【米空軍】あれから67年 米空軍67歳になりました。


米空軍ができて67年だそうです。

そういえば航空自衛隊も今年で60周年です。主要国の空軍はイギリスなどを除いて第2次大戦後に創設されることが多いです。

米空軍が誕生して67年、空軍が公式動画を公開しています。

*******************************************************
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
*******************************************************


※この動画は  さんの投稿です。ありがとうございました!


米空軍が創設されて67年の祝った公式動画です。67年前というと1947年(昭和22年)です。当時の帝国陸海軍と戦っていたのは米陸海軍等の航空隊でした。米空軍の原型は第1次大戦前後にありましたが、「伝統・歴史」を重んじる陸海軍から「新参者」「厄介者」扱いされて、第2次世界大戦では陸海軍の航空隊として戦闘に参加しました。

大戦後の1947年に独立空軍としての地位が認められ、現在に至っています。

陸海軍から空軍に向けられる言葉に「Blue Curtain(ブルーカーテン)」があります。この言葉は…

・よく分からない集団
・何かを隠している
・おちゃらけた集団

などなど否定的な意味合いを多く含んだ言葉です。陸海軍に比較すれば「伝統・歴史」も浅いですし、戦いの型というのも無いに等しい、そして技術的会話がメインになるので他軍種には伝わりにくい、見ても聞いてもよく分からないことが多いのでふざけているように見える…

ということで空軍について敬遠?軽蔑?に近い雰囲気があるのは事実だと思います。

※この動画は  さんの投稿です。ありがとうございました!


こちらは米空軍兵士のそれぞれを写した動画です。各々の兵士が語ります。

日本の航空自衛隊は、帝国陸海軍の航空隊関係者と米空軍の合作で作られた組織です。米空軍の影響は大きいものがあります。個人的な体験の範囲ですが、航空自衛隊も米空軍に近い感じがあるように思います。陸海と比べて「笑顔」の割合が多い印象です。(前の動画の最後の方も笑顔です)「笑顔」が多い分、「ふざけている」ように見えやすいのかと思います。そして自己主張が強いのも「伝統・歴史」に反逆しているように見えやすいのでしょう。

空軍も国家防衛の仕事をしている点では陸海軍と同じです。無理に違いを際立たせることなく、同時に無理に同化することなく、任務に励んでもらいたいですね。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 米空軍が生まれて67年

  • 航空自衛隊は60年

  • ブルーカーテンと皮肉混じりに言われるのは空軍の性



【参考になる本】

アメリカ空軍の創設から現在までの流れをみることができる本です。空軍関係者の写真が掲載され、註釈も豊富なので空軍創設の動きがよく分かります。


最後までお読みいただきありがとうございます。このブログに興味・関心をもってくれればうれしいです!!またいらしてくださいね(´ー`)ノ。o○

初めて訪れてくれた方、何度も来ていただいている方、もしブログの内容を気に入った!!となりましたらFeedly(RSSリーダー)↓に登録すると更新を知らせてくれて便利です。

follow us in feedly

その他のRSSリーダーもあります。

日々の軍事ニュース、このブログの更新情報などの情報配信は…

twitter × はてなブックマーク × facebook × tumblr.

でも見ることができます。よかったらご登録をお願いします。
※リンク先はそれぞれのSNSでの「わかる!航空自衛隊∠(^-^)」です。

Share Button


このエントリーをはてなブックマークに追加  Share on Tumblr

☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の職種  航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 自衛隊への疑問 予備自衛官 人事政策

がんばれ日本!自衛隊!

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック