【航空自衛隊×職種#13】武器弾薬員-空自の武器屋の主人


「自分、不器用ですから…」というのは高倉健さんの代名詞的セリフ。

「自分、武器弾薬員ですから…」といわれても一般的には?、航空自衛隊では花形!な武器弾薬員。

この方たちの仕事の出来が日本の空の安全に大きな影響を与えます。

今回は航空自衛隊の武器屋の主人、武器弾薬員のお話です。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


※「航空自衛隊の職種大全」は航空自衛隊の職種を紹介する連載記事です。航空自衛隊はどういう仕事をしている?、航空自衛隊に入ったらどういう仕事をしたい!するの?というギモンに答える連載です。

武器弾薬員とは?


まずは武器弾薬員の基本的なデータとして…

特技名:武器弾薬員(ぶきだんやくいん)

職域名:武器弾薬(ぶきだんやく)

学ぶ所:第1術科学校(浜松基地)

働く場所:航空自衛隊の飛行機がある基地(千歳、三沢など)

所属先:各地の航空団

主な仕事:戦闘機への武器の搭載・補給・整備など。

取れる(かもしれない)資格:火薬類保安責任者や高圧ガス製造保安責任者など。

というもの。航空自衛隊の戦闘の基本中のキホンである武器を取り扱うお仕事です。

武器の専門家


 航空自衛隊の仕事は、軍事的に日本の空の安全を守ることです。その仕事をするために航空自衛隊は戦闘機を持っているわけですが、戦闘機もあるモノが付いていないとただの飛行機、戦闘機ではありません。あるモノとはズバリ!

武器

です。機関砲(弾薬も)やミサイルなどの相手に向けるものから、チャフやフレアという自分の身を守るものまである武器全般を取り扱うのが、今回の主役である武器弾薬員のお仕事です。一般的にはあまり比較できない職種ですが、あえて言うならばドラクエやFFの武器屋の店主ともいうべき人たちです。それほど武器に精通しているということですね。

※この動画は akitsu33 さんの投稿です。

熱を感じるミサイルから身を守るために熱源をばらまきます。

必要なときに


 武器は必要とされるときに実際に撃てるように常に整備されてないといけません。武器弾薬員は武器が最善の状態で使用できるように仕事をする人たちでもあります。

武器なんて使うときないでしょ!

と思われる方もいると思いますが、日本の空は何にもしなくても「安全」ではありません。2013年の航空自衛隊のスクランブル(所属不明の飛行機が日本の空に近づいてくる場合、航空自衛隊の戦闘機が発進して日本の空に入らないよう警告する作戦)は年間563件(3四半期までの回数)と1日1回以上はスクランブルが行われ、平成24年度の567回を上回ることは確実です。航空自衛隊のスクランブル開始以来、日本の空に入られた(領空侵犯)のは36回(平成25年には2回)となっています。

領空侵犯させないための威嚇として、また領空侵犯した飛行機を強制着陸させるか・撃墜するための手段としての武器は不可欠ということです。

昭和62(1987)年12月9日


 この日は沖縄本島上空にソ連軍偵察機が侵入した日。航空自衛隊は領空侵犯したソ連機に対して2度、警告射撃(領空から出るように警告する射撃)し退去を迫りました。
領空に侵入されることは一大事です。いったん入られてしまえば数分で数百キロ先まで飛んで行く飛行機、しかも所属不明で何をするかわからない!そのような飛行機を入れることはできません。

退去の手段としての警告射撃がいつ行われるか分かりませんが、武器弾薬員の方々が必要なときに撃てるように整備していてくれたからこそ射撃できました。

どういう人が向いている?


 学ぶことが好きな人、健康な人が向いています。武器は常に新しくなっていきます。その武器の仕組みや使い方、装着の仕方、戦闘機自体の構造などいろいろなことを知っていく必要があります。そのために日夜の学習は必要不可欠です。

そして健康な人!武器弾薬員の持病は腰痛に関節痛と言われるくらいですので相当のタフさは必要です。武器自体の重さがあるので腰や関節を痛めやすいので。

また、何よりも神経を使います。武器は危険物!扱いによっては爆発などもあり得ます。危険物を横に作業するのですから神経面でのタフさも必要です。

安全と危険をつなぐ人たち


 航空自衛隊のスクランブルという日常の仕事を支える武器弾薬員の人たち。戦闘機搭載の武器が必要なときに使えるように常に注意してくれています。

その仕事は安全と危険をつなぐ仕事ともいえます。武器という危険物を戦闘機に安全に搭載し、整備補給して、必要なときに実際に撃てるようにしておくのですから。抜かずの刀とか伝家の宝刀とはいいますが、やはり抜いた時に使いものにならないのでは意味がありませんし。

最近では中国機の領空接近(12年には領空侵犯もあり)で航空自衛隊のスクランブルも増加中、ますます武器弾薬員の方々の役割も大きくなってきます。必要なときに使える武器を整えてくれている武器弾薬員の皆様に∠(^-^)敬礼!

今日はこの辺でm(_ _)m

【今日のポイント】
◎武器弾薬員はスクランブルを支えます。
◎武器弾薬員は武器が必要なときに使えるように整備しています。
◎とてもハードなお仕事ですが、自衛隊ならではのお仕事です。

※この動画は AfterBurner-加速しろ!! さんの投稿です。


【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・[∠(^-^)]【航空自衛隊】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode 0(ZERO):航空自衛官になりたい人
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

・尖閣領空侵犯に「マニュアル」 空自着手、中国機念頭に強制着陸手順:イザ!
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140129/plt14012900570000-n1.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック