[∠(^-^)]漢字で歩く世界地図 阿弗利加編


北の広大な砂漠、南の緑の大地、砂と緑が彩りを添える阿弗利加大陸。

感じで歩く世界地図もいよいよ阿弗利加編です。

-----------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------

※あいうえお順に記載しています。
※主なもののみ記載しています。

・国名では


エジプト(埃) 埃及、阨入多、阨日多、衛士府都
南アフリカ(南阿) 南阿弗利加

・都市名や地名では


アフリカ 非州、阿弗利加、阿非利加
アレクサンドリア(エジプト) 亜歴山特
カイロ(エジプト) 開羅、該禄
サハラ 薩哈剌、撒哈拉
スエズ(エジプト) 蘇士、蘇素、洲越
ナイル川 尼羅川、尼児

・今も使われている?


ほとんど使われていないようです。

地名としては、いづれもエジプト関係のものが多いですね。

世界ふしぎ発見や吉村作治さんでよく知られるエジプトですが、私達のご先祖様でエジプトを訪れた方達もいます。

それは江戸幕府の第2回遣欧使節の一行です。団長である外交奉行・池田筑後守ら一行がエジプト経由でフランスに向かいます。そこで一行はギザのピラミッドを訪れてスフィンクスを背景に記念写真を撮影しました。

また、野口英世氏がアフリカのガーナにて黄熱病の研究途中で、自らも罹患して亡くなられました。

今日はこの辺でm(__)m

【関連リンク(註)】

・ギザの大スフィンクス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%82%B6%E3%81%AE%E5%A4%A7%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9#.E3.82.B9.E3.83.95.E3.82.A3.E3.83.B3.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.81.A8.E4.BE.8D

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック