【陸上自衛隊×SkyHornet】珍しい!ヘリのアクロバット飛行


アクロバット飛行というとジェット機が大空を飛び回って華麗な演技を見せるというイメージです。

今回、紹介するアクロバット飛行は身近さと細かさが売りです。

珍しいヘリでのアクロバット飛行、陸上自衛隊のSkyHornetです。

※この記事では、航空自衛隊のブルーインパルスなど、世界各国のアクロバット飛行チームを紹介していきます。楽しく!豪快なアクロバット飛行を楽しまれてください∠(^-^)

-----------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------


※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうございました!

演技の基本情報

日時:平成26(2014)年5月25日 
場所:陸上自衛隊の北宇都宮駐屯地 北宇都宮駐屯地開設41周年記念行事にて。
部隊:スカイホーネット

ヘリコプターによるアクロバット飛行です、珍しいですよね。

ブルーインパルスなどの航空機によるアクロバット飛行とは趣が違います。ヘリコプターな分、近くで見られますし細かい動きも観察できます。(塗装が地味ですが…)

このスカイホーネットは陸上自衛隊のヘリパイロットを養成している航空学校宇都宮校の教官の方々がされているアクロバット飛行チームです。使っているヘリはOH-6D(観測用ヘリ)です。スカイホーネットですが使っているヘリが退役するということで解散となりました。

[ここに地図が表示されます]


こちらの駐屯地には飛行場があります。ここでヘリの操縦訓練をしているのですね。また近くには富士重工業宇都宮製作所の南工場もあって航空産業の一拠点です。

※この動画は RUNWAY FUN [Aviation & Military & plus] さんの投稿です。ありがとうございました!


2分前後からはヘリらしい動きをします。ゆったりとして舞踏会のようです。

【今日のポイント】
◎ヘリのアクロバット飛行チームもあります。
◎機体は地味(専門でしているわけではないので)
◎ジェット機のアクロバット飛行と比べて近くで見られます。
◎ヘリならではの細かい動きが特徴です。

【アクロバット飛行チーム?】
 飛行機を使った曲技飛行のチームです。飛行機の性能を活かしたいろいろな飛び方で見る人たちを魅了します。アクロバット飛行チームには空軍・陸軍などの軍の部隊のものと、民間団体のものがあります。一般的に軍としてのアクロバット飛行チームは…

1 軍の広報をすること(知ってもらうためです)
2 極限の飛行をすることで新しい操縦方法を見つけること
3 高度な飛行技術を見せることで「こいつらは手強い」と他国に考えさせること

を目的にしています。

【アメリカン?ヨーロピアン?】
 アクロバット飛行チームの演技の見せ方には2つの種類があります。それはアメリカンスタイルとヨーロピアンスタイルです。

アメリカンスタイルは飛行機の離発着もショーとして見せるもの、日本のブルーインパルスやアメリカのサンダーバーズなどがしている方法です。ヨーロピアンスタイルは離発着など地上部分でのショーはなく空での演技を見せるもの、イギリスのレッドアローズなど主に欧州の空軍が行っている手法です。

【関連リンク(註)】
・北宇都宮駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/12b/haichi/haichi/0404kitautsunomiya/kitautsunomiya.htm

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック