で1番Hotなところのcoolな人達


当たり前!

とっても難しい言葉です。生活上の「当たり前」には電気ガス水道がありますが、その水道のうち、蛇口をひねるとお湯が出るというのも当たり前のひとつのようです。

先日の電気員に続いて基地をまともに動かすための「当たり前」を守る人達、今日はボイラーの守護者、給汽員のお話です。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


※この記事は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらどういう仕事をしたい!などのギモンに答える連載です。職種全体の基本的なことは…

・【航空自衛隊×職種】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode0(ZERO)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

↑こちらにあります。

給汽員とは?


 航空自衛隊のボイラーを守っている給汽員の基本的なデータとしては…

特技名:給汽員(きゅうきいん)

職域名:施設(しせつ)

学ぶ所:第3術科学校(芦屋基地)

働く場所:すべての航空自衛隊の基地

所属部隊:各基地の基地業務群(きちぎょうむぐん)施設隊(しせつたい)給汽班(きゅうきはん)など。

主な仕事:

1 基地にあるボイラーの運転。
2 ボイラーの定期整備や点検。
3 ボイラーが故障したときの修理。
4 ボイラー配管の補修や維持管理。etc…

取れる(かもしれない)資格:ボイラー整備士、エネルギー管理士、溶接技能士など

というもの。基地内の蒸気を使う機械や生活のための給湯など、いろいろな熱を取り扱うのが給汽員のお仕事です。

ボイラー!?


 ボイラーという言葉、日常的な言葉ですがその意味となるとなかなか難しいです。ボイラーとはカンタンにいうと…

水を沸かして出てきた蒸気と温水を利用するための機械

だそうです。日常生活でいうとヤカンに似た機能です。ボイラーは家庭から病院や工場、デパートまでいろいろな施設の熱源として活用されています。※火力発電所もボイラーの仕組みだそうです。

そんなボイラーを扱うのが給汽員です。つまり航空自衛隊の基地をまともに動かし、基地内で営まれる生活を支えるのが給汽員ということですね。

ボイラーを動かし維持する


 給汽員はボイラーや配管の維持管理や点検、そして故障のときの修理などを日常的にしている職種です。具体的には…

1 日常点検
 ボイラーや配管、燃料用タンクなどを点検しています。ボイラーが利用できるようにしている水や蒸気は基地では「当たり前」で活用されているので、当たり前が維持されるように日常的に点検をします。

2 故障対処
 基地を巡るボイラー配管は長く大きく、そして建物内に入れば細かく分岐していきます。その配管が壊れたときは給汽員の出番です。基地のどこの建物でどの箇所が壊れたかを知るには、日常的に点検している給汽員の独壇場です。

3 確認と検査
 ボイラーが正常に作動しているか、ボイラーから循環している水が使用に適したものか?などいろいろな確認と検査をしているのも給汽員です。

給汽員に必要なこと-なるには?


 基地という空間の日常的な営みを守っている給汽員。この給汽員に求められている資質はなんでしょうか?

1 資格試験の勉強
 基地は大規模施設なので一定の資格は必要になります。取れる(かもしれない)資格で書いたようにボイラー技士は必要になります。そのため資格試験の勉強は不可欠です。

2 工具の使い方を覚える
 給汽員が扱うボイラーや配管などはいろいろな工具を使って修理・補修されています。使用される工具の使い方を覚えるのは基本中の基本、その工具を使って手早く修理することを求められます。

3 体力勝負
 給汽員のお仕事は暗い場所や高い場所など不安定なところで行われることがあります。また、工具自体も部品自体も重量があるため、思ったよりも体力勝負の面があります。

4 冷静さ
 ボイラーや配管などのトラブル、当然に焦ります。基地の当たり前に分類されているものですから周りの目も厳しいでしょう。素早い復旧が求められると同時に確実に治すことも求められます。冷静に判断して作業していく姿勢が必要になります。

当たり前を守る


 冷暖房も温水も蒸気も当たり前!に維持されている航空自衛隊の基地。それを維持するのはとても大変なことです。大きな基地ほど配管は複雑になり、大きく長くなっていきます。熱源になる燃料を蓄えるタンクの管理から基地各所の建物までの配管管理、そして肝心のボイラー管理という目立たないけれど大切な仕事です。

冷暖房や温水、蒸気を基地に滞り無く回している給汽員になりたい方に応援を!、基地の当たり前を守っている給汽員の方に∠(^-^)敬礼!

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 給汽員はボイラーや蒸気など熱の管理人です。

  • 基地内の配管や設備を頭に入れています。

  • 地味(悪い意味ではなく)ですが大切な仕事です


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・公益財団法人 安全衛生技術試験協会
http://www.exam.or.jp/index.htm

・資格の紹介(一級ボイラー技士)
http://www.exam.or.jp/exmn/H_shokai112.htm

・ECCJ 省エネルギーセンター / エネルギー管理士・エネルギー管理員 目次
http://www.eccj.or.jp/mgr1/

・ボイラー大百科 | 前田鉄工所
http://www.maedatekkou.co.jp/boiler/what/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック