【軍隊×法律×政治】日本の軍事の法律がズレル理由


国会での軍事の法律作りの議論が進められています。

その議論は一面では精巧な法律論ですが、別の見方をすれば政治家同士の言葉遊びとも見えます。

その議論を見ていると、政治家・国民・自衛隊の間で軍事の法律についてのズレがあるのでは?と思う今日このごろです。

今回は政治家、自衛隊、国民それぞれの思惑についてです。

-----------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------

日本の軍事の法律がズレる理由


 日本の軍事の法律が国際標準とズレていることはこちらでも書きました。ポジリストやネガリストの以前に、日本の軍事の法律論議がずれる理由は政治家・国民・自衛隊それぞれに思惑の違いがあるからです。

では、その思惑の違いとは何なのでしょうか?

政治家の思惑


 国会の審議で登場する政治家の皆さん。政治家の皆さんの思惑はおそらく「戦前の軍部の暴走」を繰り返さないというものです。この考え方はひとつの事実だとは思いますが、すべてではありません。

結果として戦争に敗れたということは政治も軍部と同じく敗者ということです。戦争は政治と軍事が協働して行うもの、軍事は戦闘行動を政治的成果につなげようとしますし、政治は政策を戦争での勝利につなげようとします。

戦争では、国内的にどちらか一方の責任ということはありません。現に帝国議会は臨時の軍事費については例年通りに可決していました。(現に戦場に兵士がいる以上は予算を切れないという面があったのは事実です)

「戦前の軍部の暴走」を避ける方法として、ガチガチの法律解釈で自衛隊を動かすことと、「最大限これしかできないリスト」による自衛隊の仕事の決め方をするのが現在の軍事の法律です。これをシビリアン・コントロールの成果いえるのでしょうか?このような事態は「戦前の軍部の暴走」風にいえば、「戦後の政治の暴走」です。必要以上に自衛隊に縛りをかけて自衛隊がまともに軍隊として仕事ができないからです。

国民の思惑


 国民のほうにも思惑があります。おそらくそれは…

  • 戦争ってのは何でもあり

  • 非常時なんだから仕方ない

  • 法律なんて守る前に戦えよ


という思惑です。生活第一、生活から出てきた思惑ですから良くも悪くもですが、とにかく法律なんていざというときには役に立たないもの!という感覚があると思います。この感覚は日常生活でも災害時でも見られる光景です。

国民が自衛隊に期待しているのは、私たちの生活を脅かす敵を倒せ!という点、それに法律という「理屈」をつけて四の五の言うことは「やる気あんのかヾ(*`Д´*)ノ"」となりがちです。

この感覚には誤解があるようです。戦争は何でもあり!で非常時では何でも無罪ではありません。戦争自体は国際法という法律に規制された行動です。戦争という非常事態でも犯罪は犯罪、現に戦闘行動での殺傷以外は兵士も殺人罪に問われる可能性はありますし、国内で違法行為をすれば逮捕されます。

軍としては、国際法に違反すれば相手に格好の批判の口実(戦争の正当性は無いとか)を与えることになりますから、国際法違反はなるべく避けようとします。

戦争は何でもあり!、軍隊は何をしてもいい!というところから1歩踏み出した知恵が戦時国際法です。

自衛隊の思惑


 最後に自衛隊の思惑です。現時点の軍事の法律は自衛隊にとっては、軍隊としてまともに仕事ができないのは事実です。と同時に自衛隊にとって「法律でガチガチに規制されているから」「政治が悪んだよ」と言うための口実に使えるものです。

このことは自衛隊側も「最大限これしかできないリスト」方式に慣れている面があるということです。

たしかに自衛隊にとっては65年間繰り返してきた方法です、それを変えろ!というのは難しいでしょう。自衛隊といっても大きな組織ですから、実戦に近い遠い・海外派遣に行った・行かないなどで、法律の在り方について温度差があります。また自衛隊も役所ですから世間一般で言うお役所仕事は楽、「最大限これしかできない」から「最低限これだけはしちゃいけない」になったら、仕事をする上でいろいろと考えないといけない…面倒くさい…。

でも、法律の在り方を変えないと自衛隊の存在意義となっている防衛などの仕事ができないと言っているのは自衛隊自身ではありませんか?ならば変わらないといけません。

自衛隊には、防衛省だけに任せず公開の場所で自衛隊の求める法律の在り方として発言することが求められているのではないでしょうか?仕事をするために必要とする、仕組みとしての法律を自衛隊が言わないと政治にも国民にも伝わってきません。

ちょうどいいところ


 軍事の法律は戦争と日常のバランスを求める仕組みです。戦争と日常が相互に成り立つようにする仕組みとも言えます。戦争は、北斗の拳やマッドマックス(それなりに秩序はありますが)のような何でもありの無法の世界でもないですし、日常のような法律だらけの世界でもありません。

いまの軍事の法律作りは、無法でもなく、隅々まで何でも法律でもない、ちょうどいい軍事の法律を作り出すための過程にすることが求められていると思います。ちょうどよさを形にするのは政治家の仕事ですし、政治家に対して意見を言うのは国民・自衛隊の仕事です。

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的・今日のポイント】

  • 戦争は何でもありではありません。

  • 政治家・国民・自衛隊それぞれに見識が必要です。



【参考になる本】
読みやすい!とは言いがたいですが、まとまっているということで重宝します。

帝国議会の「不作為」が見られます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック