【自衛隊】滑って 撃って 競い合う バイアスロン!


ソチ五輪、ご覧になられていますか?

いろいろな競技が行われている中、注目はバイアスロン!(勝手に注目ですが)

管理人としても本格的に見てみるのは初めてです。

そこで私なりのバイアスロンの見どころをご紹介します(^o^)


-----------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------

バイアスロンってどんな競技?


 バイアスロンは、クロスカントリースキーとライフル射撃を合わせたスポーツ。ヨーロッパでの人気は高く、テレビ中継も行われるほどのスポーツです。クロスカントリーは一定の距離の雪面を滑り、ライフル射撃では、50メートル先の的に命中させます(弾5発で5つの的)。

クロスカントリースキー + ライフル射撃 = バイアスロン

ということですね。このバイアスロンは、冬場での狩猟、冬季での軍の戦闘技術を由来として、主に北欧やロシアなどで広く知られています。

バイアスロンには、いろいろな種目があるのですが、五輪種目として行われているのは下記の種目です。

インディビジュアル(個人)
滑る距離:男子20キロ(4キロ5周)、女子15キロ(3キロご5周)。
射撃:伏射(寝そべって撃つ)→立射(立って撃つ)→伏射→立射の合計4回。
ペナルティ:1発、射撃を外すごとに1分のペナルティタイムが加算。
順位の決め方:滑走にかかったタイム+ペナルティタイムの総合タイムで決定。

スプリント
滑る距離:男子10キロ(3.3キロ3周)、女子7.5キロ(2.5キロ3周)。
射撃:伏射、立射と合計2回の射撃。
ペナルティ:外した弾1発につきペナルティループ(150メートル)を1周する。
順位の決め方:滑走所要タイムで順位が決まる。

パシュート(個人追い抜き)
滑る距離:男子12.5キロ(2.5キロ5周)、女子10キロ(2キロ5周)
射撃:伏射→伏射→立射→立射の順に4回の射撃。
ペナルティ;外した弾1発につきペナルティループを1周する。
順位の決め方:スプリントで決まったタイム差で順番にスタートしていき、ゴールの順番が順位となります。(箱根駅伝の復路と同じスタートです。)
参加条件:スプリントで60位以内に入ること。

リレー
滑る距離:男子が7.5キロ、女子は6キロを4人でリレーする。
※ソチ五輪では女子のみ参加です。
射撃:伏射と立射を2回。
ペナルティ:外した場合は予備弾として各射撃ごとに3発までの使用が許されているが、外した弾1発につき150メートルのペナルティループを1周する。
順位の決め方:着順。

※ソチでは、男女2人ずつで男子が7.5キロ、女子が6キロをリレーする混合リレーが行われます。

マススタート
滑る距離:男子15キロ、女子12.5キロ
射撃:伏射→伏射→立射→立射で合計4回の射撃
ペナルティ:外した弾1発につき150メートルのペナルティループを1周する。
順位の決め方:着順。
参加条件:個人、個人追い抜き、スプリントの3種目の成績上位30名が出場。
スタート方式:一斉スタートです。

ここが見どころ!



1 クロスカントリースキーでのスピード勝負!
 バイアスロンはクロスカントリーも行うので、クロスカントリーでのタイムが重要になります。相手よりも速く滑っていかないとメダルや入賞は遠くなります。また、クロスカントリーは体力勝負でもありますから、速度と体力のベストバランス(速度を犠牲にして体力温存とか)が見どころです。

スピード + 体力 = クロスカントリー

2 緊迫の射撃!
 クロスカントリーで滑ったあとにライフル射撃をするのがバイアスロンです。この射撃が独特の緊張感があります。。クロスカントリーで体力を使った後、息があがるなかで、正確な射撃をしないといけませんから。肝心の弾を当てる的ですが、JOCの説明では「標的の見かけの大きさは、伸ばした腕の指に持ったマッチ棒の頭の大きさに見える」とのこと。たぶんこんなように見えるのかと。

・ ・ ・ ・ ・

寝そべって撃つ伏射はある程度姿勢が固定できるので当てやすい(立射と比較して)ようですが、立ったまま撃つ立射では、姿勢が安定しないので当てにくいだろうな~と思いました。ゼイゼイと息が上がって、肩が動き、姿勢がふらつく中での正確な射撃はとても難しいですね。

なにせ、一発外すごとにペナルティが課される仕組みですから正確に撃たないといけませんし、正確さを求めすぎて時間がかかり順位を落としてしまっては、元も子もないわけです(射撃中も時計は止まりません)。この二律背反的な緊張感がたまらないと思います。

正確に撃って命中 + 時間をかけない = ライフル射撃

※この動画は Hwatawata さんの投稿です。ありがとうございました!

↑ 井佐選手、全弾命中です。

3 ゆっくりと見られる!
 選手が時間差で順番にスタートしていくので、ゆったりと観戦できます。順位の決め方がタイムで決められる競技(スプリントなど)はひとりひとりの選手の動きを見られます。滑りで早いけれど、射撃でペナルティが多いな~とかです。もちろん、着順で勝敗が決まるもの(パシュートなど)は、各選手の抜き合いや駆け引きを楽しめます。

興味別の観戦法


 バイアスロンは順位の決め方が種目により違うので、どうみたらいいの?と迷いそうです。そこで管理人がおすすめの観戦方法です。それは特定のテーマで競技を見ることです。

☆時間でみる!
 タイムを競う競技でいいと思います。インディビジュアルとスプリントです。出走順に関係なく、ゴールのタイムで順位が決まるので、ゆったりと観戦できます。

☆順位でみる!
 ゴールに入った順で勝敗が決まるもの、パシュートやリレーなどです。とにかく相手よりも速くゴールすることが目的ですから、クロスカントリーでも射撃でも各選手の攻め合いが見られます。

☆射撃をみる!
 バイアスロンの特色は射撃にあると思います。選手が正確に撃てるか!?に注目するのも楽しみです。外すとペナルティが待っていますから。ペナルティループを回るだけで約30秒のタイムロスになるので、選手は全弾命中を狙っています。

バイアスロン初心者の見方でした(^o^)冬のオリンピック!楽しみましょう!!

今日はこの辺でm(_ _)m

※この動画は Hwatawata さんの投稿です。ありがとうございました!


【今日のポイント】
◎バイアスロン = クロスカントリー + ライフル射撃
◎クロスカントリー = スピード + 体力
◎ライフル射撃 = 正確さ + 時間をかけない
◎がんばってください!

【関連リンク(註)】
・ソチオリンピック2014 バイアスロン 競技ガイド - JOC
http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/sports/biathlon/guide/

・日本から5選手が参加、バイアスロンとはどんな競技? - Y!スポーツ
http://m.sports.yahoo.co.jp/column/detail/201402070002-spnavi

・ソチオリンピック2014 スキー・クロスカントリー - JOC
http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/sports/cross-country/

・ソチオリンピック2014 バイアスロン - JOC
http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/sports/biathlon/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック