【航空自衛隊×職種#5】救難員-空の人命救助のプロ


山に登る、水に潜る、飛行機から飛び降りる、サバイバルする!

どれも体力・気力を大きく使い、とても厳しいものですが、これらのことをすべてできる隊員がいます。

今回は航空自衛隊の人命救助のプロ、救難員のお仕事です。
---
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
---


救難員?


きゅうなんいん。一般的には救急救命士といったほうがいいかもしれません。救難員の基本的なデータとしては…

特技名:救難員(きゅうなんいん)

職域名:救難(きゅうなん)

学ぶ所:救難教育隊(小牧基地)、自衛隊岐阜病院、陸上自衛隊習志野駐屯地など

働く場所:航空自衛隊の空港・飛行場など。

所属先:航空救難団(こうくうきゅうなんだん)

主な仕事:
1 飛行機に乗って遭難者を見つけること
2 遭難者の医療の手当てや搬送をすること
3 遭難者を救出すること。etc

取れる(かもしれない)資格:救急救命士など医療系の資格

※救難員は航空自衛隊に入隊して一定期間仕事をした人がなれる職種です。(将来指定可能という職種です)

というものです。

空も海も山も-遭難者のための救難員


 航空自衛隊の救難員はとても厳しい訓練で知られています。登山に潜水など一般的な救急救命ではあまり考えられない訓練も行っています。

なぜ?

航空自衛隊の救難員が厳しい訓練をする理由、それは遭難した隊員を救出するためです。救難員が所属する救難隊は航空機事故などで遭難した隊員を救出するための組織、航空機事故は山でも海でも場所を問わずに発生します。そんな場所を選ばない遭難に対応するのが救難員ですから、登山や潜水、飛行機からパラシュートで降下、ヘリからロープを降ろして降下する訓練もします。また、山や海での悪天候に耐えられるようにいろいろなサバイバル訓練も行います。(悪天候でヘリが現場から離れないといけない場合もあるので)

そして救難員は遭難者が負傷していた場合は応急手当も行います。

つまり救難員は…

救難員 = 人命救助 + 生き残りの手助け + 応急手当

を仕事にしている隊員ということです。

いつでも待機-災害派遣の最前線


 航空自衛隊の救難員は災害派遣の最前線にいます。自衛隊というと災害派遣のイメージがありますが、災害派遣の中で多いのは急患輸送というもの。これは離島や船で急な病気にかかった人を救急病院に搬送する活動で、年間約400件の輸送が行われています。(テレビに移りやすい大規模な災害派遣はごく少数です)

航空自衛隊の救難員は急患輸送、大規模な災害派遣のためにも待機しています。航空自衛隊は海上保安庁などが対応できない場合(海難救助要請が重なった、航空機が出せないなど)に災害派遣をします。

救難員と衛生員


 救難員が遭難者の救出や手当・看護をすることはわかりました。航空自衛隊には手当と看護をするもうひとつの職種、衛生員がいますね。救難員と衛生員の役割分担があるのでしょうか?具体的には…

遭難から治療までの流れは↓

遭難場所 → 飛行機で搬送 → 航空自衛隊の基地に到着 → 衛生隊 → 治療

+救難員   +救難員     +救難員 → +衛生員   +衛生員


その中での人の流れは↑、という感じです。救難員は応急手当をしつつ、遭難者を基地の衛生隊まで運ぶ役割を担っているわけですね。

救難員になるには?


 では救難員になるにはどうしたらいいのでしょうか?その流れを見てみましょう。救難員になるための条件としては…

1 航空自衛隊に入ること(最低条件ですね)
2 特技レベル5以上になること(それぞれの特技の初級は卒業することです)
3 救難員選抜試験などに合格すること(体力などが要求されます)


などです。選抜試験に合格したら、岐阜病院や救難教育隊、習志野駐屯地で訓練を受けることができます。
※関連リンクに選抜試験内容へのリンクを貼っておきます。

どういう人が向いている?


 自分以外の人を助けることに強い思いがある方、体力がある方が向いていると思います。また、人のためとはいっても感謝されることを求めない・期待しない精神力も必要になると思います。あとはお酒に強い!ことでしょうか(笑)

どこで働くの(^_^)?


 救難員が働くのは航空自衛隊の空港や飛行場です。飛行機がある場所には必ずいる隊員です。具体的には以下の基地に配属されます。

千歳基地  :千歳救難隊
秋田分屯基地:秋田救難隊
松島基地  :松島救難隊
新潟分屯基地:新潟救難隊
百里基地  :百里救難隊
小松基地  :小松救難隊
浜松基地  :浜松救難隊
小牧基地  :救難教育隊
芦屋基地  :芦屋救難隊
新田原基地 :新田原(にゅうたばる)救難隊
那覇基地  :那覇救難隊

人命救助のプロ


 航空自衛隊の救難員は人命救助のプロです。航空機事故で遭難した隊員を救出するための技術や心構えは、一般国民を救うためにも使われます(急患輸送)

今日も救助のために待機されている救難員の皆様に敬礼!∠(^-^)

今日はこの辺でm(_ _)m

【今日のポイント】
◎救難員 = 人命救助 + 生き残りの手助け + 応急手当
◎航空自衛隊の災害派遣の最前線にいます。
◎訓練はキツイです。

※この動画は Hajime Kojima さんの投稿です。ありがとうございました!

千歳救難隊です。


救難隊はアニメにもなりました。

【関連リンク(註)】
・隊員の仕事|航空自衛隊について|[JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/about/work/

・航空自衛隊 航空救難団
http://www.mod.go.jp/asdf/arw/index.html

・[∠(^-^)]【航空自衛隊】40の65は戦うために! 航空自衛隊の職種大全 Episode 0(ZERO):航空自衛官になりたい人
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/393576433.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック